よくあるご質問 - FAQ

超速シリーズについて

TAC/Wセミナー「超速シリーズ」のカリキュラムは、他の予備校と比べてどのような違いがあるのですか?
少ない時間で効率よく知識をINPUTできることです!他校のような分厚いテキストを使った大量に知識をINPUTするカリキュラムでは、本試験合格に必要な問題を解くというOUTOPUTの訓練までに多大な時間と労力を要します。その点、TAC/Wセミナーでは、市販書籍を使って効率よく知識をINPUTすることで、INPUTにかかる時間を短縮しつつ、INPUT講義である「超速逐条基礎講義」では、早い段階から本試験過去問を講義の中で取り扱うため、INPUT講義の段階からOUTPUT、すなわち問題を解く力を効率よく鍛えることができるのです。
インプット講義が短いということがウリみたいだけど、司法試験って多くの知識の暗記をしないと受からない試験なですよね?こんな短い講義で大丈夫なのでしょうか?
司法試験・予備試験は、単に暗記量を問われる試験ではありません!現在の司法試験・予備試験の論文式試験では具体的な事案に対する解決方法を提示することが求められます。単なる知識の量ではなく「知識の使い方」が問われているのです。つまり、答案を書く練習をどれだけ行ったか、が重要となります。 そこで、「超速逐条基礎講義」では、アウトプットに充てる時間を増やすため、可能な限りインプット講義をコンパクトにしました!出題頻度を分析し、予備試験の論文式試験のために必要な知識に絞って講義を行います!
なぜインプット講義が約220時間と他校に比べて短いのですか?
超速逐条基礎講義は、担当講師である上原講師が過去の本試験を徹底的に分析し、”司法試験・予備試験論文式試験の合格ラインを確実に超える”ために必要な知識に絞ることで、約220時間という従来のインプット講義に比べて圧倒的に短い時間で試験範囲を網羅しています。さらに、予備短答過去問を解きながら講義を進めていきますので、短答対策も万全です。!

ハイブリッドシリーズについて

TAC/Wセミナー「ハイブリッドシリーズ」のカリキュラムは、他の予備校と比べてどのような違いがあるのですか?
他校でありがちな”いきなり知識を入れる(INPUT)””いきなり本試験レベルの問題を解く(OUTPUT)”カリキュラムではなく、まず最低限の知識を入れて簡単な事例問題を解く「基礎エッセンス講義」をカリキュラムの冒頭に設定し成功体験を積むことで、学習期間が長期に渡る司法試験予備試験の学習でも常にゴール(本試験)を意識した学習ができるようになっています。初学者の方や忙しい社会人の方でも、”今学習している知識をどうやって問題で使うか”を意識しながらカリキュラムを進めることができ、学習についていけずに途中で脱落してしまう心配もありません。
ハイブリッドの名前の由来は?
INPUTとOUTPUTが一体型になったカリキュラムという意味です。メイン講義である短答プラクティス講義では、短答問題を解きながら知識をINPUTしていきます。他校でも、こうしたカリキュラムは見られますが、他校はいきなり“本試験の論文問題を解く”ため、どうしてもついていけない方が多く出てきてしまいます。そこで、このハイブリッドシリーズでは、いきなり本試験問題は解きますが、講師が初学者でもつまずかない問題を厳選し分かりやすく解説しながら解いていくため、初学者でも脱落することなくカリキュラムを進めていくことができるのです。
学習する科目順も他の講座と違いますが・・・?
ハイブリッドシリーズでは、初学者でも理解しやすいよう、具体的な事案が考えやすい「刑法」から学習し、抽象的な要素の多い「憲法」を最後に学習します。条文を事実に適用できるようになるためには、「要件と効果」という考え方を早期に身に付ける必要があります。この考え方を身に付ける素材としては、民法と刑法が適切ですが,民法よりも刑法で扱う事案の方が具体的に想像しやすいものであり、また、刑法は、一つの条文で要件と効果が完結しているものが多いため、この講義では刑法からスタートします。その後,刑法→刑訴法,民法→民訴法というように実体法→手続法という流れで学びます。そして、商法と行政法は実体法と手続法の両方にまたがりますから、これらの後に勉強します。最後に勉強するのが憲法となります。憲法は、条文が抽象的であり解釈の占める割合が高いため、まずは基本的な条文の適用に慣れてから勉強するのが、司法試験予備試験対策としては効果的であると考えられるからです。このように、ハイブリッドシリーズでは、より初学者の方が学習に入っていきやすいよう学習する科目順も工夫されているのです!
短答プラクティス講義と論文プラクティス講義は一緒に受講したほうが良いの?
短答プラクティス講義では、条文知識・判例知識を押さえます。そこでは、事実に対して法的知識をどのように適用していくかということも学びます。しかし、そのような法適用を頭で分かっていても、いざ,実際に答案において文章で書こうとする場合にはとまどうことが多いのも事実です。そこで、短答プラクティス講義で学んだ知識を答案で実際に表現する場合の方法を押さえるために、論文プラクティス講義(答案表現編)を受講するのが効果的です。また、この講義は短答プラクティス講義で学んだ知識の確認にもなります。そして、論文プラクティス講義(予備過去問編)において、これまでの講義で学んだことがきちんと身についているかを確認し、併せて本試験特有の応用的な問いに対する対処法も押さえることで論文合格に必要な能力が完成します。
合格に必要な知識は講義で網羅できるとして、時間がかかる短答演習は自分でやるしかないのですか?
短答演習はスマートフォンアプリで繰り返し学習できます!
司法試験・予備試験において「絶対に解けなければいけない問題」にこだわって司法試験・予備試験合格者が監修した「短答必修アプリ」を開発しました!過去問のうち、本試験正答率の高い問題や正解不正解の分かれ目となった選択肢など、特に学習効果の高い問題を合格者監修の下、一問一答形式で収録しています。このアプリは全問正解するまで繰り返し、解いてください!さらに、教材として配付する「逐条テキスト」は、短答式試験でしか出題されないような細かい論点もカバーしていますので、逐条テキストを読み進め、このアプリを繰り返すことで”合格ラインを確実に超える”ことができる能力を身に付けることができるのです。
法科大学院入試対策はしてくれないのですか?
予備試験対策の学習は、法科大学院入試の対策も兼ねています。法科大学院入試の試験科目は予備試験よりも少なく、難易度も下がるためです。また、「基礎答練」は法科大学院入試レベルの問題を扱うため、十分な対策になります。さらに、「個別指導制度」を利用して、法科大学院入試の過去問やパーソナルステートメントについて講師に指導を受けることもできます。つまり、個別指導を上手く利用することで、あなたの志望校専用の対策コースが受けられるのです!
全く法律の知識がない初学者ですが、ついていけるか心配です
全く法律の知識がない方は、「ハイブリッドシリーズ」をご検討ください。非法学部で社会人としてフルタイムで働きながら予備試験→司法試験に合格した御堂地講師が、全く法律の学習をしたことがない方でも途中で脱落しないようなカリキュラムを策定しました。法律を始めて勉強する方にも理解しやすいように講義を行います。
「超速シリーズ」や「ハイブリッドシリーズ」で司法試験まで対応できますか?
基本的には対応できます!予備試験と司法試験は、出題形式や選択科目の有無などの違いはあるものの、大部分が共通している試験です。実際に、予備試験合格者の約75%が司法試験にも合格しています。また、TAC/Wセミナーでは、予備試験合格者を対象に、予備試験合格後必要な「司法試験過去問」対策として、司法試験過去問分析講義(2020年9月以降販売開始予定)や司法試験選択科目対策講座をご用意しております。ハイブリットシリーズをご受講されていた方はこれらを併せてご受講いただくことで万全の準備ができます。
弁護士の就職難が叫ばれていますが、大丈夫なのですか?
全く問題ありません!就職については、ごくわずかな一部の方、例えばコミュニケーションが取れない、仕事に対する熱意が足りない、といった、一般の就活でも問題になるような少数のケースをクローズアップして報道されている面もあります。実際に、合格してきちんと就活を行えば、ほとんどの方が希望する法律事務所や一般企業の法務部門などに就職することができていますので、安心して勉強を始めてください。
仕事や学業と両立できるか不安です…
大丈夫です!例えば、従来の1コマ3時間の講義ではなく、細切れの時間に学習しやすいように1コマあたりの時間を短くしたカリキュラムや、分厚い過去問集を広げて勉強することが主流であった過去問演習については、スマートフォンなどでいつでもどこでも問題演習ができる短答過去問アプリで学習の効率をアップしています。このように、TAC/Wセミナーでは、お仕事や学業と両立して法曹を目指す環境が整っているのです。
教室講座がありませんが、司法試験や予備試験みたいな難関資格、通信講座だけで本当に合格できるのでしょうか?
通信講座と「個別相談制度」を組み合わせることで合格できます!確かに、司法試験予備試験は、最難関と言っても過言ではない難関資格です。従来のような通信講座だけの一方通行の学習では、そう簡単に合格することはできません。しかし、TAC/Wセミナーは、普段のINPUT学習は通信講座で効率よく済ませ、疑問点の解消や答案の書き方などについての指導は、TAC各拠点での対面指導、いわゆる個別指導を受講することで、講師から受講生への一方通行型の指導ではなく、講師と受講生との双方向間での指導体制を実現しています。効率と対話を組み合わせたカリキュラムで、通信講座でも十分合格を目指していただくことができるのです。
受講料の他に必要なものはありますか?
六法の購入費用のみです。なお、「超速予備総合パック」「ハイブリッド予備フルパック」「ハイブリッド予備総合パック」に含まれる「実務基礎科目徹底解析講義」のみ使用教材が別売りとなっておりますので、ご注意ください。それ以外のテキスト、レジュメは受講料に含まれています(早稲田経営出版の逐条テキストも含みます)。また、短答問題を繰り返し解く練習のため「短答必修アプリ」が対象コースには標準装備されていますが、紙の過去問集が欲しいという方は、早稲田経営出版の「体系別短答式過去問集」をご購入ください。
分からないときに質問はできますか?
質問の方法は、「質問メール」と「個別相談制度」の2つを用意しています。質問メールは、メールで24時間いつでも疑問点を質問でき、回答は原則司法試験合格者が行います。個別相談制度は、TAC各校で直接講師に疑問点を相談できる制度です。
個別相談制度の「個別答案指導」って、答案の添削と何が違うのですか?
論文基礎答練や応用答練にサービスとして付与されている「添削」は、現役の弁護士が採点基準に従って点数をつけ、改善点などを記載する文字通りの添削です。それに対して、個別相談制度の一環である個別答案指導では、答案の添削ではなく、指導になります。基本的に自分が書いた答案を事前にお送りいただき、その答案について、「この部分はもう少し厚く書いた方が良い」「この内容だと合格ラインを上回っている」「ここは加点事由だから」といったアドバイスから、答案の書きだし方が分かりません、というような悩みまで解決する「答案の指導」です。
他校で基礎講座を受講していたのですが、どのコースで始めるのが良いですか?
他校で既にある程度学習されている方であれば、「超速逐条基礎講義」で基礎知識を総まくりし、各種答練を受講する「超速逐条総合パック」がおススメです。また、現役弁護士からの個別指導を中心に考えたい、という方は、「個別相談制度」が利用できるコースを中心にご検討いただくと良いかと思います。
※個別相談制度が利用できるコースはコチラ
答練がすこし少ない気がしますが、これだけで大丈夫ですか?
大丈夫です。確かに、他校の答練と回数を比較すると少し少ないですが、TAC/Wセミナーは、個別相談制度の一環である「個別答案指導」で個別に論文答案の書き方を指導していきます。論文答案は、人それぞれ弱点や課題が違ってきますので、画一的な答練よりも、一人一人に合った指導ができる個別指導の方が適しているのです。
TACは民法改正には対応しているのですか?
はい、対応しています。司法試験・予備試験では、2020年から改正民法で出題されますので、2021年目標であるハイブリッドシリーズはもちろん、2020年目標である超速シリーズも改正民法で講義を行います。

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談