H29司法試験 合格体験記

4Aは試験にそのまま直結する講義内容でした!

N.A.さん

N.A.さん
早稲田大学法科大学院

卒業

 

<受講講座>
4A基礎講座

中村先生を選んだ理由を教えてください

 私は、学部3年生のぎりぎりの時点まで、就活をするか公務員試験を受けるのか法科大学院に進学するのか、最後まで悩んでいました。最終的には、法曹の夢をあきらめることはできず、法科大学院進学を目指すことに決めましたが、その時点では予備校にも通っておらず、法律の勉強は大学の授業でしかしていませんでした。短期間で法科大学院入試を乗り切るために、膨大な資料と長時間の講義があるものではなく、短時間で効率的に試験勉強をしたいと思い、TACの4A基礎講座を選びました。法曹を目指す友人たちと比べ、比較的遅めのスタートとなりましたが、知識を入れる勉強(インプット)と論文の書き方(アウトプット)を同時並行で勉強することができ、短期間で試験勉強をすることができました。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 中村先生の4Aは、インプット講義を先行して行わず、アウトプットの方法論を先に学習する点に特徴があると思います。学習を始めたばかりの時は、知識もないのに論文の書き方(アウトプット)を勉強しても意味がないのではないかと思っていましたが、結果として、非常に効率的な学習方法だったと実感しています。講義では、問題文を読み、答案構成の仕方から指導して頂き、問題の整理の仕方や検討事項の抜き出し方がわかるようになりました。また、中村先生が作成した答案例を読む中で、重要論点を確実におさえることができたと思います。講義で使用した問題は、スタンダードなレベルのものが多く、基礎力はしっかりついたと思います。この基礎をもとに、細かい知識を基本書で埋めるという形で、自分の論文のスタイルを確立させていきました。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 「4A論文解法パターンテキスト」は、重要論点の抜粋といった構成でしたので、法科大学院入試前から司法試験前まで繰り返し解いていました。中村先生の「講師作成答案例」は、論じる順番や理由づけの方法等、自分の論文でも使いたいと思った部分はそのまま暗記するようにしていました。また、答案例とは別の説での答案を自分で書いてみて、横に付け足して、補充していました。「4A条解テキスト」は、演習問題を解いている際に条文の詳細が気になったときにその都度確認し、簡易になっている部分には、自分で書き足し、詳しくさせていました。短答の対策を始めてからは、短答で間違えた条文を「4A条解テキスト」で確認し、印をつけたり、書き足したりして、短答の試験前にテキストで細かいところや間違えたところを確認できるようにしていました。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 私の受験勉強は、基本的には演習書を解くことに時間を割いていました。科目毎に、やった方がいい演習書や自分が気に入った演習書を決め、その演習書を繰り返し説いていました。演習書を解く中で、その問題で出てきた判例を百選で確認したり、細かい説を基本書で確認して、まとめノートにまとめて覚えるようにしていました。自分で決めた演習書以外には、手を出さずに、司法試験本番まで勉強しました。「論文解法パターンテキスト」もそのうちの一つで、試験前まで繰り返し解いていました。合格して感じたことは、合格する方法は千差万別だということです。人の意見を聞き、自分の勉強スタイルを見直すことも大事ですが、周りがしていることに惑わされずに、自分がしている勉強を地道に続けていくことが1番大事だと思います。

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談