予備試験 論文過去問 最修講義

  • 2019年合格目標

    予備試験論文式試験に向けて¨最¨後の学¨修¨!

    この講義は,「今年で決める!」という方が,直前期の最終調整として,論文過去問を手早く一周できるように制作しました。過去問と同様の問題がそのまま繰り返し出題されることは稀ですが,本試験ならではのクオリティは,毎年の問題において確実に維持されています。試験の現場では,この「本試験クオリティ」に対して,正面からの勝負を挑むか,凌ぎ切ることに徹するか,臨機応変に対応することが求められます。そこで,この講義では,一般的・抽象的な知識の確認ではなく,過去問を素材として,試験現場で最低限すべきこと,勝負のポイント,攻守のバランス等の最終確認をし,合格直前の最後の総仕上げを行います。

    • 回数

      全8回

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    このコースの特徴

    1

    合格ラインの最終チェック

    「講師作成答案例」は,可能な限り勝負に出た答案ですが,平均的な合格者なら書くことが予想される内容や解答の柱となる内容は,太字にしてあります。答案例の太字部分により,合格ラインのイメージを掴むことができます。また,「最修ポイント」では,合格ラインを確保するために有用な視点の最終確認を行います。

    2

    科目系統レベルでのバランスチェック

    予備試験の論文では,たとえば,公法系科目は憲法と行政法で合わせて140分というように,科目系統別に試験時間が与えられています。そのため,憲法に注力したために,行政法が時間不足で不十分となってしまったという場合も起こり得ます。そこで,この講義では,140分(公法系科目,刑事系科目),210分(民事系科目)又は180分(実務基礎科目)の中でバランスよく得点するための最終確認も行います。 

    3

    攻守のバランスチェック

    合格可能性を高めるためには,失敗科目の数をゼロに近づけることが大切です。しかし,合格率が低い試験であるため,守るばかりでは合格に一歩足りないという事態も生じますし,失敗科目を他の科目でカバーすることが必要となる場合もあります。そのため,日頃の勉強の成果が発揮できると思える出題に対しては,自信を持って積極的に勝負に出る必要があります。そのような攻守のバランスも,「講師作成答案例」を通じて確認します。

    こんな方にオススメのコースです!

    • 予備試験の論文対策に不安のある方
    • 予備試験の過去問の対策が十分でない方
    • 効率的に短時間で過去問を総まくりしたい方

    先生の声

    御堂地 雅人講師

    御堂地 雅人(ミドウチ マサト)講師

    予備試験の短答,論文,口述,司法試験の短答,論文のうちで,最も合格が難しいと感じられるのが,予備試験の論文です。論文試験では,合格確実圏内にいる受験生は少なく,多くの方が,日々,合否の境界で苦しみながら努力しています。しかし,論文試験の合格は,司法試験の合格にほとんど直結するものですから,ある意味で,最も嬉しいものとなります。10月に最高の気分を味わうための最後の準備をしてもらいたいと思います。

    ●プロフィール
    TAC/Wセミナー講師・弁護士。早稲田大学教育学部卒。フルタイムで働きながら、3度目の受験で2015年予備試験合格。そして2度目の受験で2017年司法試験合格。現在、大手法律事務所で弁護士業に携わる傍ら、司法試験・予備試験受験生の指導を行っている。法律とは無縁の状態から勉強を始めた経験を武器に,受験生のつまずきを先回りすることを心掛けている。

    カリキュラム

    講義回数(時間)

    約3時間×全8回

    教材・サポート

    教材一覧

    • 講師作成オリジナルレジュメ

    講師作成オリジナルレジュメには、講師作成答案例が掲載されています。

    サポート制度

    TAC動画チャンネル

    体験講義とサンプルレジュメを無料公開中!

    受講スケジュール

    講義の進め方

    本講義の特徴は,本試験のシミュレーションとなるように,「公法系→刑事系→実務基礎→民事系」という科目系統順に講義が進行する点にあります。そして,各系統の冒頭で,一度,科目間のバランス等を俯瞰し,対応方針を検討した上で,各科目のポイント解説に入ります。直前期の最終確認が目的ですから,まずご自身で答案構成や答案作成をしてから,受講して下さい。1年分の過去問(9問)を約3時間でおさらいします!

    Web通信講座

    開講情報
    • 回数

      全8回

    • 教材発送日

      ①H23~25:2019/5/16(木)
      ②H26~28:2019/6/5(水)
      ③H29:2019/6/20(木)
      ④H30:2019/6/27(木)

    • 配信開始日

      ①H23~25:2019/5/20(月)
      ②H26~28:2019/6/7(金)
      ③H29:2019/6/24(月)
      ④H30:2019/6/28(金)

    • 配信期限

      2019/7/31(水)

    音声DLフォロー標準装備

    講義録の発送はありません。講義録はWeb上でご覧いただけます。

    DVD通信講座

    開講情報
    • 回数

      全8回

    • 教材発送日

      2019/5/16(木)以降順次

    音声DLフォロー標準装備

    講師作成オリジナルレジュメ・講義DVD・講義録をお送りします。

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税8%込み)

    インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    Web通信講座

    ¥34,000

    • 入会金

      ¥10,000

    DVD通信講座

    ¥47,000

    • 入会金

      ¥10,000

    0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

    上記受講料は、消費税8%が含まれます。

    当商品は、TAC各校の自習室はご利用いただけません。

    パック生割 受講料10%OFF!

    <対象の方> 2014~2019年合格目標の下記のいずれかのコースをお申込みの方
    4A予備総合パック/4A基礎講座パック/4A基礎講座/予備試験 論文・短答過去問パック/予備試験 4A論文過去問分析講義パック

    当割引制度は、窓口、もしくは郵送でのお申込みの場合のみ適用となります。

    e受付でのお申込みでは当割引制度はご利用いただけません。

    なお、郵送でのお申込みの場合は、TAC会員証のコピーを添付してください。
    その他割引制度とは併用してご利用いただけません。