山本プレミアム上級本科生

  • 2022年合格目標

    開講月:2021年8月~

    応用力があれば「知らないこと」は怖くない!必要な時に必要なコトが閃く応用力開眼講座!

    本試験では一見して「こんな問題見たことない!」という状況が訪れます。そのため、受験生の多くの方が「知らない」ということに不安を持つのではないでしょうか。しかし、全てを知っている必要はありません。逆に学習範囲が膨大な司法書士試験ではそれをしてはいけません。では、そのような場面が訪れた時どうすればいいのか・・・そこでカギとなるのが応用力です。

    • 回数

      全96回

    • 24時間質問メール受付

      学習上の疑問点はその場でいつでも問合せOK!

    • ビデオブース講座

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    割引キャンペーン【第2弾】実施!
    特別再受講割引(本科生・パック受講歴のある方)&早割(本科生・パック受講歴のない方)

    2021/9/1(水)~2021/10/31(日)

    <割引受講料一例>Web通信講座の場合
    通常受講料:264,000円⇒特別再受講割引受講料:185,000円!! 早割受講料:218,000円!!

    このコースの特徴

    オンライン無料体験入学 実施中!

    初回講義を“無料”で体験受講いただけます!

    講義の特長

    eボードを使用した学習システム!立体的な学習で応用力を養成!

    法改正・新傾向に対応した“要点ピックアップ講義”も収録!

    「山本プレミアム中上級講座」でeボードを使用した学習システムを採用しております。

    1

    専用のスタジオで収録されたクリアな画像をお届け!

    85インチのディスプレイで映し出すeボードはクリア
    視聴覚両方に働きかける鮮明な画像で学習効率もアップ

    2

    複雑な論点は図解で説明!

    図やイラストを用いて論点を分かりやすく整理するため理解がスムーズ
    話の順序が印象に残るように動きをつけて解説

    3

    テキストを表示しながらの解説でマーカーを引く場所も一目瞭然!

    テキストを画面に表示しながら分かりやすく解説
    講師が直接書き込みながら講義するため重要ポイントが分かりやすい

    4

    重要な条文を講義の中で表示・解説!

    重要な条文を講義の中で表示するとともに趣旨もしっかり解説
    画像と音声で確認できるため印象に残りやすい

    応用力とは

    必要な時に必要なコトが閃くことです。応用力のある受験生は違う側面から出題された問題でも、学習した知識を関連付けて考え、解答を導き出します。毎年本試験ではそのような応用力が問われる問題が出題され、要は学習した知識をうまく使いこなせるか、正確な知識があるかどうかが合否の分かれ目になります。

    応用力とは

    担当講師の紹介

    山本 浩司 先生

    山本 浩司 講師 【ビデオブース・Web通信・DVD通信】

    38歳の時に司法書士試験にわずか6ヵ月で一発合格。講師を務める傍ら、独自の理論「オートマチックシステム」に基づき、宅建・行政書士など法律系資格試験に挑戦し、一発合格を果たす。「山本浩司のオートマシステム」シリーズなど著書は多数あり、受験生の熱い支持を受けている。

    ■講師コメント
    全科目の学習を終えた段階の方に対して、確実に合格する力を養成するために開講するのが本講座の趣旨です。合格する力の有無は、応用力によって決まります。本試験では、ちょっと難解に思える問題、過去問には存在しない問題であっても、実は基本事項の変形でしかない場合が多々あります。この場合、問題を見た時に、変形の元になった基本事項がパッと頭に閃けば簡単に解答ができます。
    これが、応用力であり、つまりは、「必要な時に必要なコトが閃く能力」であります。ベテラン受験生で、過去問は全部解けますというレベルの人が合格できないとすれば、そこに欠けるのがこの能力です。逆に、応用力があれば、短期の学習で合格できます。基礎力の充実が応用力を生みます。そのために、普段の訓練を大切にしましょう。合格は遠いところにあるわけではなく、つまりは「備えあれば憂いなし」です。

    合格者の声

    Wセミナーの答練とオートマなしでは合格はなかった!

    徳永 愛弓 さん

    ●2020年合格目標 山本プレミアム上級本科生

    ■私の学習スタイル、学習スケジュール
    私の学習スタイルは、2~3回テキスト読み込んだ後に問題を解くという方法でした。問題演習は「でるトコ」とオートマの過去問と年度別過去問、答練、模試でした。
    また、問題集を回すこと(先に進むこと)より間違った所を復習することを大切にしました。記述は毎日オートマ記述式を解くようにしました。
    学習スケジュールは8月~10月まで民法改正部分を重点的にし、10月~は中上級講座のカリキュラムにあわせて勉強しつつ、翌年の1月以降は答練に合わせ再度各科目のテキストの読み込みとオートマ過去問、「でるトコ」の問題集を使用しての復習、5月~弱い部分のテキストの読み込み、間違った問題や暗記したい内容を徹底的に反復しました。本試験2ヶ月前の8月~全科目のオートマ過去問と「でるトコ」で弱点確認、知識のヌケの確認と弱点の反復をしました。

    ■科目別学習法、学習時に重視したポイント、記述式対策
    問題演習が中心でしたので、問題を解きながら論点と正誤判断の根拠を思い出す、間違った所は徹底的に反復する。それで馴染んできたら、もう一度全体をざっと解き、間違ったら徹底的に復習を心がけました。直前期(7~9月)は1日の勉強時間の半分は復習と暗記の反復、残り時間で記述、過去問を回していました。
    記述式対策は、1年目はオートマの雛形集をひたすら書き、体に染みこませました。雛形を書くようになってから半年くらいでオートマ記述式問題集を1日1問解くようにしたところ、不動産登記の理解が深まり何度も解くことで論点の理解が増していきました。
    しかし、答練の記述は難しいので、どうやって問題を解いていけばいいのか問題文の見方や読む順番、論点の予想の仕方など答練の解説講義を受けながら身につけていきそれを次回の答練に活かすつもりで復習しました。

    ■Wセミナーを受講して良かった点
    ・講師
    山本先生の講座、テキスト、問題集ともに分かり易く理解を深めながら学べました。
    ・教材
    オートマシステムのテキストは初心者にとって導入部分から分かりやすく法律的思考をサポートしてくれます。プレミアテキストは学習が進んでくるといろんな事が繋がるので、細かい知識より考え方を身につけました。プレミアに載っていない論点については、「でるトコ」、「オートマの過去問」、答練で補うことで合格レベルの知識が身についたと思います。
    ・カリキュラム
    Wセミナーの答練なしでは私の合格はなかったと思います。初心者でTACの答練は難しいですが、科目別答練は各科目を強化、合格力答練で今の学力が見える化し、点数に一喜一憂するかもしれませんが、諦めずペース通りに食らいつき復習することで実力が上がります。

    ■模試の活用方法や受験して良かった点
    答練でいい点を取りたいという一心で答練の範囲のテキスト読み込み、問題を解いて望みました。
    特に科目別の答練では勉強をすれば点が取れる、勉強が間に合わなければとれないというのが目に見えて分かるため必死でした。
    最初は、難しい問題が多いためついて行けず落ち込むことも多かったのですが、あきらめずに復習していく中でかなり鍛えられていきました。
    特に1年目の答練は解説講義で択一や記述の解き方を学べました。

    カリキュラム

    カリキュラム

    カリキュラム詳細

    1.山本プレミアム中上級講座(全58回)

    ●民法・不動産登記法(22回) ●商法・商業登記法(18回) ●マイナー科目(18回) ○要点ピックアップ講義(1回)

    応用力の養成で閃くスピードがUP!

    本講座は、択一式対策の単純な科目別学習に留まりません。「趣旨」「分析」で科目別学習における基本を確認。「展開」「関連事項」で他の科目や記述式といった情報に触れ、「設問」「一問一答」「宿題」で即演習。知識に厚みが増すとともに、科目を横断した思考訓練は、応用力の養成に効果的です。

    2.オートマチックシステム記述式講座(全24回)

    ●不動産登記法(14回)●商業登記法(10回)

    記述式は知識の量より考え方重視で攻略!

    択一式の知識の上に、記述式試験において合格水準に達するために必要な「考え方」を整理し、「どのように使いこなすか」までを本試験レベルの問題を用いて実戦訓練します。

    3.本試験テクニカル分析講座(全10回)

    受験テクニックを身につけて手堅く得点を積み上げ!

    直前期の得点力アップのために山本流受験テクニックを伝授します。講義では1問ごとに解答時間の目安が示され、速く・正確に正解を導きだせる解法テクニックと時間感覚が身につきます。

    4.基礎演習(2回分※教材配付・成績判定のみ)

    過去の本試験、模擬試験、答練の中から厳選した重要かつ基本的な問題により実力確認できます。

    5.全国実力Check模試(全1回)

    これまで学習してきた知識・解法を試し、現段階での実力を確認できる模試です。直前期の学習の足がかりとしてください。

    6.全国公開模試(全3回)

    本試験と同形式、同時間帯で実施。本試験レベルの模擬試験で、本番に向けて最後の総まとめをすることができます。

    教材・サポート

    教材

    山本浩司のオートマシステムプレミアシリーズ【全8冊】(別売)

    【山本プレミアム中上級講座 使用テキスト】

    立体的な学習構造で確実に合格力を養成!
    中上級者のために開発された要点を絞ったコンパクトなテキスト!

    発表以来、大人気の山本浩司のオートマシステムシリーズ中上級者向け受験本「山本浩司のオートマシステム プレミア」。この「山本浩司のオートマシステム プレミア」では合格に欠かせない重要事項や論点を整理し、科目間および科目の内部での多角的な物の見方ができるようになることにより、応用力を磨き、合格への実力を養成することができます。

    • 民法I(第5版) 1冊:¥2,200(税込)
    • 民法II(第5版) 1冊:¥2,200(税込)
    • 不動産登記法(第6版) 1冊:予価¥2,200(税込)
    • 会社法・商法・商業登記法I(第6版) 1冊:¥2,200(税込)
    • 会社法・商法・商業登記法II(第6版) 1冊:¥2,200(税込)
    • 憲法・刑法(第5版) 1冊:¥2,200(税込)
    • 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法(第6版) 1冊:予価¥2,200(税込)
    • 供託法・司法書士法(第6版) 1冊:予価¥1,320(税込)

    山本浩司のオートマシステム <記述式>【全2冊】(別売)

    【オートマチックシステム記述式講座 使用テキスト】

    記述式に対応できる考え方を伝授!
    レベル別に段階を追って記述式が攻略できるテキスト!

    「山本浩司のオートマシステム<記述式>」は、基本・応用などレベル別に構成されており、段階を追って無理なく記述式を攻略することができます。「知識量」を追い求めるのではなく、合格水準に達するための「考え方」重視の教材です。

    • 不動産登記法【記述式】(第9版)1冊: ¥3,740(税込)
    • 商業登記法【記述式】(第9版)1冊:¥3,080(税込)

    みるみるわかる!【全2冊】(別売)

    【オートマチックシステム記述式講座 使用テキスト】

    イラスト入りで楽しんで登記法の基礎を理解!

    山本浩司著「みるみるわかる!不動産登記法」、「みるみるわかる!商業登記法」をサブテキストとして使用します。イラスト入りで初学者にもわかりやすく理解でき、楽しんで登記法の基礎を理解することができます。

    • 不動産登記法(第8版)1冊: ¥1,980(税込)
    • 商業登記法(第9版)1冊:¥1,980(税込)

    短期合格のツボ【全1冊】(別売)

    【本試験テクニカル分析講座 使用テキスト】

    本試験における「解法テクニック」を伝授!

    わずか6ヵ月で合格した山本浩司講師が本試験における「解法テクニック」を直接伝授します。択一式における正解の肢を効率よく見極める方法や受験生の多くが苦手とする学説問題の解法、また時間配分など合格のための解法テクニックを身につけます。 また、この講座では85インチのディスプレイで画面を映し出すeボードを使用し、専用スタジオで収録された講義をご提供します。

    • 2022年度版 山本浩司のオートマシステム総集編 短期合格のツボ: 予価¥3,300(税込)

    基礎演習【全2回】

    問題冊子(山本浩司 監修・自習用教材)

    • 全2回

    全国実力Check模試【全1回】

    問題・解説冊子(司法書士講座 著)

    • 全1回

    全国公開模試【全3回】

    問題・解説冊子(司法書士講座 著)

    • 全3回

    「山本プレミアム中上級講座」「オートマチックシステム記述式講座」「本試験テクニカル分析講座」で使用する教材費は受講料に含まれておりません(「全国実力Check模試」「全国公開模試」「基礎演習」の教材費は受講料に含まれております)。なお、使用テキストは全国書店、またはTAC出版ホームページ「Cyber Book Store」でご購入いただけます。

    フォロー制度

    充実したフォロー制度で受験生をバックアック!
    • 通学・通信 共通

      音声DLフォロー・質問メール・質問カード・自習室

    • 通学メディア

      Webフォロー・ビデオブース振替フォロー・校舎間自由視聴制度 等

    • 通信メディア

      答練教室受講

    開講日・開講校舎

    • 通信講座

    • 通学講座

    Web通信講座

    開講情報
    • Web配信開始日

      2021/8/28(土)~配信開始

    DVD通信講座

    開講情報
    • DVD発送開始

      2021/9/15(水)~発送開始

    ビデオブース講座

    開講情報
    • 開講地区

      札幌校・仙台校・水道橋校・新宿校・池袋校・渋谷校・八重洲校・立川校・町田校・横浜校・大宮校・津田沼校・名古屋校・京都校・梅田校・神戸校・広島校・福岡校

    • 開講日

      2021/8/27(金)~ 視聴開始

    • 視聴時間帯

      (1)9:30~12:30 (2)12:30~15:30 (3)15:30~18:30 (4)18:30~21:30※
      ※日曜日は(4)の時間帯はありません。

    上記(1)~(4)の時間帯から選択、予約の上、各校ビデオブースで視聴。

    上記直営校の他、TAC提携校でも開講している校舎がございます。詳細は直接提携校にお問合せください。

    割引制度

    各種割引制度
    • 対象コース

      山本プレミアム上級本科生

    各種割引制度のご利用はTAC各校舎窓口または郵送でのみご利用いただけます。e受付ではご利用いただける割引制度を一部に限らせていただいております。

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税10%込み)

    • 通信講座

    • 通学講座

    インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    早割キャンペーン実施中!

    Web通信講座

    ¥218,000 キャンペーン前価格:¥264,000

    早割キャンペーン実施中!

    DVD通信講座

    ¥269,000 キャンペーン前価格:¥325,000

    早割キャンペーン実施中!

    ビデオブース講座

    ¥218,000 キャンペーン前価格:¥264,000

    0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・消費税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

    「山本プレミアム中上級講座」「オートマチックシステム記述式講座」「本試験テクニカル分析講座」で使用する教材費は受講料に含まれておりません(「基礎演習」「全国実力Check模試」「全国公開模試」の教材費は受講料に含まれております)。

    受講料には、消費税8%10%が含まれています。