4A条解講義

  • 2019年合格目標

    合格のために必要な知識だけを、条文単位のテキストで網羅的にINPUT!

    「4A論文解法パターン講義」(各科目)で論文式問題を解いた上で、その科目の「4A条解講義」により、本試験の徹底的な分析により厳選した、合格のために必要充分かつ即戦力で使える知識を、論文式試験はもちろん、短答式試験対策にもなるよう、短期間で集中的に「INPUT」していきます。

      • 個別DVD講座

      • Web通信講座

      • DVD通信講座

      4A条解講義の目的

      1

      「4A論文解法パターン講義」で体得した、知識の使い方のイメージを持ったまま、本試験合格に必要な知識を、本試験で使える形で「INPUT」する。

      カリキュラム

      憲法

      4回×約3時間

      民法

      9回×約3時間

      刑法

      4回×約3時間

      商法

      7回×約3時間

      民事訴訟法

      4回×約3時間

      刑事訴訟法

      4回×約3時間

      行政法

      3回×約3時間

      使用教材

      教材一覧

      4A条解テキスト(各科目1冊)

      4A条解講義の使い方

      「4A条解講義」の効用は、

      1

      短答・論文過去問を自力で解くハードルを下げる

      2

      短答・論文過去問等をくり返し解いて 「完璧」にした上で、短答・論文・口述式試験の直前期(1週間前~1か月前くらい)に、知識の総まとめをする

      点にあります。

      ①法的知識ゼロだと、過去問を解こうとしても、問題文に意味不明な言葉が多すぎて、ハードルの高さに心が折れてしまうおそれがあります。そこで、そのような言葉を“見た・聞いたことある”状態にしてハードルを下げるため、全過去問+将来出題可能性ある知識を網羅した「4A条解講義」を聞き流してください。 ただ、「4A条解講義」を受けなくても過去問を自力で“解こうとすること”(正解できなくてもOK)ができるなら、過去問潰しを優先して、勉強時間を短縮することも可能です。
      その場合でも、②の効用は非常に大きいという声を受講生から毎年いただいているので、「4A条解講義」の真価は②にあるといえます。

      講義日程

      Web通信講座

      憲法
      • 配信開始日

        2018/3/16(金)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      民法
      • 配信開始日

        2018/5/15(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      刑法
      • 配信開始日

        2018/7/20(金)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      商法
      • 配信開始日

        2018/9/18(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      民訴法
      • 配信開始日

        2018/10/30(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      刑訴法
      • 配信開始日

        2018/12/11(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      行政法
      • 配信開始日

        2019/1/15(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      教材(講師作成オリジナルレジュメ)は、上記配信開始日にWeb上にアップします。

      講義録の発送はありません。講義録はWeb上でご覧いただけます。

      DVD通信講座

      憲法
      • 配信開始日

        2018/3/7(水)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      民法
      • 配信開始日

        2018/4/17(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      刑法
      • 配信開始日

        2018/7/17(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      商法
      • 配信開始日

        2018/9/11(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      民訴法
      • 配信開始日

        2018/10/23(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      刑訴法
      • 配信開始日

        2018/12/4(火)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      行政法
      • 配信開始日

        2019/1/11(金)

      • 配信期限

        2019/7/31(水)

      講師作成オリジナルレジュメ・講義DVD・講義録をお送りします。

      中村講師が疑問をズバリ解消!
      Q&Aコーナー

      なぜ、「4A条解講義」で使用するテキストは、“条文単位”のテキストなのですか?

      司法試験系は条文を使いこなすことが求められる試験だからです!
      司法試験系は条文の文言“そのもの”を使いこなすことが求められる試験です。ところが、一般的な法学テキストでは、条文の文言そのものが、時には原形を留めないほど変容させられているため、論文本試験で求められる「文言そのものを使う」という訓練がほとんどできません。また、法的知識は、論点・判例・学説を含め、全て条文(の文言そのもの)からの派生物です。これらを網羅的に整理・習得するには、条文の文言そのものが記載された、条文単位のテキストが最適なのです。

      「4A基礎講座」は、論文式試験に対応した講座のように思いますが、短答式試験にも対応しているのでしょうか?

      「4A条解講義」で短答式試験対策も万全!
      4A条解講義(4A条解テキスト)」では、司法試験・予備試験・法科大学院入試の短答式試験で合格点を取るために必要十分な量の知識を講義(掲載)しています。よって、「4A条解講義」を受講し、本試験の短答過去問をくり返しくり返し解いて現場思考訓練も積むことで、合格レベルの力は十分身に付きます。さらに、未知の問題にも対応できる「短答過去問解法分析講義」を受講すれば、より万全な状態で本試験を迎えることができます!

      受講料・お申込み

      (教材費・消費税8%込み)

      インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

      申込方法の説明を見る

      4A条解講義 一括(憲法~行政法)

      個別DVD講座

      ¥126,000

      • 入会金

        ¥10,000

      Web通信講座

      ¥129,000

      • 入会金

        ¥10,000

      DVD通信講座

      ¥143,000

      • 入会金

        ¥10,000

      単科でのお申込みについて(例:4A条解講義 刑法のみ、等)

      詳細はインターネット申し込みサイト「e受付」でご確認ください。

      0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

      上記受講料は、教材費・消費税8%が含まれます。

      当商品は、TAC各校の自習室はご利用いただけません。