予備試験合格答練パック(基礎答練付)

  • 2021年合格目標

    段階別の論文答練と充実のフォローで合格に導く!

    「予備試験合格答練パック」は、重要判例を題材とした問題で判例の読み方と答案作成技術を身に付ける「重要判例答練」、予備試験論文式試験レベルの問題を本試験と同じ環境で解く「予備試験 論文応用答練」が含まれる充実の演習パックです。また、「予備試験合格答練パック(基礎答練付)」は、典型論点を中心とする「論文基礎答練」が付いてくるため、基礎力の見直しもできます。その他「個別相談制度」「短答アプリ」「自習室」等充実のフォローで、あなたを合格に導きます!

      • ビデオブース講座

      • Web通信講座

      • DVD通信講座

      このコースの特徴

      目的別の3段階の答練で予備試験論文式試験合格へ!

      論文基礎答練は典型論点を中心として問題が構成されています。一方、事例はいずれも予備試験に寄せたオリジナルのものですので、「初見の問題について論文の答案を作成する」という力の基礎を形成するのにピッタリです。
      重要判例答練では、基本判例、発展的なもの、昭和のものから新しめのものまで様々な重要判例を素材とした、予備試験に近い長さ・雰囲気のオリジナルの事例を含む問題が出題されますので、「初見の問題においても論述できるレベルで判例を理解しているか」ということを確認するのに適しているといえるでしょう。 また、いずれの答練の解説レジュメも、論点解説を並べただけといったありがちなものではなく、各論点及び判例をしっかりと理解し、また合格答案を書くために必要な情報をふんだんに盛り込んだものとなっておりますので、まだ論文の答案をさほど書いたことがないという方はもちろん、論文本試験合格まであと一歩のところまで来ているといった方にとっても、有益な内容になっているものと考えております。
      この2つの答練で「しっかりとした知識・理解に基づいたうえで、現場思考を展開して答案を書く」という力を高めた後、実務基礎科目も含む予備試験論文応用答練で答案作成を実践していただければ、論文本試験の合格に必要な力が身に付くことになるでしょう。

      納得いくまで講師に相談!「個別相談制度」

      このパックでは、講師に直接質問・相談ができる「個別相談制度」がご利用いただけます。
      右の動画では、実際の「個別相談」の様子をご覧いただき、その活用方法を確認することが出来ます。(約8分半)

      学習内容・カリキュラム

      論文基礎答練

      • カリキュラム

        全20回
        憲法…3回
        民法…5回
        刑法…3回
        商法…3回
        民事訴訟法…2回
        刑事訴訟法…2回
        行政法…2回

      • 使用教材

        問題冊子/解説冊子/講評/参考答案

      • 目的

        ・典型論点の確認
        ・初見の問題について答案を作成する力を身につける

      重要判例答練

      • カリキュラム

        全21回
        憲法…3回
        民法…3回
        刑法…3回
        商法…3回
        民事訴訟法…3回
        刑事訴訟法…3回
        行政法…3回

      • 使用教材

        問題冊子/解説冊子

      • 目的

        ・重要判例の事案を基に作成された答練で、判例の正確な理解を確認する。
        ・答案における判例の規範の書き方が身に付く!

      予備試験論文応用答練

      • カリキュラム

        全8回
        公法系(憲法/行政法)…2回
        民事系(民法/商法/民事訴訟法)…2回
        刑事系(刑法/刑事訴訟法)…2回
        実務基礎科目(民事・刑事)…2回

      • 使用教材

        問題冊子/解説冊子

      • 目的

        ・予備試験論文式試験と同様の形式で論文答案を書く訓練をすることにより、本番前の力試しに
        ・本試験同様のタイムスケジュールで会場受講できるため、本試験当日のシュミレーションにも

      担当講師

      TAC/Wセミナー講師・弁護士

      小堀 信賢(こぼり のぶまさ)講師

      <プロフィール>
      早稲田大学社会科学部卒業。その後、予備試験を経て司法試験に合格。司法修習を終了後、都内大手法律事務所に就職。現在は、地元である東京都西東京市において、自ら立ち上げた田無法律事務所で日々依頼者のために奔走する、新進気鋭の若手弁護士。
      予備試験経由の新司法試験合格者として、予備試験受験生がつまずきやすいポイントを熟知しており、作問や解説講義に反映するよう意識している。

      小堀講師から受講生へのメッセージ

      <重要判例答練>
      近時,司法試験や予備試験の受験指導においては,あてはめの重要性が指摘されることが多いようです。ただ,充実したあてはめを安定して行うためには,規範部分についての正確な知識・理解が必要です。そして,司法試験や予備試験の論文式試験では,重要な判例を素材にしつつ,事案を修正して現場思考力も問う問題が数多く出題されています。 そうしたことから,判例百選に掲載されている判例の中でも特に重要な判例については,単に判例の挙げている要件(規範)を覚えるだけではなく,なぜそのような要件が定立されたのかや,要件のうちの一部を欠く場合でも同じ結論を導くことが可能なのかといった点まで視野に入れた学習を行う必要があります。

      重要判例答練では,判例の規範をしっかりと覚えていれば無理なく処理できる問題が中心となっているため,皆様が,素材となった判例についてどの程度理解・記憶しているかが明確に確認できます。 そのうえで,同じ判例を素材としつつも,事案の修正等により現場思考力も試される問題への対応をも視野に入れた解説講義が行われますので,重要判例答練は,判例学習の格好の機会といえるでしょう。

      <予備試験論文応用答練>
      予備試験の論文試験においては,重要判例を素材にしており,普通に事案を読めばそのことが分かるタイプの問題ばかりではなく,何を重点的に論じれば良いのかが直ちには分からない(が,現場で考えれば思い至ることができる)タイプの問題も出題されます。 本答練においては,両タイプの問題をバランスよく出題しますので,論文試験直前の予行演習にうってつけです。 また,解説講義は,論点解説よりも「どうすれば合格水準を超える最低限必要な答案を書けるのか」に重点を置いたものとなりますので,「短答は受かったけど論文は無理だ」と考えている方にも,是非ともご受講頂きたいと思います。

      小堀講師が動画で解説!「重要判例答練」ガイダンス

      小堀講師が、「重要判例答練」のポイントを動画で解説します。答案添削のスペシャリストである講師が徹底的にこだわった答練です。
      「答練なんてどれも同じでしょ」と思っている方は必見!(約20分)

      サポート制度

      とにかく丁寧なTACの添削指導!

      ご提出いただいた答案は、合格者講師が添削してお返しいたします。
      他とは比較にならないほど丁寧な添削指導で、確実に「論文力」が向上します!

      一人一人にあったきめ細かい指導を実現!「個別相談制度」

      講座申込後、毎月1回、講師と1対1で疑問点や不安・悩みを相談できる「個別相談制度」を利用することができます。事前にご予約いただいて、小堀講師をはじめとする現役の弁護士から対面もしくはお電話で指導が受けられます。

      答練を解きっぱなしにするのではなく合格ラインのわかっている講師に見てもらうことで高い学習効果を得ることができます!もちろん、学習相談も大歓迎です!

      快適な学習環境を提供!「自習室」

      TACでは講義の行われていない教室を自習室として開放しています。いつでも好きな校舎を自由にご利用いただけます!
      しかも、全国に直営校22校!すべての校舎が駅から近く便利!

      疑問点はメールでいつでもどこでも質問できる!「質問メール制度」

      答練に関する疑問や不安は、お申込み後に利用できるインターネットサービス”TAC WEB SCHOOL「マイページ」”から、メールでいつでも質問・相談ができます。司法試験、予備試験に精通したスタッフが分かり易く丁寧にお答えいたします。
      ※回数制限はありません。

      いつでもどこでもスキマ時間を有効活用!「短答必修アプリ」

      司法試験・予備試験合格者スタッフ監修の下、過去問を徹底的に精査し、絶対に解けなければいけない問題だけをアプリにしました!スマホ等で使うアプリなので忙しい方でも、通勤・通学中などの隙間時間で、短答対策ができます!徹底的にやり込んで、全問完璧にしましょう!

      TAC/Wセミナー生割 受講料50%OFF!!

      <対象の方> 以下のコースのいずれかをお申込み方
      ・2014~19年合格目標  4A予備総合パック/4A基礎講座パック/4A基礎講座 ※1.5年コース・Z会共催講座を含む
      ・2020年合格目標     超速逐条予備総合パック/超速逐条総合パック/超速逐条論文パック
      ・2021年合格目標     ハイブリッド入門総合パック/ハイブリッド入門パック
      ・2021年合格目標     超速逐条総合パック/超速逐条論文パック

      <割引制度ご利用のために必要なもの> ご受講時のTAC会員証

      当割引制度は、窓口、もしくは郵送でのお申込みの場合のみ適用となります。e受付でのお申込みでは当割引制度はご利用いただけません。なお、郵送でのお申込みの場合は、必ず「TAC会員証」のコピーを添付してください。

      その他割引制度とは併用してご利用いただけません。

      短答合格者割引 受講料30%OFF!!

      <対象の方> 過去に予備試験短答式試験を受験された方

      <割引制度ご利用のために必要なもの>予備試験短答式試験の合格が証明できる成績通知書

      当割引制度は、窓口、もしくは郵送でのお申込みの場合のみ適用となります。e受付でのお申込みでは当割引制度はご利用いただけません。なお、郵送でのお申込みの場合は、必ず「成績通知書」のコピーを添付してください。

      その他割引制度とは併用してご利用いただけません。

      受講メディア・日程

      受講メディア

      ビデオブース講座・Web通信講座・DVD通信講座

      日程

      答練の流れ(受講方法)

      受講料・お申込み

      (教材費・消費税10%込み)

      • 通信講座

      • 通学講座

      インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

      申込方法の説明を見る

      予備試験合格答練パック<基礎答練付> Web通信講座

      ¥250,000

      • 入会金

        ¥10,000

      予備試験合格答練パック<基礎答練付> DVD通信講座

      ¥340,000

      • 入会金

        ¥10,000

      予備試験合格答練パック Web通信講座

      ¥180,000

      • 入会金

        ¥10,000

      予備試験合格答練パック DVD通信講座

      ¥240,000

      • 入会金

        ¥10,000

      予備試験合格答練パック<基礎答練付> ビデオブース講座

      ¥250,000

      • 入会金

        ¥10,000

      予備試験合格答練パック ビデオブース講座

      ¥180,000

      • 入会金

        ¥10,000

      0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・10%税込)が必要です。

      受講料には、教材費・消費税10%が含まれています。

      単科でのお申込みはコチラ(重要判例答練 憲法のみなど)

      詳細はインターネット申し込みサイト「e受付」でご確認ください。