司法書士

  • 受講生向け情報

2017年合格目標
教育訓練給付制度指定コース有り対象:1年本科生(4月開講) 10ヵ月・8ヵ月速修本科生<山本オートマチック>
総合本科生プラス/総合本科生/本科生

2016年6月~開講!!

受験生から絶大なる支持を得ている「山本浩司のオートマシステム」の著者、山本浩司がわずか6ヵ月で成しえた短期合格のノウハウを伝授します。卓越した理論を講義で展開。自然に理解、そして記憶ができる技法で、あなたを短期合格へと導きます。

講師

山本 浩司 先生
山本 浩司 講師 (やまもと こうじ)(司法書士・Wセミナー専任講師)
PROFILE 38歳の失業中の時に、司法書士試験にわずか6ヵ月で一発合格。司法書士及び講師を務める傍ら、独自の理論「オートマチックシステム」に基づき、宅建・行政書士など法律系資格試験に挑戦し、一発合格を果たす。「山本浩司のオートマシステム」シリーズなど著書は多数あり、受験生から熱い支持を受けている。
担当講座 ■基礎講座<主要4科目編>
■基礎講座<マイナー科目編>
■オートマチックシステム記述式講座
■本試験テクニカル分析講座
 講師からのメッセージ

「オートマチックシステム」とは、合格のための自動操縦といった意味合いであり、受講者はこのシステムに乗ることにより、自動的に合格に必要な学習法を体験することができます。それは、私自身が受験時代に経験した「合格の過程」を皆さんが追体験することに他なりません。
私は、従来の「合格に必要な知識は提供するから、あとは自分で考えなさい」という方式ではなく、「どうしたら記憶できるのか」という視点で講義を行います。法律を覚えようとして臨むのではなく、法律を解釈・理解しようとするスタンスで臨んでください。その結果、自然と記憶できる、これこそが、「オートマチックシステム」の意味であり、皆さんに合格力をつけていただく方法でもあるのです。

 

 

合格体験記

受講の1番の決め手は友人の薦め!
初学者の私でもついていけると確信しました。

DATABANK
受講講座20ヵ月総合本科生プラス(2015年合格目標)
得意科目なし
不得意科目会社法・商業登記法
総学習時間 3,668時間
本試験での得点【午前の部】択一式……33問/35問
【午後の部】択一式……29問/35問
記述式(不動産登記法)……26.5点/35点
記述式(商業登記法)……13点/35点
一発合格
中川 雅之さん
1日の基本的なスケジュール例
入門・基礎期

 大学卒業後メーカーに勤務していました。やりがいのある仕事を任され満足する一方で、会社に依存するよりも何か資格をとり独立したい気持ちが強くなり、検討した結果、努力次第で短期間で取得する事ができる司法書士を目指すことにしました。
 学習初期の7ヵ月間は兼業受験生として平日は仕事帰りにWセミナーに通いました。当初はこのままできる限り仕事と両立しようと考えていましたが、転勤を打診され、難しいと言われていた会社法の講義が始まる時期であったという事もあり退職し受験に専念しました。
 数ある受験指導校からWセミナーを選んだ決め手は、実際にWセミナーで受講し合格をした友人が薦めてくれたことが1番の決め手です。もちろん各校のガイダンスなどにも参加はしました。その結果、山本先生の著書も拝読し、友人の言う通り初学者の私でもついていけると確信しWセミナーにしました。
 私は通学し個別ブースで受講していたのですが、毎回ほぼ配信日に受講するようにしていました。なぜなら未視聴の講義が溜まると嫌気がさし挫折の原因になると考えたからです。
 インプット講義を一通り終えると自習室に朝から晩まで篭り、テキストの読込みと過去問演習を徹底して繰り返しました。ここまで来れば後はやるだけという気持ちに至ります。飽き性な私が一番不安だったことは途中で投げ出してしまうのではないかという事でした。実際、地道に知識の積み上げが要求される試験ですが、あまり先を見ず目の前の学習に集中するよう心掛けました。
 苦労したことは、記述の点数が一向に安定せず、本試験も近い最中に色々な解き方を試し、ますます点数が安定しないといった悪循環にも陥ったことです。結局不安は学習することでしか解決しないと悟り、できる限りの準備をして本試験でもやってきたことだけを出し切ったので合格という結果に繋がったのだと思います。
 Wセミナーを受講してよかった点として、山本先生は、新しい単元に入るとよく「焦らずぼちぼちやっていきましょう」と、画面の向こうから不安な気持ちを見透かしたように言ってくださいました。挫折することなく最後までこれたのは、紛れもなく分かりやすい授業と初学者の心理を熟知しておられる先生のおかげです。
 「山本浩司のオートマシステム」は法律をこれまで学んだことのない私にとってまさに最適な教材でした。理解しやすい箇所から徐々に難しい箇所を学習することができ、本書を読んで分からない箇所はなかったです。また本書に準拠した「オートマ過去問」を組み合わせて使用することにより理解が格段に深まりました。
 主要科目についてはスケジュールに余裕がありみっちり基礎を固めることができました。またインプット講義の合間の演習についても山本先生が担当され理解度の確認ができたのが良かったです。
 私は会社法を苦手としていたのですが、一度講義を視聴した後、後日再度自宅で講義を視聴し克服することが出来ました。分かるまで何度でも講義を見ることができるのは凄くいい制度です。
 直前期の答練や模試では、本試験よりやや難しい問題を受験することで本番でも慌てることがなく試験に臨むことができました。

大学在学中に一発合格!
困難に直面したときは初心に帰って基礎基本の繰り返し!

DATABANK
受講講座1年総合本科生(2014年目標)
得意科目民法・不動産登記法
不得意科目商業登記法
本試験での得点【午前の部】 択一式……28問/35問
【午後の部】 択一式……28問/35問
記述式(不動産登記法)…26.5点/35点
記述式(商業登記法)…30.5点/35点
一発合格
中野 知樹さん
1日の基本的なスケジュール例
入門・基礎期

 大学に入学して1年間はバイト・サークル活動に明け暮れていました。2年生になり何か長期的な目標を持ちたい、時間を有意義に利用したいと思うようになりました。そこで、何か資格を取得しようと思い資格について調べました。その結果、司法書士という資格を知ったことが、受験のきっかけとなりました。
 学習開始時には平日の日中は大学の授業があり、平日夜・土日は週2,3日程度でバイトをしていました。本試験3ヵ月前にはバイトをやめ、空き時間の多くを受験勉強に充てることができていました。
 司法書士試験は科目数が多く、覚えるべき知識量も膨大です。また出題の中心の登記手続は日常的な馴染みがなく、一人で勉強してもなかなかイメージがわきません。したがって独学では途中で挫折したり、正確な理解ができないのではないかと思い、モチベーションを維持して効率的に学習ができる受験指導校の利用を決めました。
 Wセミナーを選んだ決め手は端的に、テキストです。山本先生のテキストを書店で手にとり、目を通したときに何てわかりやすくて丁寧なテキストなんだろうと思い、この先生の授業を受けて学習し本試験に臨みたいと考えました。そこで山本先生が講義されているWセミナーの利用を決めました。
 苦労したことは答練・模試の点数が合格ラインまでなかなか上がらなかったことです。答練開始直後は30問はおろか基準点の28~26問も超えられませんでした。そのような困難に直面した時でも、初心に帰りテキスト・過去問集に記載の基礎基本を繰り返し定着させることで、マニアックな知識に振り回されることがなくなり、答練・模試の成績も次第に合格ラインに達し、その勢いで本試験でも合格圏に入ることができました。
 Wセミナーを受講してよかった点は、山本先生は条文の制度趣旨という原理原則までさかのぼり、わかりやすく法律を教えてくださいました。単なる暗記に走りがちな受講生を正しい方向に導いてくださいました。
 「山本浩司のオートマシステム〈記述式対策〉」は特に重宝しました。同書では本試験記述式を解く上で必要となる型をしっかりと学べます。同書を繰り返し解くことにより、不動産登記・商業登記ともに基本的な型を身につけることができるようになり、本試験でも記述式で高得点が獲得でき、合格へとつながりました。
Wセミナーのカリキュラムをこなせば、1年間で一通りのインプットが完了し、残り3ヵ月間の答練・模試で実践的なアウトプットもできるようになります。このカリキュラムで身につけた内容を本試験で発揮できれば合格もたやすいと思います。
 私は教室講座に通っていましたが、時には学校やバイトの都合で授業に出られない時もありました。そんなときでもWEB SCHOOLの映像授業で後追い受講ができ、周囲の受講生に後れを取ることなく着実に勉強を進めることができました。
 答練・模試は受講前にはインプットしてきた知識の確認を行い、受講後には間違えた問題、知識があやふやなまま正解してしまった問題を中心に復習しました。答練では本番特有の雰囲気・緊張感をつかむことができ、本試験でも緊張せずに普段の実力を発揮することができました。

10ヵ月・8ヵ月速修本科生<山本オートマチック>はこんな方にお勧めです!
◎法律の学習が初めてで暗記に苦手意識のある方
◎短期間での合格を目指す方
2017年合格目標 10ヵ月・8ヵ月速修本科生
無料公開セミナー&無料講座説明会実施
2017年合格目標 10ヵ月・8ヵ月速修本科生
無料体験入学実施
詳細はこちら 詳細はこちら
対象者初学者・独学者
開講形態教室講座・個別DVD講座・DVD通信講座・Web通信講座
開講日2016年6月から順次開講
受講料¥409,000~
ページの目次

対象者・山本オートマチック概要

  • 初学者・独学者
法律初学者を短期合格へと導きます!
「山本浩司のオートマシステム」
イメージしにくい独特の法律用語を身近な用語に置き換えるなど、法律初学者にも頭に入りやすくわかりやすい!と、受験生の絶大なる支持を得ている受験本「山本浩司のオートマシステム」を基本テキストとして使用し、講義を実施します。また、著述が進むごとに本来の正確な定義に至るように工夫されたテキストは、法律初学者にとって最も合理的な学習法であり、全体像をしっかりと理解しながら学習することができます。著者本人である山本浩司講師が指導しますので、わずか6ヵ月で合格した山本浩司講師自らのノウハウを直接受けることができます。
「山本式記憶法」
山本オートマチックは法律のオモテ側だけではなく、行間に隠された実相や奥の意味、そして立法者の思想をもひもとく方法で「どうしたら記憶できるのか」を重視した講義を実施します。ただ闇雲に講義を聞き、暗記するだけではなく、法律を理解しながら学習することができます。わかりやすい日常の例なども用いながら、自然に理解し、そして記憶できる技法で短期合格へと導きます。
「山本式記憶法」
■ 講師からのコメント 記憶法重視
ツーウェイ方式 本を読んで法律のオモテ側だけ解釈する、従来のワンウェイ学習法ではなく、行間にある実社会での実相を明らかにしながら学習する「ツーウェイ方式」により、法律を理解しながら、学習することができます。
ウサギとカメ方式 「ウサギとカメの童話での勝者は?」と聞かれたとき、カメとすぐに答えられるのは、カメは、足が速くとも油断のあるウサギに勝てるという寓話と一緒に覚えたからです。法律でいえば、条文にはそれぞれ奥に意味があり、そこには立法者の思想があるわけです。その思想と一緒に理解しながら記憶することで、忘れない記憶を得ることができるのです。
「インアウト」一体型
講義(インプット)の段階から過去問を解いていく(アウトプット)、「インアウト」一体型の講義を行うことで、学習の効率化を図り、合格レベルまで達する時間を短縮することができます。講義の段階から過去問を解いていくことにより、学習内容の中でどこが本試験において重要な論点なのかという本試験での「急所」が早期にわかり、効率的に学習することができるようになります。
「インアウト」一体型
■ 講師からのコメント  「インアウト」一体型
講義でインプットし、その後各自でアウトプットするという方法は不合理です。講義の段階でがんがん過去問を解くことにより、学習の合理化と合格レベルまでの時間を短縮します。また、インプットの段階で出題のパターンを知ることは、学習内容の「急所」を早期に知ることにつながります。このような「立体的な学習法」が実力を養成します。

テキスト・カリキュラム

カリキュラム


講座名 テキスト名称 著者等 山本オートマチック
10ヵ月・8ヵ月速修
総合本科生
プラス
10ヵ月・8ヵ月速修
本科生
プラス
8ヵ月速修
本科生
(1)基礎講座
<主要4科目編>
山本浩司のオートマ
システムシリーズ
民法Ⅰ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
民法Ⅱ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
民法Ⅲ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
不動産登記法Ⅰ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
不動産登記法Ⅱ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
会社法・商法・商業登記法Ⅰ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
会社法・商法・商業登記法Ⅱ 山本浩司 1冊 1冊 1冊
(2)基礎講座
<マイナー科目編>
山本浩司のオートマ
システムシリーズ
民事訴訟法・民事執行法・民事保全法 山本浩司 1冊 1冊 1冊
供託法・司法書士法 山本浩司 1冊 1冊 1冊
刑法 山本浩司 1冊 1冊 1冊
憲法 山本浩司 1冊 1冊 1冊
(3)オートマチックシステム記述式講座 山本浩司のオートマ
システムシリーズ
不動産登記法〔記述式〕 山本浩司 1冊 1冊 1冊
商業登記法〔記述式〕 山本浩司 1冊 1冊 1冊
みるみるわかる
シリーズ
不動産登記法 山本浩司 1冊 1冊 1冊
商業登記法 山本浩司 1冊 1冊 1冊
(4)本試験テクニカル分析講座 2017年度版 山本浩司のオートマシステム
総集編 短期合格のツボ
山本浩司 1冊 1冊
(5)演習 問題冊子(配付のみ) 山本浩司 監修 5回分
(6)全国実力Check模試 問題・解説冊子 司法書士講座 2回分
(7)早稲田合格答練
ジャンプ答練
問題・解説冊子 司法書士講座 6回分
(8)全国公開模試 問題・解説冊子 司法書士講座 3回分

(注)(1)(2)(3)(4)の各テキストは、講座開講時の最新版を使用します。10ヵ月・8ヵ月速修(総合)本科生(プラス)の教材費はすべて受講料に含まれております(六法・過去問題集は除く)。

受講料(教材費・消費税8%込)

10ヵ月・8ヵ月速修本科生


受講メディア 本科生 通常受講料 e受付

教室講座 教室講座 10ヵ月速修総合本科生プラス ¥502,000 e受付OK!
10ヵ月速修本科生プラス ¥471,000 e受付OK!
個別DVD講座 個別DVD講座 10ヵ月速修総合本科生プラス ¥502,000 e受付OK!
8ヵ月速修総合本科生プラス e受付OK!
10ヵ月速修本科生プラス ¥471,000 e受付OK!
8ヵ月速修本科生プラス e受付OK!
8ヵ月速修本科生 ¥440,000 e受付OK!

DVD通信講座 DVD通信講座 10ヵ月速修総合本科生プラス ¥513,000 e受付OK!
8ヵ月速修総合本科生プラス e受付OK!
10ヵ月速修本科生プラス ¥482,000 e受付OK!
8ヵ月速修本科生プラス e受付OK!
8ヵ月速修本科生 ¥451,000 e受付OK!
Web通信講座 Web通信講座 10ヵ月速修総合本科生プラス ¥471,000 e受付OK!
8ヵ月速修総合本科生プラス e受付OK!
10ヵ月速修本科生プラス ¥440,000 e受付OK!
8ヵ月速修本科生プラス e受付OK!
8ヵ月速修本科生 ¥409,000 e受付OK!

 

※0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号

    につき ましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。
※受講料には、教材費・消費税8%が含まれています。
※教育訓練給付制度(一般)対象コースは、8ヵ月速修本科生です。通学メディアは9月開講が対象となります。

★上記受講料に教材費はすべて含まれています!(六法・過去問題集は除く)

 

教室講座開講日程一覧

教室講座

地区 開講日
水道橋校 10ヵ月速修総合本科生プラス
10ヵ月速修総合本科生
6月開講 16.6/1(水)視聴開始 ★
7月開講 16.7/1(金)視聴開始 ☆
  • ★印:「基礎講座<主要4科目編>民法・不動産登記法1~27回」については個別DVD講座での受講となります。
  • ☆印:「基礎講座<主要4科目編>民法・不動産登記法1~38回」については個別DVD講座での受講となります。
  • 通学メディアでご受講の場合も「「全国実力Check模試 解説講義」」、「全国公開模試 解説講義」はWebフォローでの受講となります。
随時入学可
学習を始めたい時が開講日。視聴開始日・教材送付日・配信開始日以降ならいつでも学習を開始できます。

個別DVD講座

地区 視聴開始日
札幌校仙台校水道橋校新宿校池袋校渋谷校八重洲校立川校町田校横浜校大宮校津田沼校名古屋校京都校梅田校なんば校神戸校広島校福岡校 10ヵ月速修総合本科生プラス
10ヵ月速修総合本科生
16.6/1(水)~視聴開始
8ヵ月速修総合本科生プラス
8ヵ月速修本科生プラス
8ヵ月速修本科生
16.9/1(木)~視聴開始

 

個別DVD講座視聴時間帯(1)9:30~12:30 (2)12:30~15:30 (3)15:30~18:30 (4)18:30~21:30※
※日曜日は(4)の時間帯はありません。
※上記(1)~(4)の時間帯から選択、予約の上、各校DVDルームで視聴。

 

※その他TAC提携校でも開講している校舎もございます。詳細は直接提携校にお問い合せください。


DVD通信講座

学習メディア 発送開始日
DVD通信講座 10ヵ月速修総合本科生プラス
10ヵ月速修総合本科生
資料教材発送開始日:
16.5/6(金)~
発送開始
8ヵ月速修総合本科生プラス
8ヵ月速修本科生プラス
8ヵ月速修本科生 (注)
資料教材発送開始日:
16.5/6(金)~
発送開始
DVD発送開始日:
16.6/16(木)~
発送開始
DVD発送開始日:
16.9/1(木)~
発送開始

(注)「8ヵ月速修本科生」にて教育給付制度(一般)をご利用の方は、給付制度の「受講期間(8ヵ月)」に伴い、資料教材開始日は16.9/1(木)となります。

Web通信講座

学習メディア 発送・配信開始日
Web通信講座 10ヵ月速修総合本科生プラス
10ヵ月速修総合本科生
資料教材発送開始日:
16.5/6(金)~
発送開始
8ヵ月速修総合本科生プラス
8ヵ月速修本科生プラス
8ヵ月速修本科生 (注)
資料教材発送開始日:
16.5/6(金)~
発送開始
配信開始日:
16.6/16(木)~
配信開始
配信開始日:
16.9/1(木)~
配信開始

(注)「8ヵ月速修本科生」にて教育給付制度(一般)をご利用の方は、給付制度の「受講期間(8ヵ月)」に伴い、資料教材開始日は16.9/1(木)となります。

10ヵ月・8ヵ月速修本科生(教室・個別DVD・DVD通信・Web通信)の日程表はこちら(PDF)
通学メディア  通信メディア
 詳細はパンフレットをご請求ください。

充実したフォロー制度

【標準装備】Webフォロー・音声DLフォロー
復習強化でさらに効果的な学習を!
インターネットを利用して、講義の映像を視聴できる「Webフォロー」と講義の音声をダウンロードできる「音声DLフォロー」をご利用いただけます。復習の強化として、ご活用ください。
【利用可能受講形態】
●Webフォロー教室講座、個別DVD講座
●講義音声DLフォロー教室講座、個別DVD講座、DVD通信講座、Web通信講座
視聴環境を
ご確認ください
動作環境はTACホームページ内「WEB SCHOOL」のページでご確認ください。
  • ※「全国実力Check模試」「早稲田合格答練ジャンプ答練」「全国公開模試」の解説講義は山本浩司講師による収録ではありません。
  • ※音声はWMA方式です。
  • ※iPod®はApple Inc.の商標です。
  • ※配信は2017年7月31日までとなります。
  • ※教育訓練給付制度(一般)をご利用の場合、Webフォロー・音声DLフォローでの受講は通学メディアとして扱われませんのでご注意ください。詳細はTAC発行の「教育訓練給付制度パンフレット」をご確認ください。
【有料】通学生DVDフォロー<山本オートマチック>
10ヵ月・8ヵ月速修総合本科生プラス、10ヵ月・8ヵ月速修本科生プラス、8ヵ月速修本科生<山本オートマチック>通学メディア申込者限定! 
講義を収録したDVDをお送りします。復習用として、知識の更なる理解と定着に活躍します。
【申込可能対象者】
●通学生DVDフォロー
 10ヵ月速修総合本科生プラス 
  <山本オートマチック>
2017年目標「10ヵ月速修総合本科生プラス<山本オートマチック>」
通学メディア(教室講座・個別DVD講座)申込者
●通学生DVDフォロー
 10ヵ月速修本科生プラス
  <山本オートマチック>
2017年目標「10ヵ月速修総合本科生プラス・10ヵ月速修本科生プラス<山本オートマチック>」
通学メディア(教室講座・個別DVD講座)申込者
●通学生DVDフォロー
 8ヵ月速修総合本科生プラス
  <山本オートマチック>
2017年目標「8ヵ月速修総合本科生プラス<山本オートマチック>」
通学メディア(個別DVD講座)申込者
●通学生DVDフォロー
 8ヵ月速修本科生プラス
  <山本オートマチック>
2017年目標「8ヵ月速修総合本科生プラス・8ヵ月速修本科生プラス<山本オートマチック>」
通学メディア(個別DVD講座)申込者
●通学生DVDフォロー
 8ヵ月速修本科生
  <山本オートマチック>
2017年目標「8ヵ月速修総合本科生プラス・8ヵ月速修本科生プラス・8ヵ月速修本科生<山本オートマチック>」
通学メディア(個別DVD講座)申込者
【受講料】 
コース名 通常受講料
●通学生DVDフォロー
10ヵ月・8ヵ月速修総合本科生プラス<山本オートマチック>
¥82,000
●通学生DVDフォロー
10ヵ月・8ヵ月速修本科生プラス<山本オートマチック>
¥77,000
●通学生DVDフォロー
8ヵ月速修本科生<山本オートマチック>
¥72,000
  • ※上記受講料には、消費税8%が含まれています。
  • ※通学生DVDフォローにはテキストは含まれておりません。講義を収録したDVDをお送りします。なお「10ヵ月・8ヵ月速修総合本科生プラス」に含まれる「全国実力Check模試」「早稲田合格答練ジャンプ答練」「全国公開模試」解説講義の解説講義の担当は山本浩司講師ではありません。

サービス
お申込み前・お申込み時にご利用いただける嬉しいサービスをご用意しております!
●お申込み前にご利用いただけるサービス
●お申込み時にご利用いただけるサービス お申込方法はこちら
資料請求
講座説明会/受講相談
司法書士講座に関する詳しいパンフレットを無料でお送りしております。ご請求はこちらから
講座説明会と受講相談をTAC各校にて実施しております。詳しくはこちらから
  資料請求
パンフレットを無料送付いたします
  講座申込方法
入学手続は簡単です!
 
Wセミナー開講講座一覧 Wセミナーは、法律系の各種資格試験、公務員・マスコミなどの就職試験対策セミナーを実施しています。
TAC開講講座一覧 資格に関する様々な種類の情報が満載!「資格の学校TAC」は資格・検定試験合格のためのスクールです。
会計・経営・労務関係
公認会計士税理士簿記検定建設業経理士検定社会保険労務士中小企業診断士IPO実務検定財務報告実務検定
金融関係
証券アナリスト証券外務員証券外務員プライベートバンカー(PB)DCプランナーCFA®貸金業務取扱主任者年金アドバイザー
不動産関係
不動産鑑定士宅地建物取引主任者マンション管理士/管理業務主任者マンション管理員検定
法律・公務員関係
公務員(地方上級・国家一般職(現:国家II種))公務員(警察官・消防官)教員行政書士通関士/貿易実務検定®弁理士知的財産管理技能検定ビジネス実務法務検定個人情報保護士
 
マイナンバー実務検定
国際関係
米国公認会計士米国税理士(EA)BATIC®公認内部監査人(CIA)/内部統制評価指導士(CCSA)TOEIC® L&R TEST対策講座英検
情報処理・パソコン関係
情報処理(ITパスポート・基本情報技術者・応用情報技術者・その他高度試験)パソコンスクール(パソコンスキル・CompTIA・Java・会計関連)情報システム取引者