司法試験予備試験とは?合格率や試験制度まで動画付きで徹底解説!

司法試験予備試験とは

司法試験予備試験とは「司法試験の受験資格を得るための試験」

司法試験予備試験とは、司法試験を受験するにあたって「法科大学院修了程度の知識・能力があるかを判定する試験」です。

予備試験に合格すると、法科大学院を修了していなくとも司法試験の受験資格を得ることができますので、法科大学院に通っていない方やお仕事を続けながら法曹を目指す方にとっての第一関門と言えます。

このページでは、そんな司法試験予備試験の日程や合格率を最新のデータで紹介するとともに、予備試験合格者講師である小堀講師が過年度の司法試験予備試験論文式試験がどんな試験だったか丁寧に解説します!

動画で解説!「5分で分かる!予備試験」

現行の予備試験制度について説明しています。
「予備試験って超エリートが受かる試験でしょ?」
いえいえ、決してそうではありません!

1.受験資格と願書について

受験資格

ありません。どなたでも受験できます。

出願

出願時期は、3月頃。願書は郵送、法務省来庁で交付。
受験料は17,500円。

参考:令和3年出願日程
試験公告:令和2年11月19日(木)
願書交付:令和3年2月15日(月)~3月12日(金)
願書受付:令和3年3月1日(月)~3月12日(金)

2.司法試験予備試験の日程

短答式試験は5月中旬、論文式試験は7月中旬、口述試験は10月下旬に実施されます。

参考:令和3年試験日程

     
試験科目 時間/配点
2021/5/16(日) ・短答式試験 民法/商法/民事訴訟法
・短答式試験 憲法/行政法
・短答式試験 刑法/刑事訴訟法
・短答式試験 一般教養科目
・1時間30分/各30点
・1時間/各30点
・1時間/各30点
・1時間30分/60点
2021/7/10(土) ・論文式試験 憲法/行政法
・論文式試験 刑法/刑事訴訟法
・論文式試験 一般教養科目
・2時間20分/各50点
・2時間20分/各50点
・1時間/50点
2021/7/11(日) ・論文式試験 法律実務基礎科目(民事・刑事)
・論文式試験 民法/商法/民事訴訟法
・3時間/各50点
・3時間30分/各50点
2021/10/23(土)~10/24(日) ・口述試験 法律実務基礎科目(民事・刑事) ・各20~30分/各63点

試験地

短答式試験:札幌市、仙台市、東京都、名古屋市、大阪市、広島市、福岡市
論文式試験:札幌市、東京都、大阪市、福岡市
口述試験:東京都又はその周辺

3.司法試験予備試験の合格率

傾向

合格率は、毎年大体3~4%程度です。受験者は、年々増加傾向にあります。

ポイント解説:どんな方が予備試験を受けているの?

  • 大学生/法科大学院生等…約5,500名
  • 会社員/公務員等・・・約6,100名
  • 無職/その他…約3,700名

ということで、司法試験予備試験は、受験生約15,300名のうち、大別すると学生が36%、社会人が40%の割合で受験している試験ということになります。合格率一桁の難関試験は学生や受験専念の方が多い印象がありますが、司法試験予備試験は、社会人の方でも仕事と両立して無理なく目指せる試験なのです!
※2020年司法試験予備試験受験生データより
※会社員/公務員等には、教職員/法律事務所職員/塾講師/自営業を含みます。

2017年~2020年の合格率データ


                  
受験年度 2020年 2019年 2018年2017年
出願者数 15,318人 14,494人 13,746人 13,178人
短答式試験受験者数 10,608人 11,780人 11,136人 10,743人
短答式試験合格者数 2,529人 2,696人 2,661人 2,299人
短答式試験合格率 23.8% 22.8% 23.8% 21.3%
論文式試験合格者数 464人 494人 459人 469人
論文式試験合格率 19.0% 19.1% 17.9% 21.3%
口述試験合格者数 442人 476人 433人 444人
最終合格率 4.2% 4.0% 3.8% 4.1%

4.短答式試験について

出題科目

  • 憲法
  • 民法
  • 刑法
  • 商法
  • 民訴法
  • 刑訴法
  • 行政法
  • 一般教養科目(人文科学・社会科学・自然科学・英語)

合格基準点

参考:令和3年予備試験
各科目の合計得点が162点以上(270点満点)
※司法試験と異なり科目ごとの足切り点はありません。

短答式試験の問題とポイント

2021年刑法第2問

強盗の罪に関する次の1から5までの各記述を判例の立場に従って検討した場合,正しいものはどれか。

  1. 甲は,銭湯の脱衣場で窃盗をしようと考え,客の財布を手に取って在中する金額を確認中, その様子を目撃した乙から声を掛けられたため,逮捕を免れる目的で,乙に反抗を抑圧するに 足りる程度の暴行を加えて加療約1か月間を要する傷害を負わせた。この場合,甲には,事後 強盗罪及び強盗致傷罪が成立し,両罪は観念的競合となる。
  2. 甲は,電車内で寝ていた乙の財布を盗んで電車を降りたが,乙が目を覚まして追い掛けてき たため,逮捕を免れる目的で,乙に暴行を加えたところ,乙が転倒して重傷を負い,反抗が抑 圧された状態に至った。この場合,甲の暴行の程度を問わず,甲には,強盗致傷罪が成立する。
  3. 甲は,留守宅に侵入して窃盗をしようと考え,金品を物色中に家人が帰ってきたら同人に反 抗を抑圧するに足りる程度の脅迫を加えて逃げる意図でサバイバルナイフを携帯し,住宅街を 徘徊して侵入に適した留守宅を探したが,これを発見できず,侵入を断念した。この場合,甲 には,強盗予備罪が成立する。
  4. 甲は,窃盗の目的で乙宅に侵入し,金品を物色中,乙に発見されたため,この機会に乙に暴 行を加えて金品を奪おうと考え,乙に反抗を抑圧するに足りる程度の暴行を加え,金品を奪っ た。この場合,甲には,事後強盗罪が成立する。
  5. 甲は,乙宅に侵入して財布を盗んだ後,誰にも発見されずに1キロメートル離れた公園へ移 動して財布内の現金を確認した。しかし,甲は,その金額に満足せず再度乙宅で窃盗をしよう と考え,乙宅を出た30分後に乙宅に戻り,その玄関扉を開けようとしたところ,帰宅してい た乙に発見されたため,逮捕を免れる目的で,乙に反抗を抑圧するに足りる程度の暴行を加え た。この場合,甲には,事後強盗罪が成立する。

ポイント

予備試験短答式試験の出題形式は、上の例のような正誤問題が中心です。
しかし、正誤問題には、全ての選択肢の正誤がわからなければ正解できない問題と、一部の選択肢のみ分かれば正解を導ける問題などいくつかの種類があります。

また、中には解答欄の括弧内に入る語句を選択させる問題や、判例や学説からどのような結論が導かれるかを答える論理問題も出題されます。

ポイント解説:予備試験経由合格者講師に聞く短答式試験学習のポイント

予備試験短答式試験学習のポイント

暗記に頼る学習は非効率です

問題文の各記述を単に暗記するのはやめましょう。結論だけ覚えたところで勉強の手を止めてしまうと、条文との繋がりのない知識になってしまうし条文を適用して解答を導く力は身に付きません。ですので関連条文を見付けてそれも押さえる学習が効果的です。漫然と問題に記載されている記述の結論を覚えても法律を適用する練習にはなりません。短答式試験の学習では、記述を覚えるのではなく、記述を利用して、その根拠条文や関連条文を頭に入れるのが良いと思います。

TAC/Wセミナー専任講師・弁護士 御堂地 雅人 講師

[PR]Wセミナーは短答対策もアプリで万全!

予備試験経由合格者講師が監修した「短答必修アプリ」が標準装備

幅広い分野から細かい知識まで出題される短答式試験では、全範囲を網羅的にINPUTする対策は非効率です。
そこで、予備試験合格者が監修した絶対に解けなければいけない問題だけを一問一答形式にした短答アプリを開発しました。TAC/Wセミナーでは、もう分厚い問題集を持ち歩く必要はありません。

5.論文式試験について

法律基本科目

  • 憲法

    表現の自由、職業選択の自由、幸福追求権、平等権等の、憲法上の権利に関する紛争についての出題や、国家の統治機構についての出題がなされます。

  • 民法

    貸した金を返してほしい、損害賠償を請求したい等、私人同士の権利の争いについての出題や、相続や離婚問題の出題がなされます。

  • 刑法

    暴行罪、傷害罪、公務執行妨害罪など、具体的な行為について犯罪が成立するのかしないのかを検討する等の出題がなされます。

  • 商法

    株主総会でミスがあった時どうすべきか、取締役が不祥事を働いたときどうすべきか等についての出題や、企業同士の合併の規律についての出題がなされます。

  • 民事訴訟法

    民法や商法を裁判の手続きに乗せた時、どのような点に気を付けなければいけないか等の出題や、裁判上の和解についてどう考えるか等の出題がなされます。

  • 刑事訴訟法

    警察が捜査をするにあたっての注意点は何か等の出題や、犯罪の成否を裁判で争うときにどのような点に注意すべきか等の出題がなされます。

  • 行政法

    違法建築の撤去処分、公務員の懲戒処分等、行政上の問題点についての出題や、国家賠償や損失補償についての出題がなされます。

予備試験特有の科目

  • 法律実務基礎科目(民事・刑事)

    民事は、裁判になったときに、どのような訴状を書くべきか等の出題や、証拠として出てきた書面が証拠として使えるのかどうなのかの判断をさせる等の出題がなされます。
    次に、刑事は、犯人と被疑者が本当に同一人物なのかどうかを客観的証拠から判断する等の出題や、公判前整理手続で何をすべきか等の出題がなされます。

  • 一般教養科目※2021年まで

    経済学者の文章や社会学者の文章などを読み、その意味するところを簡潔に要約させる等の出題や、課題を与えられ、自分の立場を明確にして文章を書く等の出題がなされます。

合格基準点

参考:令和2年予備試験
各科目の合計得点が230点以上
※司法試験と異なり科目ごとの足切り点はありません。

論文式試験の問題とポイント



2020年憲法より ↓↓(開く)

 報道機関による取材活動については,一般にその公共性が認められているものの,取材対象者の私生活の平穏の確保の観点から問題があるとされ,とりわけ,特定の事件・事象に際し取材活動が過熱・集中するいわゆるメディア・スクラムについて,何らかの対策がとられる必要があると指摘されてきた。中でも,取材活動の対象が,犯罪被害者及びその家族等となる場合,それらの者については,何の落ち度もなく,悲嘆の極みというべき状況にあることも多いことから,報道機関に対して批判が向けられてきた。
 そのような状況の下で,犯罪被害者及びその家族等の保護を目的として,これらの者に対する取材活動を制限する立法が行われることとなった。
 具体的には,まず,「犯罪及びこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす行為」を「犯罪等」とし,「犯罪等により害を被った者及びその家族又は遺族」を「犯罪被害者等」とした上で,報道を業とする者(個人を含む。以下「報道関係者」という。)の取材活動について,犯罪被害者等に対して取材及び取材目的での接触(自宅・勤務先等への訪問,電話,ファックス,メール,手紙,外出時の接近等)を行うこと(以下「取材等」という。)を禁止する。ただし,当該犯罪被害者等の同意がある場合はこの限りでない(この同意は,報道関係者一般に対するものでも,特定の報道関係者に対するものでもあり得る。)。なお,捜査機関は,捜査に当たる場合には,犯罪被害者等が取材等に同意するか否かについて確認し,報道関係者から問合せがあった場合には回答するものとするほか,犯罪被害者等が希望する場合には,その一部又は全員が取材等に同意しないことを記者会見等で公表することもできる。
 次に,以上の取材等の禁止(犯罪被害者等の同意がある場合を除く。)に違反する報道関係者があった場合,捜査機関が所在する都道府県の公安委員会は,当該報道関係者に対して,行政手続法等の定めるところに従い憲法上適正な手続を履践した上で,取材等中止命令を発することができる。この命令に違反した者は処罰される。したがって,犯罪被害者等へ取材等を行うことは,犯罪被害者等の同意がある場合を除き禁止されるが,直ちに処罰されるわけではなく,処罰されるのは取材等中止命令が発出されているにもかかわらず,取材等を行った場合であるということになる。
 なお,犯罪被害者等は,取材等中止命令の解除を申し出ることができ,その場合,当該命令は速やかに解除される。また,上述のとおり,犯罪被害者等の同意がある場合は,取材等の禁止は適用されない。
 以上のような立法による取材活動の制限について,その憲法適合性を論じなさい。

ポイント

予備試験の論文式試験は、A4用紙1枚から長いと数ページにわたる事例(具体的にどのような事件が起きたかが書いてあります)を読み、その上で、設問に答えていく問題が出題されます。短答式試験よりも、よりその場で問題を考え解決策を導く論理的思考力や現場思考力が問われる試験となっています。

過年度の予備試験論文式試験「憲法」を動画で解説!

予備試験経由合格者講師の小堀講師が「予備試験論文式試験 憲法」について、再現答案を踏まえながら解説します。
※民法と刑法の解説動画は当ページ下部で公開しています。

6.口述試験について

出題科目

・法律実務基礎科目(民事)
・法律実務基礎科目(刑事)
※民事・刑事とも20~30分程度の時間内に一定の事例を発問され、口頭で答えていく方式です。
 

合格基準点

参考:令和2年予備試験
各科目の合計得点が119点以上

7.過年度の予備試験を予備試験合格者講師である
小堀講師が動画で徹底解説!

予備試験解説セミナー 民法(約80分)

答案作成のスペシャリストである小堀講師が「予備試験 民法」について、再現答案を踏まえながら解説します。

予備試験解説セミナー 刑法(約80分)

答案作成のスペシャリストである小堀講師が「予備試験 刑法」について、再現答案を踏まえながら解説します。



過去問のダウンロードはコチラ

法律科目の過去問はすべてコチラのページに掲載しています。皆様の学習にお役立てください。

[PR]予備試験を目指すならTAC/Wセミナー

TAC/Wセミナーでは、予備試験合格者講師による予備試験対策講座を開講しています。

実際に予備試験を突破して司法試験に合格した講師だからこそ作り上げることができる徹底的に予備試験合格にこだわったカリキュラムが、あなたを予備試験短期合格へ導きます!

また、どのコースも個別相談制度があり、学習の疑問や悩みをすぐに解消できるなど万全なサポート体制を備えています!



司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談