H29司法試験 合格体験記

未知の問題への対処法を教えてくれる、それが4A!

W.K.さん

W.K. さん
東京大学法科大学院

卒業

 

<受講講座>
4A基礎講座パック

中村先生を選んだ理由を教えてください

 私が4Aを選んだ理由は、知らない問題に対する対処法を身に付けたいと考えたためです。私は元々インプット講義をTAC以外のところで受講していましたが、テキストで論証化されていない部分が出題されたらどうするか、またそもそもテキストのすべてを完璧に覚えなければならないのか等、悩みが尽きませんでした。そんな中で中村先生の講義を体験受講してみたところ、六法の情報のみから実際の過去問を受講生の目の前で解くというインプットのみに留まらない講義であったため、私が悩んでいた疑問に対して解決策を示してくれるのではないかと思い、受講を決めました。特に、問題を解く際に知識の説明をしつつも、仮にそれを現場で知らなかったとしたら、どのように問題文を読み、どのように六法を使い、それをいかにして答案の形にしていくかという点に力を入れて説明してくださる点に非常に心を惹かれました。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 問題文を読んだときにまったく知らない、あるいは手薄になっている分野からの問題であったときにどう対処するかという、受験生が誰しも必ず経験する状況をスタート地点に置いている、実践的な講義であると思います。多くの論文指導が、知っている知識が問題で問われたときにどう答案の形にして答えるのかという点に注力する一方で、そもそもわからない問題が出たときに、いかに模範解答に近づけるか、大けがをしないかという、いわばゴルフのバンカーから出る方法を教えている講座はかなり少ないように思います。わからないと思ってから、その場で使える道具である六法を最大限に活用して、勝負の土俵に乗るかを一般的な方法論として教える4A基礎講座のような講義は、貴重なのではないでしょうか。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 「4A論文解法パターンテキスト」については、中村講師が一貫して答案を作成しており、答案の型を身に付けやすいという点が非常に優れていると思います。市販の問題集などでは答案がついていないものや、ついていたとしても答案作成者が何人かに分かれており、別々のスタイルで答案が作成されているため、そもそもの答案の型が見えにくいものなどが多いように思われます。その点、中村先生のテキストでは中村先生が4Aという一貫した方針に基づいて全ての答案を作成しており、答案の型を非常に身に付けやすくなっています。中村先生の答案の型をそのまま使うかは個人の好みによるとは思いますが、たたき台としての型を勉強の初期に身に付けるのは、その後自分の型を作るうえでも非常に有用であると思います(そして、この型を身に付けるという作業に苦労している受験生は意外と多いと思います)。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 司法試験の対策の上で気を付けていたことは、過去問と自分との距離をできるかぎり把握しそれを埋めるように努めることです。過去問をまず解き(最初はまったくわからず二時間呆然とするなどでも大丈夫だと思います)、公式資料として趣旨と実感を読み、わかりにくいところについては解説を聞くなどして、自分にとっての模範解答を把握する。次に再現答案をできる限り多く読み、先ほど把握した模範解答とどこがすれていて、それに対していかなる評価が下されているかを把握する(評価把握のために上位から下位までの比較が必要になると思います)。そのようにして自分の中で、答案の模範解答がいかなるものかというイメージと具体的な採点基準の構築が出来たところで、再度時間を図ってどこまで合格答案に近い答案を書けるかを試してみる。ここまでやると、司法試験にはどのようなタイプの問題が出題され、その問題を解ききるためには、時間内に現実的な合格答案を書くためには、何をどの程度勉強することが必要で、そのうち自分には何が足りていないかが把握できると思います。このような把握をしたうえで過去問以外の勉強をすれば、何をどれだけ勉強すればよいかという方針が立っている分、非常に効果的かつ効率的な勉強ができると思います。

 この試験は、自分が心を折らなければ周囲が勝手に心を折ってあきらめてくれる分、合格率は高まると思います(特に試験本番では)。引き返せないところまできたら、腹を括って頑張ってください!

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談