現役官僚インタビュー 国土交通省

100年後の「この国の姿」をカタチにする仕事

杉内 香織さん
Profile

杉内 香織さん

Kaori Sugiuchi 大臣官房人事課 課長補佐

入省後の略歴と職務内容

・2012年   土地・建設産業局不動産業課
                 不動産市場の活性化・不動産取引の安全を守るための企画・法制を担当
・2013年   住宅局住宅企画官付
                 国民の住環境を確保し住宅市場を活性化するための税制を担当
・2014年   観光庁総務課法規係長
                 観光立国の実現に向けた急増するインバウンド需要への対応など観光政策の企画・法制を担当
・2016年   都市局市街地建築課市街地整備制度調査室法規係長
                 市街地を整備するための都市再開発制度などの企画・法制を担当
・2017年   都市局まちづくり推進課企画係長
                 都市の競争力強化などまちづくり政策の企画・法制を担当
・2018年   内閣官房東京オリンピック・パラリンピック競技大会推進本部事務局局員
                 2020年東京オリパラの成功のための政府全体とりまとめなどを担当
・2019年   大臣官房人事課長補佐
                 採用・働きやすい職場づくりなどを担当

Q1 国家総合職(入省先)を志した理由を教えてください。

 私自身が地方都市出身で大学進学をきっかけに上京したことや、祖父母が限界集落に近い山間部に居住しているといった自らの経験から、日本社会で地域間に優劣がついているのではないかという問題意識を抱き、この問題を解決する立場として国家公務員を選びました。 その中で、国土交通省は、交通ネットワーク形成やまちづくり、インフラ整備などを通じて、「人」や「地域」を結び、人・物・時代の流れを生み出すことにより、生活基盤を支え、かつ、地域の活性化もできる場所だと考え、入省を志しました。

Q2 今まで経験されたお仕事で、最も心に残っていることはなんですか?

 都市局という部署で、都市の国際競争力の強化のために必要な政策の企画・立案を担当したことです。具体的には、都心部における非効率な空間利用を是正するため、都市再生特別措置法を改正し、デベロッパーなどの民間事業者からの意見を都市計画に反映しやすくするなどの制度設計を行いました。デベロッパーや自治体の方々との度重なるヒアリングや折衝を経ながら、現場でどういった問題が生じていて、どういった解決方法が適切なのかを考え、実際にアウトプットとしてどう実現していくのかという一連の政策立案の流れに携わることができた貴重な経験でした。

Q3 これから取り組みたいお仕事はどんなことですか?

 人口減少・少子高齢社会の中で、「まち」を持続させ、かつ、よりよいものとしていく仕事をしたいと考えています。自動運転やMaaSなど新たな交通のあり方を取り込みながら、より効率的かつ最適な交通ネットワークや都市計画をつくりあげ、それぞれの地域に応じた暮らしやすいまちづくりを実現するための政策に携わりたいです。

Q4 キャリアをめざす受験生へ熱いメッセージをお願いします。

 国家公務員は、100年後のこの国の姿に真正面から向き合う職業です。特に国土交通省は現場に直結する省庁であり、あらゆる人の日々の生活に直結する業務であるが故に、すぐには答えが出なかったり、答えが一つではなく、悩み抜きながら業務に当たることもしばしばです。決して簡単な仕事ではありませんが、だからこそ、熱意を持って粘り強く業務に取り組む人材を求めています。 一度しかない人生ですので、受験生の皆さんには、官民様々な就職活動を行い、納得のいく進路を見つけていただきたいと思いますが、その中でも国家公務員、さらには国土交通省の一員としての将来を選んでもらえればとても心強く感じます。

公務員試験(国家総合職)の第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

公務員試験(国家総合職)講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談