予備試験論文応用答練

  • 2021年合格目標

    小堀講師監修!本試験形式のTACオリジナル答練!

    答案作成のスペシャリスト小堀講師が監修した予備試験論文式試験と全く同じ形式の答練です。また、2021年6月頃には会場で本試験通りのタイムスケジュールでの受験(※)もできますので、本番のシュミレーションとしてもご活用いただけます。 ※一般教養科目は実施いたしません。

      • ビデオブース講座

      • Web通信講座

      • DVD通信講座

      このコースの対象者

      こんな方にオススメのコースです!

      • 直前期に実力の最終確認をしたい方
      • 本試験の環境に慣れておきたい方

      学習内容・カリキュラム

      カリキュラム

      全8回……………………計18問

      とにかく丁寧なTACの添削指導!

      ご提出いただいた答案は、合格者講師が添削してお返しいたします。
      他とは比較にならないほど丁寧な添削指導で、確実に「論文力」が向上します!


      段階的に「論文力」を身に付ける!TACの充実した論文指導カリキュラム!

      TACの論文指導は、答案作成のスペシャリスト小堀講師による段階的なカリキュラムとなっています。一人の講師による一貫した指導で、ブレることなく「論文力」を要請することができます!

      <小堀講師からのメッセージ>
      論文基礎答練は,基礎と付いているものの,ロースクールの入試問題をベースにしていることもあり,問題及び解説はある程度高度なものとなっております。 したがって,すでに論文の答案をある程度作成された経験がある方でも,論文に苦手意識をお持ちなのであれば,応用答練だけではなく,基礎答練,あるいは入門講義からご受講されることをお勧めいたします。 入門講義,基礎答練で答案作成力を培い,応用答練で力試しを行うという感覚で臨んでいただくと,無理なく論文の答案作成力を高めていくことができるでしょう。

      担当講師

      TAC/Wセミナー講師・弁護士

      小堀 信賢(こぼり のぶまさ)講師

      <プロフィール>
      早稲田大学社会科学部卒業。その後、予備試験を経て司法試験に合格。司法修習を経て、都内大手法律事務所に就職。現在は、地元である東京都西東京市において、自ら立ち上げた田無法律事務所で日々依頼者のために奔走する、新進気鋭の若手弁護士。
      予備試験経由の新司法試験合格者として、予備試験受験生がつまずきやすいポイントを熟知しており、作問や解説講義に反映するよう意識している。

      小堀講師からのメッセージ

      予備試験の論文試験においては,重要判例を素材にしており,普通に事案を読めばそのことが分かるタイプの問題ばかりではなく,何を重点的に論じれば良いのかが直ちには分からない(が,現場で考えれば思い至ることができる)タイプの問題も出題されます。 本答練においては,両タイプの問題をバランスよく出題しますので,論文試験直前の予行演習にうってつけです。 また,解説講義は,論点解説よりも「どうすれば合格水準を超える最低限必要な答案を書けるのか」に重点を置いたものとなりますので,「短答は受かったけど論文は無理だ」と考えている方にも,是非ともご受講頂きたいと思います。

      サポート制度

      疑問点はメールでいつでもどこでも質問できる!「質問メール制度」

      学習を進めるにあたって生じる疑問や不安は、お申込み後に利用できるインターネットサービス”TAC WEB SCHOOL「マイページ」”から、メールでいつでも質問・相談ができます。司法試験、予備試験に精通したスタッフが分かり易く丁寧にお答えいたします。
      ※回数制限はありません。

      本試験をシュミレーション!TAC校舎での「会場実施」

      2021年6月頃に、TACの校舎にて予備試験論文式試験通りのタイムスケジュールで受験する機会があります。本試験のシュミレーションには絶好の機会ですので、ぜひご利用下さい。
      ※一括でお申込みの方限定のサービスです。
      ※お申込み時の受講メディアに関わらずご利用いただけます。
      ※一般教養科目は、実施いたしません。
      ※実施日程・実施校舎等詳細については、後日インターネットサービス”TAC WEB SCHOOL「マイページ」”にてご案内いたします。

      受講メディア・講義日程(使用教材等)

      受講メディア

      個別DVD講座・Web通信講座・DVD通信講座

      答練の流れ(受講方法)

      講義日程

      予備試験論文応用答練(全8回)

      公法系科目/民事系科目/刑事系科目/実務基礎科目(各2回)
      • 使用教材

        ・問題冊子
        ・答案用紙
        ・解説冊子

      • 視聴・配信開始日

        未定

      • 教材発送開始日

        未定

      • 講義録・DVD発送開始日

        未定

      • 視聴・配信期限

        未定

      • ※2021年6月頃に受講開始となる予定です。詳細は2020年5月以降にご案内いたします。

      使用教材

      ・問題冊子
      ・解説冊子

      教材費は受講料に含まれます。

      受講料・お申込み

      (教材費・消費税10%込み)

      • 通信講座

      • 通学講座

      インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。
      ※2020年7月以降に販売開始予定です。

      申込方法の説明を見る