論点別「刑法」弱点克服講義

  • 2022年合格目標

    講師オリジナルレジュメで重要論点を正しく理解する!

    刑法分野のうち、多くの受験生が苦手とする論点や正確な理解を求められる論点について、講師作成のオリジナルレジュメを用いて分かりやすく解説します。基本書は読んだけれど、イマイチ理解ができなかった方、論文を書く際に前提知識に不安をお持ちの方にオススメです!

    • 回数

      全10回

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    このコースの特徴

    こんな方にオススメのコースです!

    • 刑法を苦手とする方
    • 刑法を得意にしたい方
    • 論文が書けない、短答の知識が足りない方

    先生の声

    樋笠 尭士講師

    樋笠 尭士(ヒカサ タカシ) 講師

    刑法は、学説の対立が一番激しいといわれている科目です。また、学ぶ判例も多く、体系や思考を整理するのが困難な学問です。
    司法試験・予備試験の短答式試験では、学説の理解を問う問題や、学説を前提としたあてはめ問題が出題されていますし、横断的な「未遂・既遂」を問う問題など、単純な暗記では解けない問題も多く出題されています。
    本試験では、学説の対立を深く理解していなければ解けない形式の出題もあり、学説理解の重要性はますます高まっています。
    本講義では、論点について、一つの解答(学説・規範)だけでなく、対立する学説や、その射程・問題点などにも触れ、応用力のある知識および法的思考力を養います。

    ●プロフィール
    上智大学法学部法律学科卒。中央大学大学院法学研究科刑事法専攻博士課程修了。刑法の研究において博士号を取得。専門領域は、刑事法。元中央大学法学部助教、現嘉悦大学ビジネス創造学部講師を務める。
    研究論文・刑事判例研究など25を超える論文があり、刑法の学説・判例の分析に優れる。
    代表作に、「因果関係の錯誤について」嘉悦大学研究論集第58巻2号(2016年)、「隔離犯における客体の錯誤と方法の錯誤の区別」比較法雑誌50巻1号(2016年)、「正当防衛における方法の錯誤」嘉悦大学研究論集第60巻1号(2017年)、など。

    カリキュラム

    講義回数(時間)

    約2.5時間×全10回 

     

    第1回  刑法体系論・共犯論

    第2回  因果関係

    第3回  故意・過失

    第4回  違法性・正当防衛・緊急避難

    第5回  不能犯・未遂犯・責任・原自行為

    第6回  殺人罪・同意殺人罪・傷害罪

    第7回  窃盗罪・強盗罪

    第8回  詐欺罪

    第9回  わいせつに関する罪・名誉棄損罪

    第10回  放火罪 

     


     

    教材・サポート

    教材一覧

    • 講師作成オリジナルレジュメ

    サポート制度

    樋笠講師が「論点別「刑法」弱点克服講義」の魅力を分かりやすく説明します!

    開講日・開講校舎

    Web通信講座

    開講情報
    • 回数

      全10回

    • 教材発送日

      2021/6/2(水)

    • 配信開始日

      2021/6/4(金)

    • 配信期限

      2022/5/31(火)

    講義録の発送はありません。講義録はWeb上でご覧いただけます。

    DVD通信講座

    開講情報
    • 回数

      全10回

    • 教材発送日

      2021/6/2(水)

    講師作成オリジナルレジュメ・講義DVD・講義録をお送りします。

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税10%込み)

    インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    Web通信講座

    ¥45,000 ¥46,000

    • 入会金

      ¥10,000

    DVD通信講座

    ¥54,000 ¥55,000

    • 入会金

      ¥10,000

    0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%10%税込)が必要です。

    受講料には、教材費・消費税8%10%が含まれています。

    当講座はフォロー制度(質問制度、i-support等)はございません。予めご了承ください。