特集 上原 広嗣講師 特別インタビュー

上原講師 特別インタビュー
Profile

TAC/Wセミナー講師・弁護士
上原 広嗣(うえはら ひろつぐ)講師

2006年司法試験合格。
早稲田大学政治経済学部卒。
慶應義塾大学法科大学院修了。
弁護士法人九十九里代表弁護士。

かつてWセミナーで基礎講座を担当し、分かりやすい講義で多くの合格者を輩出した。実務では、司法過疎地域において活動。主な取扱分野は、交通事故、相続、離婚、刑事事件。

TAC/Wセミナーの新しい入門基礎講座、“超速シリーズ”を担当する上原広嗣講師に、司法試験を目指した動機や合格までの道のりを聞きました。

──上原講師が司法試験を目指した理由を教えてください。

上原講師 大学1年生の秋ごろまではサークルやコンパに明け暮れていましたね。自分は田舎から上京してきたので東京での生活が新鮮で楽しく過ごしていました。けれども,将来自分がどのような仕事に就くべきなのかについては漠然としていました。法学部生ではありませんでしたし,法曹になろうなんて思ったこともありませんでした。

──法学部ではないのに、司法試験を目指したのはなぜですか?

上原講師 改めて自分の仕事観を突き詰めて考えてみたところ,公務員や会社員として組織に入り,個人ではできない規模のプロジェクトに携わりたいのか,ひとつひとつの仕事は小さくても仕事の成果や責任が直接自分に跳ね返ってくる仕事をしたいのかといえば、後者の仕事に就きたいと思う自分がいました。そこで,そのような仕事は何があるかなと思って調べていくと弁護士という仕事に行きつきました。そして,弁護士になるには司法試験を突破しなければならないということで司法試験の勉強を始めました。

──改めて自分の仕事観を突き詰めると、弁護士という職業にたどり着いたのですね。

上原講師 はい,大学1年生の終わりごろに司法試験を目指すことを決めてから,すぐにWセミナーの入門講座を受講しました。予備校選びで迷うことはありませんでした。大学では法律の授業がないので,予備校のカリキュラムに従いました。途中入学だったのでライブ授業ではなく,ビデオ収録された講義を聞いていました。予備校の講座は基礎講座を一年間受講した後,短答と論文の答案練習を受けて大学3年生の時に初受験を迎えました。
短答式試験は1回目から合格することができましたが,論文式試験は4回連続で落ちてしまい,5回目の受験でようやく最終合格することができました。

──5回目の受験で最終合格されたのですね。大学卒業後は働きながらの学習だったのですか?

上原講師 そうですね、在学中は勉強にあてられる時間は十分あったのですが,集中力が続かず1日4時間くらいしか勉強しておらず、大学卒業後は働きながら司法浪人をしていましたので,勉強にあてられる時間は1日3時間が限界でした。ただ,司法試験の勉強は机に向かわなくても,通勤時間などの細切れの時間を活用して勉強することが可能ですので,社会人受験生が学生よりも不利というわけではないと思います。

──社会人受験生は細切れ時間をうまく活用することが大事ということですね。受験勉強で苦労したことや工夫したことはありますか?

上原講師 受験勉強で苦労したことは,論文式試験になかなか合格できなかったことです。今振り返ればその原因は2つあります。
1つ目は,知識偏重で,思考力を養う訓練を怠っていました。論文式試験に2回連続不合格になるまでは論文過去問や論文答練の参考答案を読み込んで覚えることが勉強だと勘違いしており,考えるトレーニングを全然していませんでした。
2つ目は,科目ごとに論文の書き方や思考パターンが異なることを知りませんでした。特に民法は苦手としていました。なぜ民法が苦手だったかというと「請求権から考える」という思考パターンを全く理解していませんでした。民法の問題文分析の視点や問題提起の仕方は「AのBに対する・・・の請求は認められるか。」という形式が基本になりますが,そのような思考パターンが欠如していました。司法試験の各科目にはその科目ごとに特有の思考パターンというものがあります。それを知っているか知らないかで短期間で合格できるか長期化するかが分かれてしまうと思います。私は独学では科目ごとの思考パターンの違いに気づけませんでした。
当時のWセミナーの講座を受講して初めて科目ごとに思考パターンが異なることを知り,目から鱗が落ちたのを今も覚えています。科目ごとの思考パターンの違いを知ってからは論文が苦手でなくなりました。

──論文対策に苦労されたのですね。 そうしたご自身の経験から、司法試験に向けた勉強において重要だと思われることは何でしょうか?

上原講師 司法試験合格のために重要な勉強方法は,アウトプットから逆算して知識をインプットすることです。
法律の学習というのは学問的に探究しようとすればかなり深くまで入り込むことができます。しかし,司法試験で出題される問題はあくまで実務家である法曹になるための必要な知識及び問題解決能力を問うものですので,学術的に深い理解までは求められていません。
したがって,勉強のかなり早い段階から,本番の試験ではどのような問題が出題されるのか,つまり過去問を知っておくことが重要だと思います。そうすることによって無駄なインプットを避けることができ,問題を解くために必要な知識を効率的に学習できるようになります。

──無駄なインプットを避けるためにも、早い段階から過去問に触れておくことが大切ということですね。 そうした点は、先生の講義にも反映されているのですか?

上原講師 はい、私が担当する「超速逐条基礎講義」では、過去問を勉強の早い段階から取り入れた講義となっています。試験勉強の順番としては,まず知識をインプットしてその後に問題を解くというのがオーソドックスかもしれません。ただその順序では時間がかかりすぎてしまい,忙しい社会人受験生や現役合格を目指す学生にとっては非効率です。私の講座は入門段階からいきなり過去問を取り上げますので,アウトプットから逆算して必要な知識を効率的にインプットすることが可能です。

──「超速逐条基礎講義」では、過去問を入門講義の段階から講義の中で取り上げることで、アウトプットから逆算して必要な知識を効率よくインプットできる講義なのですね。先生は講義をする上で、どのような点を特に意識されていますか?

上原講師 私は講義をするにあたり,わかりやすさを追求しています。法律の勉強は独学では理解しづらい箇所や,具体例がイメージできない場合もあると思います。私自身が,合格まで長い年月がかかってしまったベテラン受験生でしたので,受験生が苦手とし,躓きやすいポイントがわかります。私の講義は,そのような自身の経験を踏まえて,このような講座があれば自分も受講したかったという講座内容になっています。口頭での説明だけでなく視覚的にも理解できるよう板書も工夫しています。

──先生ご自身が苦労された経験も、講座内容に反映されているのですね。 司法試験に向けた勉強において、教材選びという点については、いかがですか?

上原講師 インプット教材はいろいろな教科書に手を広げるべきではなく,各科目とも1冊に情報を集約するのがよいと思います。インプット教材として適当なものは短答式試験合格に必要な情報量が網羅されている早稲田経営出版の「逐条テキスト」などがよいと思います。 論文試験対策のための独自のインプット教材は不要です。短答式試験に合格できる知識があれば,論文式試験を解くのに全く問題ないからです。論文式試験は知識ではなく,問題文分析の仕方,科目ごとの答案の書き方が重要になります。

──では、最後に受験生へメッセージをお願いします。

上原講師 司法制度改革の結果,かつてよりも法曹という職業の魅力が下がったと思われていますが,私は法曹という仕事は今もなお,やりがいある魅力的な仕事であると思います(もちろん収入面でも相当恵まれています)。
司法試験合格は容易いものではありませんが,正しい勉強方法によって努力すれば,天才や秀才でなくても合格できる試験です。受験生のみなさんにはぜひ私の講義を聴いていただいて,最短ルートで合格をつかみ取ってもらいたいと思います。

上原講師の講義詳細はコチラ

1

可処分時間を十分にとれる方向け!司法試験予試験対策のオールインワンコース!

2

上原講師の超速逐条基礎講義と基礎答練がパックになったTAC/Wセミナーのスタンダード!

3

可処分時間が少ない方におススメ!まずはINPUTと論文答案作成の基礎を身に付ける!