4A基礎講座 復習道場

  • 2019年合格目標

    双方向型の復習講義で“復習”のクオリティUP!(対象コース申込者限定講義)

    司法試験系に確実に合格するには、過去問等を潰し、頭で記憶・理解するにとどまらず身体に叩き込み、自分のものとして「完璧」にする必要があります。これを皆さん1 人1 人の自習・復習に“丸投げ”する従来型のカリキュラムでは、その効果に個人差が生じることは避けられません。そこで、「4A 基礎講座 復習道場」では、他の受講生とともに、中村講師との質疑応答を通じて司法試験系合格レベルにまで、皆さんの自習・復習のクオリティを高めます!

      • 教室講座

      • 個別DVD講座

      • Web通信講座

      • DVD通信講座

      4A基礎講座 復習道場とは?

      1

      講義時間よりも圧倒的に長い自習時間が合否を分ける!
      本試験に“確実に合格する”には、復習のクオリティを高めよ!

      講義の受講後の復習等で、制限時間内に、問題文と条文だけから、自力で過去問等をくり返し解くことこそが、本試験の合否を分ける本質的に重要な対策となります。しかし、これを皆さん1人1人の“自己責任”に委ねるのでは、その効果に個人差が生じてしまいます。そこで、「4A基礎講座 復習道場」で、中村講師や他の受講生と一緒に、復習のクオリティを司法試験系合格レベルにまで高めましょう!

      2

      中村講師と質疑応答し、解答プロセスを実戦的に再確認!
      “身体に叩き込み”、自分のものとして「完璧」にすべし!

      4A 道場では、「4A 論文解法パターン講義」で扱った問題等で、問題文をどこから読むか、どのような点をどのような方法で着目しながら読むか、その問題文をどこから解いていくのか、どの解法パターンを使うのか、その解法パターンを具体的にどのように使って解くのか、その解答プロセスのどこまでを答案に書くべきか等について、教室参加者1 人1 人と質疑応答していきます。

      3

      他の受験生と本試験合格レベルの復習方法を共有!
      この体感を普段の復習でも再現!自分の弱点を把握し、克服せよ!

      これにより、皆さんが講義を受けた段階では分かった「つもり」になっていたことを正し、他の受講生の質疑応答を聞いて独力では気づけなかった落とし穴を発見することもできます。また、司法試験系の問題を、経験や勘でなんとなく解くのではなく、明確に言語化したプロセスをもって解くことができるようになります。そのプロセスは、司法試験系の半数程度を占める“未知の問題”にも応用でき、合格可能性を限りなく高めることができるのです!

      中村講師からのメッセージ

      中村 充 先生

      中村 充 講師

      「本試験問題を解く」―これが、絶対に間違いない、本試験合格に最も効果的な対策です。 とすると、講義受講後の復習で、制限時間内に、問題文と条文だけから、自力で過去問等を解くことこそが、本試験の合否を分ける本質的に重要な対策となります。しかし、このように具体化した対策でも、何を目的として、どこに重点を置き、どこに着目して、どのくらいの精度までやるか等によって、その効果に個人差が生じることは避けられません。そこで私は考えました。
      「皆さんが普段1 人でがんばっている復習のクオリティを上げられないか?」
      「講義ではなく復習こそ、1 人ではなく皆さんと一緒にやるべきでは?」
      このような発想の転換から生まれたのが、「4A基礎講座 復習道場」です!私と“4段階アルゴリズム(4A)”に基づく対話をしながら過去問等を解いていくプロセスの中で、教室に来られない方も一緒に、本試験合格レベルの復習をやりましょう!!

      ●プロフィール
      開成中高校卒→東京大学法学部卒→現在弁護士。徹底した試験至上主義から辿り着いた絶対的過去問主義に基づき、中学・大学受験、司法試験を突破してきた。その中で培われた受験テクニック・過去問分析手法は他の追随を許さない。司法試験においても、予備試験・法科大学院入試から新旧司法試験に至る全過去問が、頭の中にもデータベース化されている。このデータベースに基づいて、あらゆる法的問題に通用する普遍的な方法論(4A)を完成させた。

      こんな方にオススメ

      1

      司法試験系合格レベルの復習のイメージがわかない方

      2

      一律の講義よりも個別的な、きめ細かい指導をしてほしい方

      3

      1 人で自習・復習が適切にできるか不安な方

      過年度生必見!道場専用コースも!

      過去に4A系の商品を受講されていた方は、お得に「4A基礎講座 復習道場」をご受講いただけます! 詳細はコチラ!!

       

      受講生の声

      今回のように、マイクで自分の意見・考えを述べるので緊張感があり、現場力(迅速な応答力)が高まると強く感じました!

      いつもの講義(4A論文解法パターン講義)を更に丁寧にしたようであり、法的思考の過程を理解しやすかったです。

      他の受講生の問題文の読み方をシェアできたのが有益でした!

      当てられる緊張感もありましたが、質問の際に助け舟を出していただいたので、安心して参加できる雰囲気がありました。

      自分で解く際には、軽く流していたような所も中村先生から理由付けを質問されたことで、プロセスの明確化が大切だと再認識できました。

      中村先生と対話しながら、問題を解くことで、中村先生と自分との思考回路や問題抽出方法などの違いが明確になります。

      実際の質疑応答には参加していなくても、他の受講生がどのように考えているのかということがわかるので、とても参考になりました。

      問題文を読んでいくプロセスから、条文の注目の順番等、順序立てて考えていくことができます。

      今までの形式にはない「参加型」の講義になることで、自分自身で解答せざるをえない状況を作ることができ、表現しづらいプロセスの描写の感覚を磨くことができる点が良かったです。

      4A道場講義イメージ

      2017年10月に実施した「4A実践道場」の模様を収録した動画で、講義イメージをつかんでください。

      講座概要

      4A基礎講座 復習道場

      「4A 基礎講座 復習道場」は、4A 論文解法パターン講義を各自メディア別に受講した後に受講する講義になります。
      4A 論文解法パターン講義で扱った問題等で、問題文をどこから読むか、どのような点をどのような方法で着目しながら読むか、その問題文をどこから解いていくのか、どの解法パターンを使うのか、その解法パターンを具体的にどのように使って解くのか、その解答プロセスのどこまでを答案に書くべきか等について、教室参加者1 人1 人と質疑応答していきます。

      カリキュラム/使用教材/受講の流れ

      憲法

      3回×約3時間

      民法

      5回×約3時間

      刑法

      4回×約3時間

      商法

      3回×約3時間

      民事訴訟法

      3回×約3時間

      刑事訴訟法

      3回×約3時間

      行政法

      3回×約3時間

      使用教材

      4A論文解法パターンテキスト
      4A条解テキスト

      受講方法

      「4A論文解法パターン講義」の後に受講してください!

      1

      「4A論文解法パターン講義」を受講

      個別DVD講座の方は、「4A論文解法パターン講義」を、できる限り日程表通りに受講してください。
      通信メディアの方は、「4A基礎講座 復習道場」で復習する問題(下記参照)を扱う「4A論文解法パターン講義」を受講してください。

      2

      道場で扱う問題をWebで確認

      毎回「4A基礎講座 復習道場」で扱う問題を、受講生専用インターネットサービス「TAC WEB SCHOOL」内の「マイページ」にて公表します。
      ※各回の1週間前までにアップします。

      3

      「4A基礎講座 復習道場」を受講

      上記で扱う問題を確認し、ご自身の使用教材をお手元にご用意した上で「4A基礎講座 復習道場」を受講するようにしてください。

      講義日程

      「4A 基礎講座 復習道場」を受講できる方

      4A予備総合パック/4A基礎講座パック/4A基礎講座/4A論文解法パターン講義◆/テキスト付 4A基礎講座 復習道場

      ※上記対象コースをお申込みの方のみ受講できます。「4A基礎講座 復習道場」のみ単科で受講することはできません。
      ◆「4A 論文解法パターン講義」を単科でお申込みいただいた場合、「4A 論文解法パターン講義」申込科目の「4A 基礎講座 復習道場」のみ受講できます。
      ※「テキスト付 4A基礎講座 復習道場」は、再受講生の方限定のコースです。詳細はコチラ

      受講メディア

      教室講座(渋谷校のみ)

      渋谷校の教室で生講義に出席!
      中村講師が質疑応答形式で直接指導!

      4A論文解法パターン講義で扱った問題について、中村講師と質疑応答しながら、4Aに基づく解法プロセスを自分のものにしていきます!

      観覧だけの出席も可能!

      学習が進んでないが、他の受講生の質疑応答を見てみたい…そんな方は、観覧だけの出席も可能です。「4A基礎講座 復習道場」では、参加者席とは別に、観覧席も設けますので、学習が進み自信が持てない間は、観覧だけの出席も可能としています。詳細は、お申込み後にお渡しする“受講ガイド”にてご確認ください。

      個別DVD講座/Web通信講座/DVD通信講座

      渋谷校で実施した4A道場を収録した講義映像をTAC各校個別DVDもしくはご自宅のWeb講義、DVD講義で受講!

      収録映像には、中村講師と受講生による質疑応答の模様が収録されています。参加者がどのように答えるのか、どのような点でつまづいているのか等が分かり、より学習効果が高まります!

      渋谷校教室にお越しいただける方は、自由に出席可能!

      「4A予備総合パック/4A基礎講座パック/4A基礎講座/4A論文解法パターン講義」をお申込みの方で、「4A論文解法パターン講義」を個別DVD講座・通信メディア(Web通信講座/DVD通信講座)で受講されている方も、「4A基礎講座 復習道場」については教室講座(渋谷校)に自由に出席できます(別途お手続きが必要です)。

      中村講師が4 A 道場の疑問をズバリ解決!

      質疑応答ができる自信はないけど、できれば教室で受講したい…

      観るだけでもOKです!
      教室で質疑応答の様子を“観覧”することもできます!“観覧”中に質疑応答「する」自信(どんどん間違えた方が実力が伸びるので、質疑応答が「できる」必要はありません)がついてきたら、随時質疑応答に“参加”することもできますよ。

      「4A基礎講座 復習道場」を受講するには、どのような学習をすれば良いのですか?

      道場の受講にあたって、何か特別な予習や復習をしていただく必要はありません。
      毎回、道場の実施の前にはTAC WEB SCHOOLの“マイページ”にて、道場で扱う問題を事前に公表しますので、事前に扱う問題を確認の上、該当の「4A論文解法パターン講義」を受講したうえで、「4A基礎講座 復習道場」を受講してください。

      「4A基礎講座 復習道場」を受講することで、自分ひとりで復習するのと比べどのような学習効果の違いを期待できるのでしょうか?

      分かった「つもり」を正します!
      「4A基礎講座 復習道場」を受講することで、分かった「つもり」になっていたことを正し、他の受講生の質疑応答でのミスを聞いて独力では気づけなかった落とし穴を発見することもできます。 また、他の受験生の動向を把握して、無難に多数派の受験生の考え方に乗って合格可能性を高めるという“相対評価の意識”を鍛えることもできます!

      渋谷校に通うことが難しいのですが、通信で受講する意味はあるのですか?

      大いにあります!
      まず、「この質疑に、自分だったらどう答えるか…?」と考えながら受講していただければ、上記3つ目のQ&Aのような学習効果が得られます。いわば“人のふりを見て我がふりを直せ”るのです!

      「4A 基礎講座 復習道場」が受講できるコースはコチラ

      4A基礎講座

      4A基礎講座パック

      4A予備総合パック

      テキスト付 4A基礎講座 復習道場(過年度生限定)