H29司法試験 合格体験記

4Aは「現場主義」

T.S.さん

T.S.さん
東京大学法科大学院
卒業

 

<受講講座>
司法試験 4A論文
過去問分析講義

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 司法試験については、最近割と有益な情報が増えてきていると感じますが、まだまだ後出しジャンケンのような情報は多いと思います。中村先生の「司法試験 4A論文過去問分析講義」は、出題趣旨や採点実感、その後に出た文献等をいったん脇において、試験現場で実際にどのように解いていくべきなのかにこだわって構成されている点が優れていると思います。いくら過去問を繰り返していても、ぶつ切りの論点・知識を増やすだけではあまり意味がないですから、問題を解く一貫したプロセスを早く確立することが重要です。中村先生が講義で仰っていた「過去問が同じに見えてくるようになる」ことが一つの目安かと思います。一般的な答案の添削等では問題に終始した説明で終わってしまいがちな点がありますが、中村先生の講義では、どの問題でも問題を解くにあたって重要な点が一貫して繰り返し述べられている点がオススメです。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 「司法試験 4A論文過去問分析講義」で配付されるレジュメは、大きく分けると、問題文・解答過程・その問題で使用するパターン(処理手順)・講師作成答案例から構成されています。私は、「司法試験 4A論文過去問分析講義」のみを受講しており(4A基礎講座は受講していません)、「4A」についてそこまで詳しくありません。そんな私から見ても、レジュメに記載されていたパターン(処理手順)は、決して特殊なものではないと思いました。いわば、合格者の頭の中にある「問題を法律で解決していくプロセス」を洗練して整理したもので、自分の問題を解くプロセスが間違った方向に行っていないかを確認するのに役立ちました。また、中村講師の”講師答案作成例”は、いわゆる完全解といった内容で、出題趣旨や採点実感も踏まえて書かれているので、それらの文献にあたらなくてもこれを参照すればよく、時間も短縮できました。

中村先生の学習フォローについて、良かった点を教えてください

 私は、個別相談制度の一環である「個別学習カウンセリング」を数回利用しました。中村先生は、本当にその人の合格に必要なのか、現実的に残りの時間でできるのかという視点でアドバイスをしてくださり、非常に良かったと思います。たとえば、その人の合格に必要がなければ、その講座は受ける必要はないということも言ってくださいます。また、受験生が使っている教材等やその年の模試の内容・結果等にも詳しいので、受験生と認識のズレがなく、相談が非常にスムーズでした。数回というのは回数として少ないように思えるかもしれませんが、勉強の方針や答案の書き方が間違っていないかを確認するには十分でした。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 受験生活で気をつけていたことは、自分は何ができておらず、何をすれば良いのかをなるべく早く把握することです。たとえば、途中答案といっても様々な原因がありますから、その原因を言語化して潰していくことが必要です。そのためには、合格者が言っていたからではなく、自分は答案構成、答案作成に何分かかるのか等の具体的なデータを集めて、いわゆるPDCAサイクルをなるべく速く回すことが必要です。最後に、どんなに綺麗事を言っても、試験は点取りゲームという側面が大きいですし、時間は有限ですから、試験までの残された時間と相談して、決して満点を目指さず、「選択」と「集中」を徹底することが鍵です。頑張ってください!

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談