超速逐条基礎講義

  • 2020年合格目標

    INPUT革命!約220時間で論文式試験合格に必要な知識を網羅!

    早稲田経営出版の人気シリーズ「逐条テキスト」をメインテキストして使用し、司法試験・予備試験の合格ラインを確実に超える知識をマスターする、というコンセプトのもと、短答式試験でしか出題されない細かい知識(短答プロパー知識)を大胆に省き、約220時間という短い時間で短答・論文試験合格に必要な基礎知識を網羅します。短答プロパー知識は、「逐条テキスト」と「短答必修アプリ」を網羅することで合格ラインを確実に超える力を身に付けることができます!

      • 個別DVD講座

      • Web通信講座

      • DVD通信講座

      このコースの対象者

      こんな方にオススメのコースです!

      • 短い時間で合格に必要な知識をインプットしたい方
      • 知識の総ざらいをコンパクトに済ませたい方

      おススメポイント・カリキュラム

      おススメポイント!

      短答プロパーの知識を大胆に省くことで超速インプットを実現!

      「超速逐条基礎講義」はたったの73回(=約220時間)です。”司法試験・予備試験論文式試験の合格ラインを確実に超える”ために必要な知識に絞って講義を行うため、短い時間で論文式試験合格に必要な知識を網羅することができます。

      メインテキストは早稲田経営出版の人気シリーズ「逐条テキスト」

      超速INPUT講義「超速逐条基礎講義」では、早稲田経営出版の人気シリーズ「逐条テキスト」をメインテキストとして使用します。司法試験および予備試験の対策に最適な逐条式のテキストで、合格に必要な条文・判例・通説などの知識が条文順に整理されています。市販書籍と連動した基礎講座だから、超速でのINPUTが可能になるのです!

      いつでもどこでもスキマ時間を有効活用!「短答必修アプリ」

      司法試験・予備試験合格者スタッフ監修の下、過去問を徹底的に精査し、絶対に解けなければいけない問題だけをアプリにしました!スマホ等で使うアプリなので忙しい方でも、通勤・通学中などの隙間時間で、短答対策ができます!徹底的にやり込んで、全問完璧にしましょう!

      カリキュラム

      全73回……………………約3時間/回

      知識の定着をしっかりチェック!「短答中間テスト」

      「超速逐条基礎講義」は、講義を聞いただけにしません!各系統(公法系・刑事系・民事系)終了後に、短答式の「中間テスト」を実施します。会場・自宅で問題を解き、知識の不安・苦手な箇所を確認しましょう!また、早い時期から時間内に問題を解く訓練は本試験への有意義な対策となります!

      「短答中間テスト」の詳細は、後日、受講生専用インターネットサービス”TAC WEB SCHOOL「マイページ」”にてご案内いたします。

      使用教材

      司法試験・予備試験 逐条テキスト(早稲田経営出版)/2019年版
      予備試験短答過去問 オリジナルレジュメ

      教材費(早稲田経営出版「逐条テキスト」)は受講料に含まれます。

      民法と商法のみ2020年版を使用します。

      司法試験・予備試験の対策に最適な逐条式のテキスト!

      本文中に掲載の「論文マテリアル」でしっかり論文対策!

      司法試験・予備試験合格に必要な条文・判例・通説などの知識を条文順に整理しました。逐条別の構成と図表を多く用いた解説により、条文に関連した形で必要な知識を整理できます。また本書は、近年の試験制度変更により、一段と重要度を増した論文式試験の対策に重点を置いて校正しています。

      逐条テキストのココが良かった!現役受験生の声

      基本書,判例集,六法,レジュメ,論証集,ノート…と気が付けば,カバンの中は重たい上,机の上も散らかり放題ではないでしょうか?  逐条テキストはそんな皆様の重たい思いを解消してくれるような,吸収したい情報がギュギュっと詰まっています。定義や趣旨はもちろん,その名のごとく「逐条」なので条文,それに対応した判例の事案と判旨,解説が必要かつ十分な程度でまとめられており,予備試験・司法試験のいずれの過去問の番号まで示されています。各ページには,ほどよい量の余白があり,自分なりの図やメモを書くスペースもあります。適宜,判例相互の関係性を示すものや学説の対立を示すものとして表が施されていますので,ごちゃごちゃとした頭の中もスッキリと整理できます。また,分厚すぎず,薄すぎないほどよい厚さで,A5サイズ版であることも魅力です。  定義や趣旨を基本書から引っ張って,六法で条文を引いて,判例集を広げて…と時間をかけるのも勉強のうちの一環ですが,通勤時間等の隙間時間を使ってサクッと勉強するには持って来いのテキストです。特に満員電車の中では,A5サイズの本を広げるのが精一杯なので,とても重宝しています。

      担当講師

      TAC/Wセミナー講師・弁護士

      上原 広嗣(うえはら ひろつぐ)講師

      <プロフィール>
      2006年司法試験合格。
      早稲田大学政治経済学部卒。
      慶應義塾大学法科大学院修了。
      弁護士法人九十九里代表弁護士。

      かつてWセミナーで基礎講座を担当し、分かりやすい講義で多くの合格者を輩出した。実務では、司法過疎地域において活動。主な取扱分野は、交通事故、相続、離婚、刑事事件。

      上原講師からのメッセージ

      この講座は,初学者だけでなく既修者の方にも対応した基礎講座です。各科目の短答式試験,論文式試験を解くために必要となる知識をインプットします。短答式プロパーの瑣末な知識をカットすることにより,これまでの入門講座と比較して少ない講義コマ数で体系的理解を得られる点が特長です。各科目とも本試験に出題される全範囲をカバーすることができます。テキストは逐条形式となっており,条文を出発点にして論点や判例を分析する思考力を身につけることができます。

      上原講師が動画で解説!超速逐条基礎講義ガイダンス

      上原講師自身が、講座のポイントを動画で解説します。どんな講師なのかなぁ、と不安を感じている方は、ぜひ動画で上原講師の良さをご確認ください!

      動画で講義を体験!無料体験講義

      動画で上原講師と逐条テキストの「分かりやすさ」を体感!

      ※講義で使用する早稲田経営出版「逐条テキスト」の抜粋版もご覧いただけます。

      サポート制度

      一人一人にあったきめ細かい指導を実現!「個別相談制度」

      2019年4月以降、毎月1回、「個別相談制度」を利用することができます。事前にご予約いただいて、現役の弁護士から対面もしくはお電話で指導が受けられます。
      自分で過去問を解いてみた場合などに、解きっぱなしにするのではなく合格ラインのわかっている講師に見てもらうことで高い学習効果を得ることができます!
      もちろん、学習相談も大歓迎です!

      快適な学習環境を提供!「自習室」

      TACでは講義の行われていない教室を自習室として開放しています。いつでも好きな校舎を自由にご利用いただけます!
      しかも、全国に直営校22校!すべての校舎が駅から近く便利!

      短答対策はこれで完璧!いつでもどこでも学習できる「短答アプリ」!

      司法試験・予備試験合格者スタッフ監修の下、過去問を徹底的に精査し、絶対に解けなければいけない問題だけをアプリにしました!スマホ等で使うアプリなので忙しい方でも、通勤・通学中などの隙間時間で、短答対策ができます!徹底的にやり込んで、全問完璧にしましょう!

      疑問点はメールでいつでもどこでも質問できる!「質問メール制度」

      学習を進めるにあたって生じる疑問や不安は、お申込み後に利用できるインターネットサービス”TAC WEB SCHOOL「マイページ」”から、メールでいつでも質問・相談ができます。司法試験、予備試験に精通したスタッフが分かり易く丁寧にお答えいたします。
      ※回数制限はありません。

      忙しくてカリキュラムが消化できなかった…そんな時でも安心!
      「延長オプション」

      受講期限内に講義を受講できなかった場合には、講義の受講期限を延長できる「延長オプション」商品をご用意!せっかく申し込んだコースを無駄にすることなく、学習が継続できます!これにより、学習の進度が遅れてしまっても無理することなく、一定のペースで学習を進めることができます!

      受講メディア・講義日程(使用教材等)

      受講メディア

      個別DVD講座・Web通信講座・DVD通信講座

      超速実務基礎講義(全73回)

      >早稲田経営出版「逐条テキスト」は受講料に含まれています。
      >早稲田経営出版「逐条テキスト」は、2019年版を使用します。なお、民法と商法については2020年版を使用します。

      憲法(全10回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト 憲法

      • 視聴・配信開始日

        2019/2/4(月)~

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/02/01(金)

      行政法(全8回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト 行政法

      • 視聴・配信開始日

        2019/03/07(木)

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/03/04(月)

      刑法(全10回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト 刑法

      • 視聴・配信開始日

        2019/05/13(月)

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/05/10(金)

      刑事訴訟法(全10回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト 刑事訴訟法

      • 視聴・配信開始日

        2019/07/05(金)

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/07/02(火)

      民法(全15回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト 民法

      • 視聴・配信開始日

        2019/9/5(木)以降順次

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/09/02(月)

      民事訴訟法(全10回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト民事訴訟法

      • 視聴・配信開始日

        2019/10/07(月)

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/10/03(木)

      商法(全10回)
      • 使用教材

        早稲田経営出版 逐条テキスト 商法

      • 視聴・配信開始日

        2019/12/05(木)

      • 視聴・配信期限

        2020/7/31(金)

      • 発送開始日

        2019/12/02(月)

      POINT!

      各系統間で知識の定着をしっかりチェック!
      「短答中間テスト」


      各系統(公法系・刑事系・民事系)終了後に、短答式の「中間テスト」を実施します。会場・自宅で問題を解き、知識の不安・苦手な箇所を確認しましょう!また、早い時期から時間内に問題を解く訓練は本試験への有意義な対策となります!

      「短答中間テスト」の詳細は、後日、受講生専用インターネットサービス”TAC WEB SCHOOL「マイページ」”にてご案内いたします。

      受講料・お申込み

      (教材費・消費税8%込み)

      • 通信講座

      • 通学講座

      インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

      申込方法の説明を見る

      超速逐条基礎講義 一括

      Web通信講座

      ¥268,000

      • 入会金

        ¥10,000

      DVD通信講座

      ¥346,000

      • 入会金

        ¥10,000

      超速逐条基礎講義 一括

      個別DVD講座

      ¥268,000

      • 入会金

        ¥10,000

      単科でのお申込みはコチラ(超速逐条基礎講義 憲法のみなど)

      詳細はインターネット申し込みサイト「e受付」でご確認ください。

      0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

      上記受講料は、教材費(逐条テキスト/講師作成オリジナルレジュメ等)・消費税8%が含まれます。