司法試験・予備試験は独学で合格できる?合格者の本音は?

司法試験・予備試験 独学

難関試験:司法試験・予備試験に独学合格はできるのか?

お金をかけずに合格を勝ち取る方法、それが「独学」です。
法科大学院に行かず、予備校も利用しないで、予備試験→司法試験と突破することが出来れば理想ですよね。
受験にかかる費用も、受験料と最低限の書籍代で済んでしまいます。
しかしながら、多くの予備校でも言われている通り、完全に独学で合格することはかなり難しく、実際に独学合格された方もほとんどいません。
このページでは、なぜ独学での合格が困難なのか、実際の合格者にもインタビューも踏まえて、「独学による司法試験・予備試験合格が可能なのか」を検証しています。

司法試験・予備試験の独学合格が難しいと言われる理由

①法律の勉強には正確な理解が求められる。

司法試験・予備試験で問われる法律の知識は、単に丸暗記すれば足りるようなものではなく、さまざまな場面で使いこなせるような正確な理解が求められます。そして、いわゆる「基本書」を1回読んだだけでは、なかなかそのレベルに到達することはできません。独学の場合は、繰り返し「基本書」を読み込んでいくことで、身につける必要があります。これはかなり時間がかかります。
この点、予備校であれば合格者講師が、テキストを噛み砕いて正しく説明してくれますので、時間をかけ過ぎずに正確な理解が身に付きます。

基本書とは

その法律について研究している学者の書いた本。
これに対して、試験対策に特化した予備校等の出しているテキスト類を「予備校本」と呼んだりする。
特徴としては、網羅的・体系的に書かれており、比較的初学者でも一人で読み進めやすい。ただし、試験対策上において重要なポイントの記述が薄かったり、逆に不要な箇所の記述が長かったりするなど、初学者が使いこなすのにはやや困難が伴う。

②「論文を書く力」は客観的な評価なしでは向上しづらい!

司法試験・予備試験共に合格するにあたって、最重要なのは論文式試験です。そしてこの論文は、通常の論文とは異なり、「法律的な知識を法律的な作法に則り論述すること」が求められます。また、本試験での評価は相対評価であるため、合格ラインの把握も非常に重要です。
これらの力を、合格者による客観的な評価・指導なしに身につけることは困難です。
この点、予備校であれば、答練には添削サービスが付いており、いつでも合格者による評価を確認することが出来るのです。

③適切な学習スケジュールを自分で考えなくてはならない

司法試験・予備試験における学習範囲は膨大です。これを把握したうえで、本試験までに必要な学習を順序良く進めていくことは初学者にはとても難しいです。独学による受験で失敗してしまう方の多くが、適切な学習スケジュールを組むことができず、やるべきことが終わらないまま本試験を迎えてしまっています。
この点についても、予備校を利用すれば、最初から「合格者の立てた効率的なカリキュラム」に沿って学習を進めていくことが出来ます。また、学習計画を立てるのには意外と時間がかかります。この点においても、予備校を利用することで学習だけに集中することができます!l

④情報収集も全て自分で行わなければならない

司法試験で出題される法律の一部は、毎年のように改正がされたり、関連する新たな重要判例が出たります。独学の場合は、これらの情報収集も自分で行わなければなりません
予備校であれば、最新の情報にアップデートされた教材を使用しますので、それらに気を取られずに(=安心して)学習に集中できます!

独学のメリット

①費用面

なんといってもこれが最大のメリットです。既に述べたように、独学で合格することが出来た場合は、「予備試験受験料」+「司法試験受験料」+「書籍代」以外は不要です。場合によっては、予備校に通った際の10分の1以下の費用で済みます。

②自分のペースで学習できる!

一日のほとんどの時間を学習に充てられるような専念受験生にとっては、予備校のカリキュラムの進捗では遅いと感じるかもしれません。独学であれば、自身のペースでストレスなく、どんどん先に進むことが可能です。

独学は可能?不可能?合格者に聞いてみた

ここからは、合格者講師陣に「独学は可能なのか」「独学の場合はどんなプランで学習するか」を聞いてみました!

①御堂地講師:時間に制限がないなら可能

TAC/Wセミナー講師・弁護士

御堂地 雅人(みどうち まさと)講師

<プロフィール>
TAC/Wセミナー講師・弁護士。早稲田大学教育学部卒。フルタイムで働きながら、3度目の受験で2015年予備試験合格。そして2度目の受験で2017年司法試験合格。現在、大手法律事務所で弁護士業に携わる傍ら、司法試験・予備試験受験生の指導を行っている。法律とは無縁の状態から勉強を始めた経験を武器に,受験生のつまずきを先回りすることを心掛けている。

予備試験に独学合格することは可能だと思いますか?

もしも時間に制限がないのであれば,どなたでも独学での合格は可能だと思います。現在出版されている教科書や問題集は,内容上,予備試験の合格に必要な知識や思考方法をカバーしているからです。ただ,独学合格のためには,それらの書籍に書かれている情報を「予備試験に合格するために適切に吸収して使えるようになる」必要がありますが,それができるようになる早さには個人差があります。膨大な試行錯誤が必要になってしまう方もいれば,そうでない方もいます。その試行錯誤の多くをあらかじめ省略するのが予備校の役割の一つと考えていますが,予備校を利用することなく,短期間の勉強で合格される方も確かにいます。なお,仮に,予備校を利用されるとしても,独学で合格するくらいの心意気は,必要だと思っています。

これから独学で目指す場合、どのようなプランで学習しますか?

時間に制限がある中で,完全独学では勉強の方向性を定めるのに時間がかかりそうで正直怖いです。なので,手前味噌ですが,まず,「基礎エッセンス講義」だけ受講します(笑)。その上で,『逐条テキスト』等の市販の予備校本と判例六法を片手に短答過去問を解いて,ある程度知識を入れます。そして,知っていることが含まれてそうな論文過去問を解いてみて,結局,全く関連条文・判例が思い浮かばなければ知識入れに逆戻りし,多少思い浮かんだ場合はそのまま問題文と解答例の対応関係を分析して理解し,同時に,その問題を利用して知識も固めます。この繰り返しで,自分の実力と合格レベルとの差を縮めることを目指します。全体的に,テキストの読み込みは,過去問で刺激を受けた頭のまま行った方が知識の吸収が良いはずですから,そういうスタイルでやりたいです。なお,一律に勉強していても,どうしても理解できない分野や知識が足りない分野が残りますから,そこは学者の先生の書籍で補うと思います。最近の学者の先生の本は,勉強のつまづきを解消させてくれるものも多いのでそのときの自分の状況に応じて必要な書籍を利用します。

②小堀講師:可能

TAC/Wセミナー講師・弁護士

小堀 信賢(こぼり のぶまさ)講師

<プロフィール>
早稲田大学社会科学部卒業。その後、予備試験を経て司法試験に合格。司法修習を経て、都内の法律事務所で日々依頼者のために奔走する、新進気鋭の若手弁護士。
予備試験経由の新司法試験合格者として、予備試験受験生がつまずきやすいポイントを熟知しており、作問や解説講義に反映するよう意識している。

予備試験に独学合格することは可能だと思いますか?

可能です。
現在では学者や実務家の方々が司法試験・予備試験対策に有用な書籍を多数執筆されているので,それらを用いて学習すれば,独学でも,論文式試験に安定して合格するのに必要な知識・理解を身に付けることができます。 もちろん,市販の予備校本だけを用いて学習して合格することも,できなくはないでしょう。
では予備校を利用する意味はないのか?という疑問が湧くところですが,もちろんそのようなことはありません。
まず,予備校はペースメーカーになってくれます。 初学者の方の多くにとって,予備試験合格を見据えたレベルでの法学の学習は,質・量ともにハードなものと感じられるものです。学習開始当初の熱意がどんどん失われ,1年もたたないうちに学習がストップしてしまうことも珍しくありません。予備校を利用していれば,嫌でもカリキュラムは進みますから,独学と比較すると,ドロップアウトしてしまう可能性は大幅に低くなるでしょう。
次に,予備校は,合格に必要な情報を受験生に代わって集め,分かりやすく変換して提供するという役割を果たします。 学者や実務家の方々が有用な書籍を多数執筆されていると言いましたが,数多ある法学の書籍の中で有用なもの,自分にあったものを探し出すのは容易ではありません。 また,いくら分かりやすいと評判の書籍であっても,そうした評判は合格直前段階の実力者を中心として発信されがちですから,初学者の方がそうした書籍を使いこなせるかという問題もあります。 それに加えて最新判例の情報を集めたり,法改正に対応したりするのは,独学ではかなり困難です。 予備校を利用していれば,予備校側が宣伝する講座を受けるだけで,必要な情報が分かりやすい形で得られることになります。

これから独学で目指す場合、どのようなプランで学習しますか?

この設問における自分がどのような立ち位置なのか想定しにくいところがありますが(笑), 法の内容に関する知識・理解はすべて消去されたが,それ以外の記憶(例:どの基本書が分かりやすかった)はすべて残っているという前提であれば, 学者の方が書かれた基本書及び学者・実務家の手による演習本を用いて知識・理解を身に付け, そののち,過去問演習をして論文の答案作成力を完成させ,3月~5月にかけて短答の過去問を潰し,本試験に臨むといった形になります。

③大西講師:可能だと思うが、オススメしません

大西龍講師

令和元年司法試験合格者 大西龍講師

●プロフィール
専修大学法科大学院既修者コース修了。2019年に2回目の受験で司法試験に合格。 1度目の受験での失敗を反省し、落ちない答案を研究。 受かるために必要な安定した答案を書くノウハウを確立。 2度目の受験ではほぼ全科目で昨年を上回る成績を記録し、見事合格した。

予備試験に独学合格することは可能だと思いますか?

予備試験を独学で合格することができるかできないかで言えば、合格することは可能だと思います。しかし、独学をお勧めするかと聞かれれば,独学はおすすめしません。といいますのも、何ら予備試験のノウハウがない中で勉強していくとなると、どのように勉強していいかわからず迷走する可能性があるからですまたネットで調べて勉強方法を定めたとしても必ずしもそれが正しいと限りませんし、また、自分に合ってるとも限りません。ですから、可能であるといっても,本気で予備試験に合格したいのであれば,予備校等を利用した方がいいでしょう

これから独学で目指す場合、どのようなプランで学習しますか?

私がもし独学で目指すとしたら、予備校の無料ガイダンス等で予備試験の全体像を把握しながら、受験友達等に情報をもらいつつ勉強するかと思います。なぜなら、どれだけの勉強が必要で、どのようなことが問われているか、独学では把握しきれないからです。そのため,周りから情報を集取して、少しでも勉強の方向性を間違えないようにします。後は、基礎を怠らないよう、意義・定義や判例の理解はきちんと示せるように勉強すると思います。

まとめ:不可能ではないが、非常に難しい
(=予備校を利用した方が効率的)

以上から、独学で司法試験・予備試験に合格すること自体は不可能ではないが、その難易度は極めて高く、予備校を利用した方が効率的に学習が進められ、合格の可能性が高まることがお分かりいただけたかと思います。費用面では予備校の受講料がかかってしまいますが、TAC/Wセミナーであれば、他社よりも安価でコースを提供しています。もちろん、科目ごとに講義を販売していますので、独学で進められている方も、最新情報のアップデートのために必要な範囲でご受講いただけます!

[PR]予備試験を目指すならTAC/Wセミナー

TAC/Wセミナーでは、徹底的に予備試験合格にこだわったカリキュラムであなたを合格へ導く入門講座をご用意しています。

TAC/Wセミナーのカリキュラムの最大の特徴は、約220時間という業界最短のINPUT講義です。INPUTに多大な時間をかける基礎講座が主流ですが、TACは、知識のINPUTにかける時間は最小限にし、真に合否を分けるポイントとなる論文指導に重点を置いたカリキュラムとなっています。さらに、どのコースにも個別相談制度があり、学習の疑問や悩みをすぐに解消できるなど万全なサポート体制も備えています!