Wセミナー 司法書士講座

オートマチック・ネクスト

常識を打ち破る、次の合格法が誕生!

わかりやすさ×面倒見=続けられる!
司法書士試験の合格に一番必要なものは何か?その答えは「合格するまで学習を続けること」ではないでしょうか。オートマチック・ネクストは、「わかりやすい」と絶大な支持を集める『山本浩司のオートマシステム』シリーズを携えて、Wセミナー自慢の「面倒見主義」の講師陣が講義をお届けします。学習上の疑問や不安はどうぞ講師にぶつけてください。きっと解決策が見つかります。わかりやすいテキストと頼りになる講師陣を兼ね備えた「オートマチック・ネクスト」で合格までの道のりを今歩み始めましょう!2018年合格目標より、さらに続けやすいコースへリニューアルしております!
目次
01 合格の秘訣は続けること!続けるための方法、それがオートマチック・ネクスト
02 担当講師紹介
03 合格者紹介・合格体験記
04 オートマチック・ネクスト初学者向けコースのご紹介
05 学習メディア・フォロー制度

合格の秘訣は続けること!続けるための方法、それがオートマチック・ネクスト

  • 「面倒見の良さ」と「細かな目標設定」

続けられる「講師」&「カリキュラム」

Point 1
講師は合格サポーター
指導力と面倒見の良さを兼ね備えた講師陣!

オートマチック・ネクストでは、高い指導力を備えていることは当然として、受験生への面倒見の良さに定評のある講師陣を揃えています。学習を進めていけば、疑問や不安はどうしても生じてしまうもの。そんな時は、どんな些細なことでも講師にご相談ください。講師として、司法書士受験生の先輩として、合格までを全力でサポートいたします。合格サポーターである講師と2人3脚で合格を目指しましょう!

凄腕講師陣によるライブ講義
Point 2
講義ごと、科目ごとに進捗を計る
細かな目標設定がされたカリキュラム

強い気持ちで学習を始めても、成果が実感できなければ、なかなか維持はしづらいもの。そこで、オートマチック・ネクストでは、「新・出るトコ一問一答+要点整理」を復習用問題集を用意。講義進度と完全連動していて、講義で学習したことが身についているかを随時確認いただけます。また、科目の区切れに合わせて、「到達度テスト」を実施します。これにより、科目全体の学習の進捗が分かり、復習の計画作成をサポートします。さらに2018年合格目標からは「Webホームルーム」を実施し、時期に合わせた学習方法やモチベーションの維持方法など、学習以外についての情報提供も万全です!

Point 3
講義だけが学習ではない
手厚いフォロー制度

教室講座終了後の「講義後カウンセリング」、電話やメールで質問できる「質問制度」、欠席フォローや復習が楽々できる「Webフォロー・音声DLフォロー」と学習を継続するための手厚いフォローを用意しています。

米田 圭佑さん

米田 圭佑さん

合格者の声~この講師が良かった~
2014年度司法書士試験 一発合格者

土屋講師は司法書士として実務もされているからなのか実務の実際の運用方法を交えて分かり易い言葉で講義してくださり、理解の手助けになりました。

森本 琢斗さん

森本 琢斗さん

合格者の声~この講師が良かった~
2015年度司法書士試験 合格者

西垣先生の講義は試験に出やすい重要な論点と出そうにない論点をしっかり区別して話してくれたため、復習の際もメリハリをつけて勉強することができました。

  • わかりやすさで絶大なる支持を集める

山本浩司のオートマシステムシリーズだから続けられる!

Point 1
市販書籍市場での支持が証明する
「山本浩司のオートマシステムシリーズ」がメイン教材!

「山本浩司のオートマシステムシリーズ」は人気・実力を兼ね備えた山本浩司講師の書き下ろしテキストです。生き馬の目を抜く早さで移り変わる大手ネット書店での司法書士試験関連書籍ランキングでも、常に上位に位置し続けています。評価が厳しい市販書籍市場で鍛え上げられ、名実ともに抜きん出た存在の受験本をメインテキストとして使用し、講義を実施します。

山本浩司のオートマシステムシリーズ
Point 2
すいすい読める!▶すいすい分かる!
自然に覚えられるから、使える知識になる!

独特な法律のコトバを、いったん身近な用語に置き換え、法律初学者にもイメージしやすく解説し、著述が進むごとに本来の正確な定義に至るような工夫がされています。これによって、あいまいになりがちな全体像をしっかりと理解しながら学習することができます。だから暗記を極小化!自然と理解し、そして記憶でき、自然と合格できる実力を身につけることができます。

Point 3
「インプット」と「アウトプット」を一体化した
効率的な学習体系で、短期合格を目指せる!

講義(インプット)の段階で過去問を解く(アウトプット)ことで、インプットの段階からどこが本試験において重要な論点なのかという本試験での「急所」が早期にわかり、効率的に学習することができるようになるため、合格レベルまで達する時間を短縮することができます。

中野 知樹さん

中野 知樹さん

合格者の声~テキストが良かった~
2014年度司法書士試験 一発合格者

山本先生のテキストを書店で手にとり目を通したときに何て分かりやすくて丁寧なテキストなんだろうと思い、Wセミナーでの受講を決めました。

佐藤 亜希さん

佐藤 亜希さん

合格者の声~テキストが良かった~
2013年度司法書士試験 一発合格者

「山本浩司のオートマシステム」は初学者でも理解しやすかったので、最初から拒否反応を起こさずに勉強を始められました。インプット教材としては他に何も使いませんでした。

  • いつでも、どこでも、何度でも!

 急な欠席も安心に「Webフォロー・音声DLフォロー」を標準装備!

パソコン上でネット配信される講義映像を視聴できる「Webフォロー」、講義音声をダウンロードして講義が聴ける「音声DLフォロー」を標準装備としてご利用いただけます。このフォローを利用すればいつでもどこでも学習できるので、忙しい方や隙間時間を利用して学習したい方にも安心です。毎日、継続して学習することは合格のためにとても大切です。学習を継続できる環境をWセミナーはご提供いたします。

※DVD通信講座をお申込みされた方は「Webフォロー」はご利用いただけません。

いつでも、どこでも、何度でも!豊富な「Webフォロー・音声DLフォロー」を標準装備!
  • 「質問のしやすさ」もスクール選びの重要な基準の1つです!

直接でも、メールでも万全の4つの「質問体制

学習を始めるにあたって、質問体制は学校選択の大切な要件となります。TAC Wセミナー司法書士講座では、質問メール、質問電話、質問カード、質問・学習相談コーナーの4つの質問体制をご提供しています。また、教室講座やスクーリングをご利用いただき、教室で講師に質問することもできます。質問には講師や合格者が丁寧にお答えいたしますので安心して学習いただけます。

「質問のしやすさ」もスクール選びの重要な基準の1つです!万全の「質問体制」!
  • 受講生をバックアップ!

充実した「フォロー制度」!

「Web・音声DLフォロー」、「質問体制」の他にも、Web通信ご受講の方が教室に参加できる「スクーリング」など様々なフォロー制度で受講生をバックアップしています。合格するために一番重要なこと、それは「学習を続けること」、「最後まであきらめないこと」。ゴールまで受講生があきらめずに学習を継続していける環境をWセミナーは第一に考えています。

受講生をバックアップ!充実した「フォロー制度」!

担当講師紹介

オートマチック・ネクストを知る!

Webでオートマチック・ネクスト担当の各講師の動画を見ることができます!

オートマチック・ネクスト 担当講師一覧

「理解→知識の定着→実践」、
独自の哲学「サイクル学習法」で合格へ!

「合格」だけを常に考える理論派講師!短期合格のための熱い講義を展開!
木村一典講師
木村一典(きむらかずのり)講師

[Wセミナー専任講師]

平成11年度司法書士試験合格。大学講師の経験を基に、Wセミナーで講師就任後から何人もの合格者を輩出し続けている、人気・実力とも兼ね備えた講師。初学者から上級者まで、受講生の立場に合わせたわかりやすい講義は人気が高く、徹底した過去問分析のもと、最新傾向まで視野に入れた講義を実施。

講師からメッセージ動画はこちら

講師からのMESSAGE

合格を果たすための第一歩は、法律を「面白い!」と感じることです。条文には各々趣旨があり、いくつもの条文が有機的につながっています。その仕組みを理解することにより容易に知識を定着させることができるのです。カリキュラムは繰り返しを意識して作られており、また講義においても「忘れた頃にもう一度」を実践し、皆さんの忘却に歯止めをかけます。そして、さらに合格の決め手になるのが、早い段階でアウトプットを意識することです。早期に過去問を意識することにより質の高いインプットが可能となるのです。「理解する」⇒「知識を定着させる」⇒「実践する」という過程を繰り返す「サイクル学習法」が皆さんを無理なく効率良く合格に導きます。

自分の経験と「オートマ」の特徴を
最大限に活かして受講生の実力をアップ!

栗原庸介写真
栗原庸介講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

平成25年度司法書士試験に合格。司法書士法人勤務を経た後、司法書士事務所を開業し講師も始める。司法書士になる前は学習塾講師等を務めており、人生の半分以上を教育業界に捧げてきた。そこで培われた情熱と指導力で熱い講義を展開する。

実務・試験の
双方に直結する思考法を伝授!

小林謙太郎講師写真
小林謙太郎講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

平成19年度司法書士試験に合格。司法書士事務所で登記実務を中心に経験を積み、平成22年独立開業。同年、土地家屋調査士試験にも合格。登記・裁判の両面にわたり活躍中。豊富な知識をもとに、実務・試験の双方に直結する思考法を教えます。

講師からメッセージ動画はこちら

社会経験豊富な実力派講師!
働きながら合格した経験を基盤に、双方向的な指導を重視

今健一講師写真
今健一講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

4回の転職を経験しつつ、働きながら平成11年の司法書士試験に合格。一般企業の営業職で培った社会経験を活かし営業活動を積み重ね、東京国分寺市に合同事務所を開設。 講義では、一方通行な講義にならないよう受講生一人一人に目を配った指導を行っている

講師からメッセージ動画はこちら

“効率的学習、初学者にやさしく”が鉄則!

土屋武大講師写真
土屋武大講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

大学2年の10月から学習をスタートし、平成14年、大学4年在学中に司法書士試験合格。大学卒業後は司法書士事務所に勤務し経験を積み、平成17年司法書士登録後、合同事務所を開設。 若手ながらしっかり下積みを経験しているため、実務経験は豊富。一度その講義に接すれば、その明解・軽快な語り口に引き込まれる。

講師からメッセージ動画はこちら

基本を大切にしたわかりやすい講義で
初学者を合格へと導く!

西垣哲也講師写真
西垣哲也講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

基本を大切にした講義を重視。試験に必要な知識や過去問の取り組み方など、いかにわかりやすい講義を提供できるかを常に考えた講義を実施。

講師からメッセージ動画はこちら

プロ野球選手から司法書士へと華麗に転身! エネルギッシュな熱い講義で短期合格へと導く!

桧山泰浩講師写真
桧山泰浩講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

高校時代、甲子園の選抜高校野球に出場。その後ドラフト1位指名され、プロ野球選手として活躍した経歴をもつ。引退後、司法書士試験に合格し、現在は実務家としても活躍している。講義はエネルギッシュかつ幅広い知識で、受講生からの信頼も厚い人気講師。

講師からメッセージ動画はこちら

司法書士事務所経営の実務家が、面倒見主義で徹底指導致します。基礎から合格レベルまで、法律学習を楽しみながら合格のノウハウをお教えします。

水澤大輔講師写真
水澤大輔講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

金融機関を退職後、平成19年度司法書士試験に合格。実務経験のないまま即座に司法書士事務所を開業し、同時に講師も始め、暗記ではない、理由付けの知識を理解させるメリハリのある講義で人気講師となる。以後、今日まで実務と講師の両面で活躍している。近年は行政書士事務所も開業し、綜合事務所を経営している。

講師からメッセージ動画はこちら

端正な講義スタイル。そして、例示は豊富で具体的。

吉田修三講師写真
吉田修三講師

[Wセミナー専任講師]

行政書士試験合格後、司法書士試験合格、簡裁訴訟代理等能力認定考査認定。難関の司法書士試験で回り道しない勉強方法を指導。楽しい講義が評判の人気講師。

講師からメッセージ動画はこちら

「合格」だけを常に考える理論派講師! 短期合格のための熱い講義を展開!

片口翔太講師写真
片口翔太講師

[司法書士・Wセミナー専任講師]

平成20年司法書士試験に合格。株式会社起業後、司法書士に転向。全くの初学者から1年で合格した実績をもつ。初学者にわかりやすく理解させる講義を徹底して実施。現在は実務家(勤務司法書士)としても活躍中。

講師からメッセージ動画はこちら
>>各担当講師のメッセージや、担当校舎の詳細はこちら
TAC動画チャンネルでも好評配信中!
ライブイベント
Web配信イベント

合格者紹介・合格体験記

Wセミナー入門コース出身者平成26年度司法書士試験合格体験記

※当ページ掲載の合格体験記は、「オートマチック・ネクスト」担当講師陣の2015年(平成27年)合格目標コース「スタンダード」の内容になります。

原 一花さん

平成27年度 司法書士試験合格

原 一花さん

受講講座
1.5年総合本科生プラス
総学習時間
2,500~3,000時間
本試験での得点
【午前の部】択一式 32問/35問
【午後の部】択一式 28問/35問
記述式(不動産登記法)26.0点/35点
記述式(商業登記法)16.0点/35点

どうせやるなら1年で一発合格を!片口講師の講義で本質的な理解ができました!

私が初めて、法律を学ぶきっかけになったのは法律系資格の登竜門と言われている宅建からでした。
そこで、法律の分野を勉強する事が意外にも自分に得意だと気づき、この際ならもっといろんな幅で広く活動できる資格を目指そうと思い、司法書士の受験を目指すことにしました。
どうせやるなら1年で一発合格を、と自分の中ではっきりとした期間を決めての挑戦でした。
初めの半年は不動産会社に、この資格を目指すことを伝え、週に2回のアルバイトで働かせていただき、年が明けてからは会社を辞めて、一日中勉強に専念していました。
数ある受験指導校からWセミナーを選んだきっかけは元々、宅建受験の時にTACを利用していたことと、知り合いの司法書士受験生、司法書士の方々がWセミナーを利用していることが多かったからです。
インターネットなどに司法書士の受験にはおよそ3,000時間の学習時間が必要ということが載っていたので、アルバイトがない日は8時間、アルバイトがある日はお昼休みやアルバイト終了後に自習室に行くなどして6時間は勉強していました。
年明けからは、司法書士の先生に作っていただいたスケジュールを毎日ローテションでこなして一日10時間から12時間を目安に、ひたすら反復して勉強していました。この時期には、人間の脳は起きてから3時間後にしっかり働きだすと聞いたので、毎朝6時には起きていました。そして、今でもなかなかその癖が抜けなくて6時になると自然に目が覚めてしまう体のままです。今考えるとあの頃の私はある意味、受験に対して本当に病的だったと思います(笑)。
私が「司法書士試験に一発で合格する」と言った時に周りの誰もがそれを本気では受け止めてくれず、
そして誰もが、マイナスな意見を私に言ってきました。はっきり言ってめちゃめちゃ悔しかったです。ここで負けず嫌いに火がつきました。
1年間は遊びもお洒落も我慢して、女捨てる!(笑)とみんなにひたすら宣言して、本当に試験勉強中心の生活をしていました。
最後の方は携帯電話も止めて、朝起きてから寝るまで試験試験試験の生活していました。本当につらかったのでもう二度とやりたくないです。
私が受講していたクラスの講師は片口講師でした。片口講師も一発合格者ということで、そのために、自分がどういう生活を送っていたかも、丁寧に教えてくれて、とても助かりました。
講義でもどうしてこうなるか、なぜこうなるか、ということを中心にテキストに書いてある以外の多くの知識を肉付けしてくれたので、本質的な理解ができました。
覚えなきゃイケないシリーズ。例 撤回できないシリーズ などいろんな知識とこんがらがりやすい所でどれを覚えなきゃいけないか明確に教えてくれたのも良かったです。
何よりイケメンだったので、Wセミナーと家の往復しかない私にとっては、講義は目の保養になりました(笑)
またWセミナーは、様々なフォロー制度があって、学習相談などもできますし、受験生との距離がとても近かった気がします。特にWebフォローはいつも帰りの電車の中で、その日の講義の内容を確認するために活用しました。
司法書士試験合格のためには何よりも諦めないことだと思います。難しいからといって諦めない。誰だって1度や2度読んだだけで条文は理解できません。分からないのは皆、同じです。
分かったふりをしないでひたすら自分を信じてやるべきだと私は思います。
そして無駄な勉強をしないこと。知識の量が多い中で、細かい所まで掘り下げすぎないようにすることも大事です。
本当につらかったので、私はもう受験生には戻りたくないですが、今やっと試験に合格して司法書士になれたので、これから自分が今まで身につけてきた土台の知識で様々な場面で人の役にたてるのが楽しみで仕方ありません。
止まない雨はない。つらいことの後は楽しいことしかないと思います。それを信じて頑張ってください!

オートマチック・ネクスト 初学者向けコースのご紹介

自分に合ったコース・学習スケジュールで合格を目指そう!
●オートマチック・ネクスト 初学者向けコースのご紹介
受験界を代表する名著が教材!
オートマシステムシリーズ著者の声山本浩司講師

ボクの短期合格を書籍の形に具体化したのが、オートマシステムです!

  • 独自の思想でカリキュラムを構築した「オートマシステム」からは、多くの短期合格者を輩出しています。講座テキストでもあるオートマシステムシリーズは、おかげさまで司法書士ジャンルのベストセラー書籍にもなっています。
  • 「オートマシステム」とは、ボクの受験経験、合格の過程を書籍の形に具体化した学習プロセスです。シリーズを一貫して使用することで、学習の初期から合格までのすべてのプロセスを「自動的に」体験でき、「合格までの過程」を追体験することができます。
  • ボクの思想は「基礎がすべて」です。基礎とは合格に必要な知識のことで、「択一の勉強量は全試験問題の6割相当でよい」と考えます。この6割の基礎からはみ出した知識を問う肢は、無視しても大丈夫なのです。

※テキストの表紙デザインは変わる場合があります。

基礎講座<主要4科目編><マイナー科目編> 使用テキスト

山本浩司のオートマシステムシリーズ

【山本浩司著 /早稲田経営出版】

インプットとアウトプットを一体化した効率的な学習体系を構築!
そして、わずか6ヵ月で合格した著者の記憶法の全てが、ここに!

「山本浩司のオートマシステム」は「インアウト」と「記憶法重視」で効率的な学習を可能にします。「インアウト」とはインプットの段階で過去問を解くことで、インプットの段階から出題パターンを知ることができ、合格レベルまでの時間を短縮できるというもので、「記憶法重視」とはどうしたら記憶できるか、という視点で書かれているので読者は読むだけで山本式記憶法を体感できる、という2つの特徴をもっています。この2つの方法による学習で自動的に合格に必要な学習法を本書で体感することができます。 


『オートマシステム1 民法 I 第3版』無料立ち読み
山本浩司のオートマシステムシリーズ
山本浩司のオートマシステムシリーズ
オートマチック・ネクスト記述式講座 使用テキスト

山本浩司のオートマシステムシリーズ<記述式>

記述式に対応できる考え方を伝授!
レベル別に段階を追って記述式が攻略できるテキスト!

オートマチック・ネクスト記述式講座のテキスト「山本浩司のオートマシステム<記述式>」は、基本・応用などレベル別に構成されており、段階を追って無理なく記述式を攻略することができます。「知識量」を追い求めるのではなく、合格水準に達するための「考え方」重視の教材です。


『オートマシステム 不動産登記法 <記述式> 第3版』無料立ち読み
オートマシステムシリーズ<記述式>
山本浩司のオートマシステムシリーズ<記述式>
自宅復習用教材

山本浩司のautoma system新でるトコ一問一答

「オートマシステム」で学習をしている全ての受験生のための復習用問題&要点整理集です!

「オートマシステム」の著述の順に従って、重要な基礎知識だけを絞り込み、一問一答形式に配列しました。
また、要所に配置された「ココまでのまとめ」で重要知識の整理にも役立ちます。

自宅復習用教材

全国実力Check模試 ・ジャンプ答練・全国公開模試

本試験を擬似体験!
試験傾向を徹底分析した「全問新作問題」をご提供します!

全国公開模試全3回類型受験者数

「全国実力Check模試・ジャンプ答練・全国公開模試」では試験傾向を徹底分析し、最新試験情報を盛り込んだ良質の問題をご提供します。

ズバリ的中・論点的中が毎年数多く出ている、受講必須の予想問題です。

効率的な学習を生み出す!Wセミナー独自の「合格システム」で短期合格を狙う!初心者のための戦略的カリキュラム

■2018年合格目標 カリキュラム内容(コース編成・カリキュラムは変更となる場合がございます。)

カリキュラム 総合本科生
プラス
総合本科生 本科生

INPUT

1

基礎講座<全体構造編>

【全5回 ・3時間/1回】
○ ○ ○

 

1.5年本科生専用先行学習<憲法・刑法>【全8回・3時間/1回】

憲法…4回
刑法…4回
○ ○  

2

基礎講座<主要4科目編>【全92回・3時間/1回】

民法・不動産登記法…60回
商法・商業登記法…32回
○ ○ ○

3

基礎講座<マイナー科目編>【全31回・3時間/1回】

民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・供託法・司法書士法…18回
憲法…6回
刑法…7回
○ ○ ○

4

オートマチック・ネクスト記述式講座【全18回・3時間/1回】

民法・不動産登記法…10回
商法・商業登記法…8回
○ ○ ○

INPUT
OUTPUT

1

直前!択一式Skill Up講座【全10回・3時間/1回】

全科目
○    

OUTPUT

1

新でるトコ一問一答

全科目
※新でるトコ一問一答は自宅復習用教材
○ ○ ○

2

到達度テスト・Webホームルーム【全5回】

民法…2回
不動産登記法…1回
商法・商業登記法…1回
マイナー科目…1回
○ ○ ○

3

全国実力Check模試【全1回・解説講義あり】

○ ○  

4

早稲田合格答練 ジャンプ答練【全6回・解説講義あり】

○ ○  

5

全国公開模試【全3回・解説講義あり】

○ ○  

■カリキュラムの流れ(総合本科生プラス・総合本科生の場合)

カリキュラム


 
※「オートマチック・ネクスト」は2018年合格目標よりカリキュラムをリニューアルいたしました。2017年合格目標については、下記「コースラインアップ」より、2017年合格目標コース案内ページにてご確認ください。
オートマチック・ネクスト初学者向けコースラインナップ

[両立しながら学習したい方にオススメ]

2018年合格目標
20ヵ月本科生

20ヵ月総合本科生プラス
20ヵ月総合本科生
オートマチック・ネクスト初学者向けコース中、最長コース。ゆったりしたペースで講義が進むため、余裕を持って学習を進めることができます。

[専用カリキュラムが付加された嬉しいコース]

2018年合格目標
1.5年本科生

1.5年総合本科生プラス
1.5年総合本科生
専用カリキュラムでマイナー科目(憲法・刑法)の早期学習ができます。そのため、早めに学習に着手することができ、講義になれることができます。

[短期合格の決定版]

2018年合格目標
1年本科生

1年総合本科生プラス
1年総合本科生
1年本科生
約1年で合格圏に達することができる、人気の定番コースです。短期コースながら付け焼刃ではない、真の合格力が身につくカリキュラムとなっています。

[最速一発合格を目指すなら]

2017年合格目標
速修本科生

10ヵ月速修総合本科生プラス
10ヵ月速修総合本科生
これまでの常識を覆す学習期間で合格を狙う超短期コースです。受講期間のすべてを司法書士試験合格のために捧げられる方は、速修本科生で合格を勝ち取ってください!
各コースの詳細はコチラ 各コースの詳細はコチラ

学習メディア・フォロー制度

選べる学習メディア

Wセミナーでは、無理なく学習を継続していただけるように、利便性の高い学習メディアを豊富にご用意しています。
2017年合格目標は「教室講座」「Web通信講座」のみの開講となります。詳細につきましては、各コースの紹介ページにてご確認ください。

通学メディア

 

通信メディア

教室講座

迫力の講義と、受講生同士で励まし合い競い合いながら合格へ向かう理想的な環境がここにあります。

個別DVD講座

合格までのスケジュールは自分で調整し、DVD学習のメリットを最大に活かすことができます。

DVD通信講座

講義を収録したDVDをお届け。高画質・高音質の迫力ある講義を受講できます。

Web通信講座

インターネットを使って講義動画を視聴する学習スタイル。好きな場所でいつでも何度でも学習できます。

充実したフォロー制度

安心して学習を続けられるよう、万全のサポートで受講生をバックアップいたします。

通学・通信共通のフォロー制度

 

通学メディア

 

通信メディア

◎合格サポート制度
◎i-support
◎質問電話
◎質問カード
◎学習相談コーナー
◎自習室
◎追っかけフォロー
◎随時入学可
◎成績表のWeb掲載
◎音声DLフォロー
  ◎Webフォロー
◎校舎間自由視聴制度
◎個別DVD重複フォロー
◎個別DVD振替フォロー
  ◎スクーリング

資格の学校TAC