法曹×国家公務員入門講座

  • 2021年合格目標

    大学1年生からかしこく準備!法曹と国家公務員Wサポート!

    法曹と国家公務員(総合職試験)を両にらみで準備できる入門講座がついに誕生!両試験で共通する科目を、公務員試験にも精通した現役弁護士がコンパクトな回数で講義します。司法試験と国家公務員総合職試験で多くの合格者を輩出しているWセミナーだからできる入門講座です。

    • 回数

      全26回

    • ビデオブース講座

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    法曹も公務員も両にらみ

    大学1年生からかしこく準備できる法曹×国家公務員入門講座がついに誕生!

    法曹と国家公務員。どちらかに進みたいけど、まだ決められない…。そんな方にピッタリの講座が誕生しました!

    法曹になるための国家試験「司法試験」と国家公務員「総合職試験(法律職)」「一般職試験」は、どちらも法律の専門家としての能力を図る試験であるため、共通する科目が数多くあります。

    そこで、TAC/Wセミナーは、大学2年次以降、法曹と国家公務員どちらの進路を選択しても無駄にならないよう、両者の試験で共通する法律知識を効率よく身に付けることができる「法曹×公務員入門講座」をご用意しました!

    司法試験と国家公務員総合職試験で多くの合格者を輩出している総合資格スクールのTAC/Wセミナーだからこそできる入門講座です。

    そもそも法曹って?

    法曹とは、法曹三者(弁護士・検察官・裁判官)を指し、法律の精神を守り人権を守ることを社会的使命とする法律のプロフェッショナルです。司法試験に合格すると、法曹三者(裁判官・検察官・弁護士)になる資格が与えられ、実際にどの職業に就くかは司法修習時での特性、本人の希望等で決まります。

    司法試験試験制度の全体像

    司法試験予備試験とは

    司法試験予備試験とは、司法試験を受験するにあたって「法科大学院修了程度の知識・能力があるかを判定する試験」です。
    予備試験に合格すると、法科大学院を修了していなくとも司法試験の受験資格を得ることができますので、法科大学院に通っていない方やお仕事を続けながら法曹を目指す方にとっての第一関門と言えます。



    そもそも国家公務員って?

    1府12省庁・税務署・ハローワーク・裁判所・国会などの国家機関に勤務し、各機関が管轄する分野のスペシャリストとして活躍します。国家単位のスケールの大きな仕事に携われることが魅力です。国家公務員にも様々な種類がありますが、特に1府12省庁で働く職員は、いわゆる官僚・キャリアと呼ばれる「国家総合職」と総合職をサポートする「国家一般職」に大別されます。

    このコースの特徴

    こんな方にオススメのコースです!

    • 法曹か国家公務員かまだ進路を決めかねている大学生
    • 将来の選択肢として法律を生かした仕事につきたいと考えている大学生

    1

    約80時間(26回)の講義が16,000円で受講できる!

    司法試験と国家公務員試験で共通する法律科目と数的処理系科目について、約80時間の講義と教材が16,000円という低価格で受講できます。

    2

    ただの入門講義ではない!本試験過去問を解けるレベルまで指導!

    他校でよくある法律科目のさわりだけ講義をする入門講義ではありません。教材として両試験の本試験過去問を配付しますので、過去問を解けるレベルまで指導します!

    3

    講師は公務員試験にも精通する現役弁護士!

    講師は、Wセミナーで司法試験と国家公務員講座を長年指導する辻本講師。国家公務員試験を知り尽くした現役弁護士の講義を低価格で提供します!

    担当講師

    樋笠 尭士講師

    辻本 浩三 講師

    ●プロフィール
     一橋大学法科大学院修了。映画・演劇評論等の著述業を経て、大手大学受験予備校で長年にわたり現代文・小論文講師を担当。受験関係の著書多数。40代から法律の勉強をゼロから始め、受験指導で培ったノウハウを活かし、法科大学院既修者入試、新司法試験を突破した。TAC/Wセミナーでは、司法試験講座と国家公務員総合職試験の講師として、多くの受験生を合格に導いている。

    法曹と国家公務員Wサポートのメリットとは…
    司法試験と国家公務員総合職試験を知り尽くした辻本講師からのメッセージ

    司法試験に合格すれば弁護士・検察官・裁判官という法律実務家、国家総合職に合格すればキャリア官僚として国を動かすという仕事に就く道が開けます。そのため、どちらも最難関の試験に位置づけられます。
    細かい知識や複雑な理論の理解が求められるので、法学部に通っている人でも、漫然と講義を聞いているだけでは合格できません。1日でも早く、試験対策としての法律学習を始めることが求められます。
    この講座は、よくある入門講座のように、初歩的な法律知識だけを教えるものではありません。入門の段階から、難関試験合格を見据え、勉強法を確立させるための講座です。
    勉強法を間違えるとどんなに時間を使っても、法律の問題は解けるようにならないのです。そこで、この講座では制度・理論の整理の仕方、暗記法、問題の解き方をお伝えします。この勉強法を続ければ、合格できるという実感を持っていただきたいと思っています。

    まずはガイダンス!

    公務員試験を知り尽くした現役弁護士である辻本講師による法曹×国家公務員入門講座のガイダンスです。司法試験や国家公務員試験の試験制度全体像から具体的な勉強方法まで、担当講師自ら語り尽くします!(約45分)

    カリキュラム

    講義回数・使用教材

    講義回数

    憲法…全4回 民法…全8回 刑法…全5回 行政法…全4回
    数的処理(判断推理)…全5回
    ※講義時間は1回約3時間です。

    使用教材

    憲法・民法・刑法・行政法…講師作成オリジナルレジュメ
    数的処理(判断推理)…オリジナルテキスト(講義ノート)等
    ※教材費は受講料に含まれます。

    学習モデルプラン

    大学1年生から始める場合、1年次は法曹×国家公務員入門講座を受講して、2年次以降、司法試験予備試験対策講座か国家公務員(総合職or一般職)受験対策講座を受講する、という流れになります。司法試験予備試験、国家公務員試験ともに、最短で大学3年次に本試験を受験することができます。

    法曹入門講座学習モデルプラン

    POINT1 法曹×公務員入門講座受講生は 2年目以降の受講料がお得に!

    法曹×公務員入門講座を受講した後、司法試験予備試験対策講座または国家公務員総合職対策講座を受講される方は、それぞれ受講料から15%の割引を受けることができます!

    POINT2 将来の進路変更もお得に対応!

    2年目以降、法曹・国家公務員総合職各ルートに 進んだ後の進路変更も安心! 司法⇒国総は50%、 国総⇒司法は20%の割引が受けられるため、安心 して学習を進めることができます。

    参考:2年目以降の受講料

    <法曹ルート>
    超速シリーズ:超速逐条予備総合パック…546,000円(予定)
    ハイブリッドシリーズ:ハイブリッド予備フルパックS…550,000円(予定)
    <国家公務員(総合職)ルート>
    法律本科生…540,000円(予定)

    受講方法・講義日程

    受講方法は3種類!大学から近い駅チカTAC各校のビデオブースで受講するか、インターネットやDVDを使ってご自宅で学習するかを選んでいただけます。

    ビデオブース講座

    大学からも通いやすい駅チカ校舎のビデオブースで講義を視聴! スケジュールも自由に設定できる!

    <ビデオブース開講校舎>
    水道橋校/池袋校/渋谷校/早稲田校/立川校/町田校/横浜校/日吉校/大宮 校/津田沼校/名古屋校/京都校/梅田校/なんば校/神戸校

    ※各校の地図など詳細はコチラでご確認ください。
    ※ビデオブースはお好きな時間を事前にご予約いただきご利用いただけます。受講システムはコチラでご確認ください。

    Web通信講座/DVD通信講座

    講義を収録した動画やDVDで、自宅・外出先でも自由に学習できる!

    ビデオブース講座とWeb通信講座は音声DLフォロー標準装備!

    音声DLフォローとは、講義の音声ファイル(AAC形式)や講義録ファイル(PDF形 式)をインターネットから無料でダウンロードできるフォロー制度です。 スマートフォンやタブレット端末でいつでもどこでも直接講義音声を再生できるの で、スキマ時間での学習にピッタリです!

    無料で教室のライブ講義に出席できる公開講義をTAC早稲田校で開講!

    法律系科目の初回講義に限り、TAC早稲田校で辻本講師によるライブ公開 講義を実施します。お申込みいただいている受講メディアを問わずどなたで も参加できますので、通信メディアで勉強している方でも気兼ねなく講師に 質問や相談ができます。
    また、お申込み前の方も参加できますので、どんな講義かな? 講義について いけるかな? といった不安をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

    TAC早稲田校公開講義日程
    • 憲法

      2020/9/30(水)

    • 行政法

      10/28(水)

    • 刑法

      6/16(火)・11/18(水)

    • 民法

      7/9(木)・12/16(水)

    時間は全て18:30 ~ 21:30です。

    どの科目からでも、何回でもご参加いただけます。

    お申込み前の方、既にお申込み済の方(全受講メディア対象)問わずどなたでも予約不要でご参加いただけます。

    講義受講日程

    ビデオブース/Web通信講座:視聴・配信開始日
    • 憲法

      2020/4/15(水)~

    • 行政法

      5/29(金)~

    • 刑法

      6/16(火)~

    • 民法

      7/9(木)~

    • 数的処理(判断推理)

      7/22(水)~

    視聴・配信期限は2021/3/31(水)までとなります。

    DVD通信講座:教材発送日
    • 憲法

      2020/4/13(月)~

    • 行政法

      5/27(水)~

    • 刑法

      6/15(月)~

    • 民法

      7/7(火)~

    • 数的処理(判断推理)

      7/20(月)~

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税10%込み)

    • 通信講座

    • 通学講座

    インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    ビデオブース講座

    ¥16,000

    当商品は入会金(¥10,000・8%10%税込)は不要です。

    受講料には、教材費・消費税8%10%が含まれています。

    当講座はフォロー制度(質問制度、i-support等)はございません。また、当講座のみの受講ではTAC各校の自習室はご利用いただけません。予めご了承ください。

    Web通信講座をお申込みの方は、事前にご受講されるパソコンから動作環境の確認をお願いします。