予備試験 論文過去問分析講義 一般教養科目

  • 2017年合格目標

    TAC公務員講座の人気講師が予備一般教養論文突破の秘訣を伝授!

    対策が難しい予備論文式試験一般教養科目の対策講座がついに開講!平成23~28年の過去問分析を通じて、試験の現場でどのようにアプローチしていけば良いか、オリジナルレジュメを用いて丁寧に説明します。この講義を受講することで、問題文を読むだけで“何を問われているか”をすばやく分析し、答案に書くべき事項を導き出す術を身に付けることができます。約3時間の講義で予備論文式試験一般教養科目全過去問に触れることができるコンパクトなこの講義を上手に活用して、一般教養対策をより万全なものにしましょう!

    • 回数

      全1回

    • Web通信講座

    • DVD通信講座

    このコースの特徴

    担当講師

    山下 純一 先生

    TAC専任講師 山下 純一 講師

    ●プロフィール

    TAC公務員講座担任講師。国家総合職対策講座にて法律系・教養論文対策を専門とする。
    著書「論文試験の秘伝」は、論文試験を苦手とする受験生のバイブル的書籍。

    受講生の声

    K.H.さん

    この講義の方法論を身に付ければ事前知識なしでも大丈夫!

    予備試験 論文過去問分析講義 一般教養科目受講 K.H.さん

    予備試験の一般教養科目は、他の法律科目と異なりそもそも対策が難しいので、どのように対策したら良いか困っていました。そんな時、山下先生の本講座を知り、受講してみようと思いました。
    まず、山下先生の講座を受講した率直な感想は、まさに“目からウロコ”です。
    山下先生の講座では、①問題文は何を考えろと言っているのかを分析し、その上で②課題文を分析した後に、①と②の分析を併せて考えるという方法論を提示しており、今までなんとなく問題文中のキーワードを拾って作成していた従来の方法は間違っていたと気付かされました。さらに、こうした問題文へのアプローチ(=解法)もさることながら、何を書くかについての指摘が非常に的確だったのも印象的です。
    また、山下先生は、たとえ事前に知識が無くてもこの講義で身に付けられる方法論を適切に用いれば、少なくとも本番で大崩れはしないと仰っており、実際、この講座で学んだ方法論を過去問演習の繰り返しで身に付けることができれば、本番で大失敗はないと感じました。
    この講座を受講して、自分が採るべき勉強方法が,少しだけ見えてきたような気がしました。予備論文式試験の一般教養科目に不安を抱えている方には、ぜひともオススメの講座です!

    カリキュラム

    講義の流れ(全1回/約3時間)

    前半

    平成28年・平成27年の本試験問題を上のアプローチで分析し,再現答案がどうしてそのような評価となったのかを解説する。

    後半

    平成26年・平成25年・平成24年の本試験問題を上のアプローチで分析する。

    教材

    使用教材

    講師作成オリジナルレジュメ

    開講日・開講校舎

    Web通信講座

    開講情報
    • 回数

      1回

    • 教材発送日

      2017/2/10(金)

    • 配信開始日

      2017/2/13(月)

    • 配信期限

      2017/7/31(月)

    音声DLフォロー標準装備

    講義録の発送はありません。講義録はWeb上でご覧いただけます。

    DVD通信講座

    開講情報
    • 回数

      1回

    • 教材発送日

      2017/2/10(金)

    音声DLフォロー標準装備

    講師作成オリジナルレジュメ・講義DVD・講義録をお送りします。

    受講料・お申込み

    (教材費・消費税8%込み)

    インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

    申込方法の説明を見る

    Web通信講座

    ¥4,000

    • 入会金

      ¥0

    DVD通信講座

    ¥5,000

    • 入会金

      ¥0

    当商品は入会金不要です。

    上記受講料は、教材費・消費税8%が含まれます。

    当商品は、TAC各校の自習室はご利用いただけません。