ベーシック本科生A・B <新竹下合格システム>

  • 2018年合格目標

    2017年1月から順次開講

    • 対象者

      初学者・独学者

    • 教室講座

    • 個別DVD講座

    • DVD通信講座

    • Web通信講座

    このコースの特徴

    1

    インプットは効率的に!


    専用スタジオで収録する立体的な講義で理解を促進!

    教壇とeボードを交互に駆使しながら、メリハリのある立体的な講義映像をお届けします。学習する内容の重要事項とポイントを視聴覚両方に働きかけることで、理解を促進することができます。

    eボードによる講義は「基礎・実力養成講座」、「ブリッジ講座 実戦編」となります。その他の講義は教室(ライブ)講義、またはその収録講義となります。

    毎回の学習ポイントと講義範囲を確認し、重要ポイントをイラスト解説

    毎回の講義の最初に講義内容と使用テキスト、講義の最後に講義のポイントが表示されます。講義では、eボードにイラストや図を多様に用いて解説することにより、スムーズな理解と知識の定着を図ります。

    1回の講義は約70分 受講しやすい講義時間で無理のない学習計画

    1回の講義は約70分前後※で構成されていますので、自分のスケジュールに合わせて、学習計画をたてることができます。忙しい社会人の方や学生の方にも、学習しやすい講義時間となっています。※テーマにより講義時間は異なります。

    重要条文も確実に押さえられる!

    押さえておかなければならない重要条文に関する場面では、条文番号がテロップで画面下に表示されます。膨大な数の条文の中でどの条文が重要なのかを確認することができます。

    2

    「反転授業」で同時期にアウトプット(演習)!

    新竹下合格システム」でアウトプット(演習)にあたる講義が、「新竹下合格講座」です。
    テキストで講義を一定範囲学習した後、本試験に近い具体的な問題を明快に解答を出すためには、かなり入念な読み込みが必要です。「新竹下合格講座」では、学習事項のまとめや関連する過去問を解き、どのように問われているのかを知ることで、学習効率を格段に上げることができます。 「新竹下合格システム」ではインプットとアウトプットを同時期に実施することで、相乗効果を図ります。

    【反転授業のススメ】時代の先端を行く「反転授業」スタイルによる画期的な学習システム、それが「新竹下合格システム」です!

    反転授業とは
    現在一般的な学校等で展開されている授業では「講義を受けること」が主流ですが、反転授業では「講義を受けること」は“自宅で行うこと”となります。講師は説明型の講義を動画として用意し、それを受講生が宿題として自宅などで閲覧しておきます。スクールでの時間は、受講生が予習で得た知識を応用して問題を解いたり、発展的な講義や議論を行ったりするという、これまでの概念を大きく覆す授業システムです。

    カリキュラム

    3

    繰り返し学習による知識定着!

    全11科目もあり、試験範囲が膨大な司法書士試験では、1回の講義ではなかなか理解できない、覚えられないことだってあります。 新竹下合格システムでは、カリキュラムに沿って学習を進めるだけで徹底した繰り返し・反復学習が行われ、 確実に知識が定着していきます。

    カリキュラム

    上記カリキュラムは「新竹下合格システムベーシック本科生A」の例です。

    初学者の方にオススメのコースです!

    • 初めて司法書士試験の受験決意をした方向け
    • 法律を初めて学習する方
    • 基礎力と実践力をしっかり学習したい方

    担当講師

    竹下 貴浩 先生

    竹下 貴浩 講師 (たけした たかひろ)(Wセミナー専任講師)

    司法書士試験の常識とされた5年の勉強を1年に縮めた元祖“司法書士試験合格指導の先駆者”。リズムある口調、試験を熟知した無駄の無い講義で毎年多くの合格者を輩出。「新版デュープロセス」シリーズをはじめ、「新版直前チェック」シリーズ、「ブリッジ」シリーズなど著書多数。

    ■担当講座
    司法書士試験のための法学入門、先取り記述式講座、基礎・実力養成講座、ブリッジ講座、新竹下合格講座

    ■講師からのメッセージ
    竹下合格システムは、司法書士試験に合格するのに必要とされる知識を短期間で習得していただくことを目的とする講座です。本講座を利用して学習する期間は、約1年から20ヵ月までの範囲で、各受講生の学習環境に合わせて、自由に選択することができます。自分が設定した期間をフルに活用し、講義で提示された学習すべき事項を繰り返し学習することによって、より高い確率で合格することを可能とする「合格システム」です。

    カリキュラム

    教材・サポート

    教材

    試験傾向を徹底分析した『テキスト!』

    1.5年・1年総合本科生の教材費は受講料に全て含まれています!(六法・過去問問題週等は除く)
    ※「パック」、「単科」、「再受講割引(テキスト無)」は、受講料にテキスト代は含まれておりません。

    新竹下合格講座 使用テキスト

    直前チェック 試験に出る論点総まとめシリーズ

    多くの合格者が支持する、情報集約・知識整理ツールの決定版!「新版デュープロセス」とも完全連動!

    本書は出題頻度の高い重要論点を、各科目、テーマごとに問いの形で掲載し、その答えの形で具体的に解説しています。各テーマの終わりには過去問での実際の出題例を載せており、実戦問題にすぐ取り組むことができます。直前期にその真価を最大限発揮するため「直前チェック」という名称を採っていますが、重要な論点をまとめた論点集として、学習初期段階から活用することが有効です。

    [竹下貴浩著 早稲田経営出版]

    基礎・実力養成講座 使用テキスト

    新版デュープロセスシリーズ

    元祖“短期合格指導の権威”!司法書士試験を知り尽くした竹下貴浩執筆の司法書士受験本のロングセラー!

    多くの受験生が利用する、司法書士受験本のロングセラー。司法書士試験全科目の基本書です。最大の特長は、特に主要4科目において密接な関係にある実体法と手続法を一体化させ、合理的に学習できるよう書かれている点が一般的な基本書とは大きく異なる点です。また、デュープロセスは初めて法律を学ぶ人にもわかりやすいよう、各テーマ別に例題があり、その例題を元に論点の解説が書かれているので、読み込む中で問題点、注意点など、学習すべき点が把握できる編集となっています。本テキストは、適切な学習方法でより早く合格を獲得して欲しいという著者の願いが込められた基本書です。

    [竹下貴浩著 早稲田経営出版]

    ブリッジ講座 使用テキスト

    択一・記述ブリッジシリーズ

    択一式~記述式への架け橋!択一式の知識を記述式に転換させながら、記述式試験を攻略!

    本書は、記述式対策用テキストですが、記述式対策のためだけの本ではありません。今後出題が予想される択一式問題の対策、さらに関連する他の科目の理解を深めていくことが本書の大きな目的です。「理論編」で択一式の問題→それに対する解説→択一式の問題をふまえた申請書の掲載という形で、記述式問題への基本的な思考方法を学習し、「実戦編」で本試験に近い記述式問題を解くことで、高い学習効果をあげることができます。

    [竹下貴浩著 早稲田経営出版]

    配布教材一覧

    司法書士試験のための法学入門・先取り「記述式」講座

    新版デュープロセスシリーズ

    • 民法・不動産登記法Ⅰ:1冊
    • 民法・不動産登記法Ⅱ:1冊(ベーシック本科生Aのみ)
    新竹下合格講座

    直前チェック 試験に出る論点総まとめシリーズ

    • 民法Ⅰ[総則・債権]:1冊
    • 民法Ⅱ[物権]:1冊
    • 民法Ⅲ[親族・相続]:1冊
    • 不動産登記法:1冊
    • 会社法・商法・商業登記法:1冊
    • 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法:1冊
    • 憲法・刑法:1冊
    • 供託法・司法書士法:1冊
    基礎・実力養成講座

    新版デュープロセスシリーズ

    • 民法・不動産登記法Ⅰ:1冊
    • 民法・不動産登記法Ⅱ:1冊
    • 民法・不動産登記法Ⅲ:1冊
    • 会社法・商法・商業登記法Ⅰ:1冊
    • 会社法・商法・商業登記法Ⅱ:1冊
    • 民事訴訟法・民事執行法・民事保全法:1冊
    • 供託法・司法書士法:1冊
    • 刑法:1冊
    • 憲法:1冊
    ブリッジ講座

    択一・記述ブリッジシリーズ

    • 不動産登記法[理論編]:1冊
    • 不動産登記法[実戦編]:1冊
    • 商業登記法[理論編]:1冊
    • 商業登記法[実戦編]:1冊
    その他配布教材

    択一・記述ブリッジシリーズ

    • 2018年度版 竹下流過去問攻略 分析&演習 Ⅰ(午前の部):1冊
    • 2018年度版 竹下流過去問攻略 分析&演習 Ⅱ(午後の部):1冊

    各テキストは、講座開講時の最新版を使用します。

    「司法書士試験のための法学入門」および「先取り『記述式』講座」で配付する教材は、「基礎・実力養成講座」で配付する教材と同じです(重複配付はございません)。

    サポート制度

    【標準装備】Webフォロー・音声DLフォロー

    復習強化でさらに効果的な学習を!

    1年総合本科生プラス・1年総合本科生・1年本科生をお申込いただいた方(単科申込者・科目申込者含む)は、Webフォローまたは音声DLフォローをご利用いただけます。復習の強化として、また外出先でも利用して学習できるすぐれものです。

    利用可能学習メディア

    • Webフォロー

      教室講座

    • 音声DLフォロー

      教室講座・Web通信講座

    視聴環境をご確認ください

    お申込み前に必ずTACホームページ内「WEB SCHOOL」にて動作環境および、「無料体験版」にて動作をご確認ください

    【有料】通学生DVDフォロー><新竹下合格システム>

    ベーシック本科生A・B<新竹下合格システム> 通学メディア申込者限定!

    ベーシック本科生A・Bの講義を収録したDVDをお送りします。復習用として、知識の更なる理解と定着に活躍します。

    申込可能対象者

    ベーシック本科生A<新竹下合格システム>
    2018年目標「ベーシック本科生A<新竹下合格システム>」通学メディア(教室講座・個別DVD講座)申込者

    ベーシック本科生B<新竹下合格システム>
    2018年目標「ベーシック本科生B<新竹下合格システム>」通学メディア(教室講座・個別DVD講座)申込者

    受講料

    ベーシック本科生A:¥65,000
    ベーシック本科生B:¥60,000

    上記受講料には、消費税8%が含まれています。

    通学DVDフォローにはテキストは含まれておりません。講義を収録したDVDをお送りいたします。

    【有料】DVD通信生Webフォロー><新竹下合格システム>

    ベーシック本科生A・B<新竹下合格システム> 通学メディア申込者限定!

    ベーシック本科生A・Bの講義を収録したWebを配信いたします。復習用として、知識の更なる理解と定着に活躍します。

    申込可能対象者

    ベーシック本科生A<新竹下合格システム>
    2018年目標「ベーシック本科生A<新竹下合格システム>」通学メディア(教室講座・個別DVD講座)申込者

    ベーシック本科生B<新竹下合格システム>
    2018年目標「ベーシック本科生B<新竹下合格システム>」通学メディア(教室講座・個別DVD講座)申込者

    受講料

    ベーシック本科生A:¥46,000
    ベーシック本科生B:¥42,000

    上記受講料には、消費税8%が含まれています。

    DVD通信生Webフォローにはテキストは含まれておりません。講義を収録したWebを配信します。

    開講日・開講校舎

    • 通信講座

    • 通学講座

    DVD通信講座

    開講情報

    ベーシック本科生A・ベーシック本科生B共通

    • 資料教材発送開始日

      17/1/12(木)~【★】

    • DVD発送開始日

      17/1/12(木)~

    【★】資料教材発送は、「パック」、「単科」ならびに「再受講割引(テキスト無)」でお申込みの方にはございません。

    Web通信講座

    開講情報

    ベーシック本科生A・ベーシック本科生B共通

    • 資料教材発送開始日

      17/1/5(木)~【★】

    • DVD発送開始日

      17/1/6(金)~

    【★】資料教材発送は、「パック」、「単科」ならびに「再受講割引(テキスト無)」でお申込みの方にはございません。

    教室講座

    開講情報

    ベーシック本科生A・ベーシック本科生B共通

    • 開講校舎

      渋谷校

    • 学習開始日

      17/1 /6 (金)~

    • 教室開講日

      司法書士試験のための法学入門 17/3/25(土) 14:00-16:00

    学習開始日について

    教室講座をお申込みいただいた方も、 「司法書士試験のための法学入門」、「先取り『記述式』講座」※、「基礎・実力養成講座」については、個別DVDまたはWebでの受講となります(2017年1月6日(金)から受講可能)。 学習開始日から、いつでもご自身のペースで受講を進めることができます。 「司法書士試験のための法学入門」を個別DVDまたはWebで受講された方も、 ’17 3/25(土)実施の教室講座をご受講いただけます。

    上記開講日を過ぎた場合は、個別DVD(校舎DVDルーム)またはWebでのご視聴となります。配信開始日以降であれば、いつでも受講を開始できます。

    個別DVD講座

    開講情報

    ベーシック本科生A・ベーシック本科生B共通

    • 開講校舎

      札幌校 ・ 仙台校 ・ 水道橋校 ・ 新宿校 ・ 池袋校 ・ 渋谷校 ・ 八重洲校 ・ 立川校 ・ 町田校 ・ 横浜校 ・ 大宮校 ・ 津田沼校 ・ 名古屋校 ・ 京都校 ・ 梅田校 ・ なんば校 ・ 神戸校 ・ 広島校 ・ 福岡校

    • 視聴開始日

      17/1/6(金)~

    • 視聴時間帯

      (1)9:30~12:30 (2)12:30~15:30 (3)15:30~18:30(4)18:30~21:30※
      ※日曜日は(4)の時間帯はありません。
      ※上記(1)~(4)の時間帯から選択、予約の上、各校DVDルームで視聴。

    その他TAC提携校でも開講している校舎もございます。詳細は直接提携校にお問い合わせください。 詳細はこちら

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税8%込み)

    • 通信講座

    • 通学講座

    インターネット、郵送、TAC受付窓口、大学生協等代理店にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    ベーシック本科生A

    DVD通信講座

    ¥403,000

    Web通信講座

    ¥340,000

    ベーシック本科生B

    DVD通信講座

    ¥371,000

    Web通信講座

    ¥312,000

    ベーシック本科生A

    ベーシック本科生B

    ※0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。
    ※受講料には、教材費・消費税8%が含まれています。
    ★上記受講料に教材費はすべて含まれています!(六法・過去問題集は除く)