H28司法試験 合格体験記

当事者の主張の分析と条文への着眼点

H.O.さん

H.O.さん
中央大学法科大学院卒業

 

<受講講座>
既修者本科生(現4A基礎講座パック)/

司法試験

4A論文過去問分析講義

中村先生を選んだ理由を教えてください

 私は、法科大学院入試を受験する際、中村先生ではなく別の講師の講義を受講していました。その時、中村先生に個別質問という形でご指導を受ける機会があり、些細なことであっても親身になり質問に答えて下さったり、時間を超過しても質問に答えて下さったことをよく覚えています。「本当に受験生のために親身になって下さる先生なんだ」と感じ、法科大学院受験においても励みになりました。そのような中村先生の講座を法科大学院入学後も受講し、司法試験にも臨みたいと考えたため「司法試験 4A論文過去問分析講座」を受講することに決めました。過去問は、司法試験受験において優先的に解くべき教材ですし、サンプル問題、プレテストといった問題再現答案がないものについても学習することができ、受講してよかったと思っています。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 中村先生の講義で最もよかった点は、当事者の主張を当事者が立っている立場から細かく分析していく点と条文を非常に重視する点です。当事者の主張をしっかりと見ることができないと、答案全体がバラバラの論述になりあまり点数をとることができないと考えています。そのため、当事者の主張をその人の立場に立ってまずしっかりと分析する癖をこの講座でつけることができたことは、今回私が合格することができたポイントだと思っています。また、法律論はすべて条文の文言から始まるため、条文を重視する姿勢も答案において重要だと考えています。中村先生の講義は条文を非常に重視しているため、まず条文からといった姿勢を身に付けることができるのです。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 私は、受験教材において最も重要なものは本試験の過去問だと考えています。そのため、過去問に関する情報は多くあればあるほど良いと思っています。「司法試験 4A論文過去問分析講義」では、中村先生が作成した答案を教材として頂くことができます。もちろん、受験生の現場での考え方を分析するという視点では受験生の再現答案を分析することも重要です。しかし、過去問分析はただ解くだけでなく適切な解答までたどり着ける状態にしなければやり切ったとは言えないと思います。受験生の再現答案は2時間で書くことのできる最大限の答案ですので、必ずしも完全な解答まで書いている答案をそろえることは難しい面があります。そのため、中村先生が徹底的に本試験を分析して作成した答案を貰うことができることは、適切な解答にたどり着くまでの時間を短縮することができ非常に役立ちました。

中村先生の学習フォローについて、良かった点を教えてください

 TACでは、講義をインターネットでいつでもどこでも何度でも視聴することができます。一度受講して分からなかったことや完全には理解できていないと思った部分をもう一度インターネットで受講することで、より詳しく理解を深めることができました。特に、試験の直前期になると復習すべきことが多く、なかなか自分で読むという作業が難しくなります。そのような際に、過去問の解説を音声や映像などを見ることで復習をできる点は非常に大きなメリットだと考えます。私も、最終時期には過去問の復習のためにインターネットで講義を見直し、必要な視点を確認していました。このために、一からすべての資料を見直すなどの時間を短縮でき、時間の節約ができ、受験に役立ったと思います。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 私が受験勉強で工夫した点は、答案の基本の論法を守るなどの書き方や表題などをつけることによる見せ方です。形式的な面ではありますが、例え知識が多くあってもそれを伝えることができないと論述試験においては点数につなげることができないため、重要な点だと考えています。答案の書き方では、条文を指摘し、規範を定律し、それにあてはめるといった基本的な論法を最後まで崩さずかけるようにひたすら練習を繰り返しました。本当に基本的なことではあるのですが、基本に従った論述は読み手にとっても読みやすい答案となるため、自分の持っている知識を正確に伝えることができると考えています。この論法を崩さないことが以外と難しく、私の場合は特にこの点は受験勉強の中で重視した点です。また、表題をつけるなどの答案の見せ方については、例えば、民事訴訟法の試験で誘導で指示された項目を表題することで全ての問われていることに答えている姿勢を示したり、刑法の構成要件を一つ一つ表題にすることで、要件の取りこぼしをなくすなどの工夫をしました。基本を大切に、頑張ってください!

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談