H29予備試験 合格体験記

予備試験の本質を突いた「統一的処理手順の実践」

T.S.さん

J.T.さん
早稲田大学商学部
卒業

 

<受講講座>
4A基礎講座パック

中村先生を選んだ理由を教えてください

 私は、法学部出身でもなくロースクールにも通っていなかったため、まずは予備試験の傾向を掴んだ上で、傾向に合致した予備校の講義を受講しようと考えました。リサーチの結果、予備試験は、どうやら知識そのものよりもいかなる思考を経て事案を解決したかを評価される試験だと強く感じたため、知識インプット型ではなく処理手順型(アウトプット型)の講義を受講したいと考えました。ところが、実際に他の予備校を検討してみると処理手順を全面的に押し出している講義はほとんどなく、他の予備校を利用した予備試験合格者からも、「試験の問題を見たら、自分の勉強した問題を思い出して解け」というアドバイスを受け、当時初学者だった私でも「これは非本質的なのでは」と強い違和感を覚えました。そこで、4A基礎講座の提案する「統一的処理手順の実践」という講義スタイルに強く共感し、受講を決意しました。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 第一に、条文を大切にする姿勢が身につきます。「4A論文解法パターンテキスト」の講師作成答案例も非常に要件充足を大切にしたものですし、六法代わりに使用する「4A条解テキスト」には、条文のどの文言にどの解釈論が必要になるのかが整理されているので、数多くの解釈論も条文のどこに引き付けるかを意識しながら整理出来ます。

 第二に、答案上に顕出されない法的思考過程を学ぶことができます。例えば、刑事訴訟法の伝聞法則による証拠能力否定が主な問題となる事案でも、すぐに伝聞法則に飛びつくのではなく、講義で学ぶ証拠能力パターンに乗せて厳格な証明の要否→自然的関連性の有無→法律的関連性の有無(自白法則、伝聞法則、悪性格証拠排除)→証拠禁止と全て検討し初めて問題となる伝聞法則を検討するという手順を愚直に毎回繰り返すことで、当該問題限りの場当たり的な解答ではなく、普遍的な処理手順を体得出来ました。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 私は「4A条解テキスト」を学習開始当初から現在まで、一貫して使い続けました。その理由は以下の通りです。

 第一に、条文の要件・効果・文言・付随する解釈論が端的に整理されており、まとめ教材や直前期用の教材を作成する必要がなくなります。この一冊だけでコンパクトかつ網羅的な知識確認が可能です。

 第二に、短答対策及び論文対策の両方で使用することができるので、教材の一元化が出来ると共に、何度も目に触れることで、最終的には刑法の構成要件や民法の主要な請求等は条文を引かずとも出てくるようになっていました。

 第三に、記述が答案構成風になっており、論文式試験の現場でそのままアウトプットできます。処理量が多い予備試験や司法試験においては非常に合理的です。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 過去問検討(アウトプット)から絶対に離れないということを常に意識しました。問題検討から離れた闇雲なインプットや膨大なまとめノート作成等に時間を費やすことは可処分時間が限られている受験生活で大きなロスとなると感じたからです。私は一通り4A基礎講座を学んだ後に、初めて市販のインプット教材も使用しましたが、過去問検討を全科目行っていた経験からどれだけの量の知識をどれだけの深さで理解しておけばいいのかという相場観を持って学習することができました。結果として非常に精度の高いインプットができたと思います。また、過去問(アウトプット)と合わせてインプット教材を使用することで、知識の使い方も体得出来ます。最後に、法律学習の目的はそれを使いこなすことです。実践的な視点を忘れず誠実に事案に向き合えば自ずと合格は付いてくると思います。 

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談