『刑法事例演習教材(第2版)』解析講義

  • 2019年合格目標

    講師による答案例を基に、刑法の答案の書き方を徹底解説!

    新司法試験のネタ本と言われる『刑法事例演習教材(第2版)』を用いて、司法試験・刑事実務・刑法学会の最新動向に精通する樋笠講師が、出題可能性が高い論点を抽出した講義を行います。講師による答案例を基に、論文式試験における刑法の答案の書き方を徹底的に解説します!2018年司法試験の【形式変更】に対応したハイレベルな講義です!

    • 回数

      全12回

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    このコースの特徴

    こんな方にオススメのコースです!

    • 論文式試験における刑法を得意科目にしたい方
    • 刑法に苦手意識がある方
    • 論文式試験の問題の事実の評価がうまくできない方

    先生の声

    樋笠 尭士講師

    樋笠 尭士(ヒカサ タカシ) 講師

    司法試験では、本講義で用いる「刑事法事例演習教材」と類似した問題が毎年出題され、同書は、刑法の得点力をつける演習書として非常に良書です。同書を用いた講義により、「学説・判例を暗記するだけでなく、その背後にある概念及び思考方法を適切に理解することが大切である」ことを伝えていきます。このことが択一・論文におけるアウトプットの基礎となるのです。本講義では、「規範」→「あてはめ」の流れを意識して論点を抽出しつつ、事実の適示と事実の評価をしていきましょう。

    ●プロフィール
    上智大学法学部法律学科卒。中央大学大学院法学研究科刑事法専攻博士課程修了。刑法の研究において博士号を取得。専門領域は、刑事法。元中央大学法学部助教、現嘉悦大学ビジネス創造学部講師を務める。
    研究論文・刑事判例研究など25を超える論文があり、刑法の学説・判例の分析に優れる。
    代表作に、「因果関係の錯誤について」嘉悦大学研究論集第58巻2号(2016年)、「隔離犯における客体の錯誤と方法の錯誤の区別」比較法雑誌50巻1号(2016年)、「正当防衛における方法の錯誤」嘉悦大学研究論集第60巻1号(2017年)、など。

    カリキュラム

    講義回数(時間)

    約2.5時間×全12回

    教材・サポート

    教材一覧

    • 有斐閣『刑法事例演習教材(第2版)』 — 3,024円(税込)

    こちらの教材は別売りです。各自でご用意ください。

    • 講師作成オリジナルレジュメ

    講師作成オリジナルレジュメには、講師作成答案例が掲載されています。

    サポート制度

    樋笠講師が「『刑法事例演習教材(第2版)』解析講義」の魅力を分かりやすく説明します!
    TAC動画チャンネル

    体験講義とサンプルレジュメも無料公開中!

    開講日・開講校舎

    Web通信講座

    開講情報
    • 回数

      全12回

    • 教材発送日

      2018/8/17(金)

    • 配信開始日

      2018/8/20(月)

    • 配信期限

      2019/5/31(金)

    音声DLフォロー標準装備

    講義録の発送はありません。講義録はWeb上でご覧いただけます。

    DVD通信講座

    開講情報
    • 回数

      全12回

    • 教材発送日

      2018/8/17(金)

    音声DLフォロー標準装備

    講師作成オリジナルレジュメ・講義DVD・講義録をお送りします。

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税8%込み)

    インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    Web通信講座

    ¥54,000

    • 入会金

      ¥10,000

    DVD通信講座

    ¥64,800

    • 入会金

      ¥10,000

    0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

    上記受講料は、消費税8%が含まれます。

    当商品は、TAC各校の自習室はご利用いただけません。

    リベンジ割 受講料20%OFF!!

    <対象の方> 平成28年以降の司法試験・予備試験において、下記のいずれかに該当される方
     ①短答式試験不合格
     ②司法試験論文式試験における刑事系科目第1問の「順位ランク」がD 以下
     ③予備試験論文式試験における刑法の「順位ランク」がD 以下

    <割引制度ご利用のために必要なもの> 上記を証明する「成績通知書」コピー

    当割引制度は、窓口、もしくは郵送でのお申込みの場合のみ適用となります。e受付でのお申込みでは当割引制度はご利用いただけません。なお、郵送でのお申込みの場合は、必ず「成績通知書」のコピーを添付してください。

    その他割引制度とは併用してご利用いただけません。