特集 御堂地雅人 講師 特別インタビュー

midouchi480-330.jpg
Profile

TAC/Wセミナー講師・弁護士
御堂地 雅人(みどうち まさと)講師

早稲田大学教育学部卒。
2015年予備試験合格。
2017年司法試験合格。

フルタイムで働きながら、3度目の受験で2015年予備試験合格。そして2度目の受験で2017年司法試験合格。現在、大手法律事務所で弁護士業に携わる傍ら、司法試験・予備試験受験生の指導を行っている。法律とは無縁の状態から勉強を始めた経験を武器に,受験生のつまずきを先回りすることを心掛けている。

教育学部出身で営業職としてフルタイムで働きながら予備試験→司法試験と突破した御堂地講師が、自身の経験を踏まえ、社会人受験生として大切な心構えや学習方法で工夫したことを動画で語ります!ぜひご覧ください。(約10分)

TAC/Wセミナーの新しい初学者向けコース、“ハイブリッドシリーズ”を担当する御堂地雅人講師に、司法試験を目指した動機や合格までの道のりを聞きました。

──御堂地講師が司法試験を目指した理由を教えてください。

御堂地講師
 私は,大学は教育学部出身で,在学中は教員資格を取得するために教職課程の講義を受けていました。ただ,子ども達に何か教える前に,自分が今までやったことのない何か難しいことを勉強したいという気持ちが生まれてきました。そこで,教員資格を取得するのは諦め,何か資格を取得しようと考えました。
 教育学部では,法学の講義は特に選択しない限り受講しないため,法律に全く馴染みはありませんでしたが,文系の難しい試験と言えば「司法試験」だということは知っていました。しかし,周りに司法試験受験生がおらず、情報がないため目指すかどうかを悩みました。そうしたところ,不動産鑑定士の勉強をしていた教育学部の友人から,「教育学部の人が法律を勉強しても全然おかしくないよ」と言われ,やってみることにしました。ところが,いざ,手を付けてみると,法学は難解で,目指してはあきらめ,目指してはあきらめを繰り返し,いつになっても勉強が終わりませんでした。
 その後,社会人として営業の仕事をした際にコミュニケーション能力を評価されることが多く,もしかして弁護士として働けば,多くの依頼者の力になることができるのではないかと思うようになりました。そこで,一念発起し本格的に受験勉強を再開したのが2015年頃になります。私の場合は,社会人経験を経たことにより,自分の長所を活かせる仕事として弁護士業を目指した,ということになります。

──合格までの道のりを教えてください。

御堂地講師
 予備試験は,3回目の平成27年の試験で合格できました。
 1回目は,偶然も重なって,ぎりぎり短答は合格できたのですが,論文は1000番以下の順位で不合格でした。とはいえ,とりあえず短答には合格できたので,非常に嬉しかったです。ただ,次の年に論文に受かるイメージが持てなくて,また,来年も短答に受かる保証がどこにもないことに気付いて,どうすべきか困りました。
 そこで,今後も論文試験に挑戦するためには,まずはもっと確実に短答に合格できる力を付けることが必要だと考えました。そこから,短答試験の勉強は,年中やるようになりました。その成果が発揮されて,2回目は,短答はきちんと合格できたのですが,論文は900番くらいでやはり不合格でした。論文の順位も1回目よりは上がったのですが,短答の順位より論文の順位の方が下だったので,短答の力が必ずしも自動的に論文に反映されるわけではないと思いました。そこで,合格者のA評価の再現答案を書籍やネットで読んで,自分の答案と比較して,足りないところを把握し,それを埋めるための演習(主に答案構成)を繰り返しました。その結果,3回目の試験で無事合格できました。
 しかし,半年後の1回目の司法試験には,不合格となりました。選択科目(国際私法)の勉強で手一杯となり,他の科目の勉強まで手が回らなかったのが主な敗因でした。しかし,敗因が明確だったため,そこをフォローして,2回目の試験で合格できました。

──受験勉強で苦労したことや工夫したことはありますか?

御堂地講師
 何といいますか,苦労した点,つまづいた点はたくさんありすぎまして…笑。確保できる勉強時間の絶対量が限定的だったのには苦労しました。なので,机に向かってやる勉強は六法を引いて考える勉強,電車等の移動中には答案例を読む勉強というように,勉強の種類を分けていました。具体的には,明日の移動中にこの参考答案を読んで復習できるから,じゃあ,今夜は,この問題を解いて寝よう,というようにしていました。あと,多くの社会人の受験生の方が勉強仲間がいないことを苦労した点に挙げられることが多いですが,私は,マイペースに勉強をしたかったので,むしろ,競争相手がいなかったことが,精神的には良かったと思っています。物事には,大概,プラスの面とマイナスの面があると思います。絶対的にマイナスのことやプラスのことって,そんなに多くないんじゃないか,そう考えるようにしています。必ずあるはずのプラスの面を出来るだけ見付けて,それを最大限活用するよう心掛けました。

──ご自身の経験から、司法試験に向けた勉強において重要だと思われることは何でしょうか?

御堂地講師
 自分を分析して修正する力だと思います。人と同じ講義を受けたり,同じ本を読んでも,理解の仕方,記憶の残り方は人それぞれですから,どうしても,人より秀でたり人より劣ったりする部分が出てきます。つまり凸凹になる場合が多いです。そのため,合格レベルとの関係で,自分に劣っているところがある部分を発見して,それがなぜ生じたかという原因を把握し,それを補うための方法を検討して,実践するということが不可欠となります。凸凹の補正ですね。特に合格直前の方,予備論文の成績順位でいえば450番くらいから1000番以内の方が,次の年に合格するか否かは,この分析・修正力が影響すると思います。

──先生は講義をする上で、どのような点を特に意識されていますか?

御堂地講師
 受講生の皆さんが,努力を継続できるように,そのためにどのような工夫をするのがいいかという点を特に意識しています。予備試験でどんなに短期合格でも1年は必要ですし,実際問題,3~4年くらい必要な場合も多いと思います。そうすると,一定期間の勉強を継続することが前提の試験であると言わざるを得ません。しかし,勉強を継続すること自体,実は非常に難しいです。例えば,4月に入門講座・基礎講座で勉強を開始した方で,1年後の5月の短答試験を受けるところまで辿り着く方は意外に限られている印象です。司法試験の勉強は大変なことが多いですから,たった1年間でも高いモチベーションを維持して継続することは簡単ではありません。私自身,モチベーションが全然保てませんでしたから。そのため,受講生の皆さんが,今勉強していることが合格にどのように結び付いているかということが常に体感できるような講義を心掛けています。つまり,「勉強と合格との間の因果関係の見える化」が大切だと思っています。

──では、最後に受験生へメッセージをお願いします。

御堂地講師
 一般に,受験は,受かるか落ちるか,ゼロか百かの世界です。特に司法試験には滑り止めがありませんから,その特徴は顕著です。また,試験本番の当日の出来に左右される性質が強いものでもあります。しかし,合格という目に見える形の成功は,目に見えない日々の努力の結晶ですから,実際は,日々,合否は決定して行っています。それにもかかわらず,この努力の日々は,達成感も少なく,また,孤独で辛いものです。ですから,受験生の皆さんの目に見えない日々の努力が充実したものとなるように,一緒に頑張りたいと思います。

御堂地講師の担当講義はこちら

1

基礎エッセンス講義

2

短答プラクティス講義

3

論文プラクティス講義