H28司法試験 合格体験記

本試験現場で使える知識・表現が満載のテキスト

S.W.さん

S.W.さん

 

<受講講座>
4A基礎講座パック

中村先生を選んだ理由を教えてください

 司法試験や予備試験では、予備校やロースクールを含め、ありとあらゆる勉強法があります。これらの中で、運よく自分と適合するものをチョイスできた方が首尾よく合格してきた、というのがこれまでの在り方ではないかと思います(もちろん、能力的に大変優れている方はどの方法でも合格すると思います)。しかし、NOAさんのホームページ(司法試験情報局)や、中村先生のブログ(勝利のアルゴリズム)を読んでいるうちに、やはり法律もひとつの道具なのだから、ある程度共通的な使い方があるはずだと認識するようになりました。むしろ、誰もがしっかりと使えるものとしてあるのでなければ、法律は秘密道具になってしまって、上記のように受験が博打になってしまうわけです。中村先生の「4A基礎講座」は、法律はそんな博打ではなく、普通に順番に使っていけばいいんだよ、と気づかせてくれました!

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 中村先生は、比較的早口なのですが、力みがないお話のされ方で、かつ、ポイントを押さえた説明なのでするりと内容が腑に落ちる気がします。これは本講座の特色ですが、とにかく自分で手を動かしてから受講するという仕組みになっていることも関係するでしょう。通常の演習用教材などでは、予習もやろうと思えばどこまでも深くできてしまい、本番で実際に書ける程度なのかどうか判断が困難です。司法試験は、基本的な知識とそこから導ける一定の解決能力、処理能力が問われるため、現実の訴訟とは全く性質がちがいます。中村先生は、そういった司法試験をこれでもかと分析し、それに見合った程度の書き方などを受験生の視点から指導してくださるので、必要なレベルの能力、学習のイメージを身に着けるのに最適だと思います。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 本講座のテキストは、とてもとても薄いです。しかも、「4A論文解法パターンテキスト」「司法試験 4A論文過去問分析講義」で配付されるレジュメは、問題の捉え方の流れも含めて示してあってこの薄さですので、本当に画期的だといえると思います。そんなに薄くてよいのかと心配になると思いますが、受講していくうちに、だんだんと問題からこそ学べることが多いと分かってくるので、大丈夫です。結局は、知識よりも「問題を解く」という行為が重要なのです。現場でイヤというほどやらされるその解くという行為を、日ごろから良問を使って常に練習しつづけることで、なんとなく合格最低ライン、またはここは前も問われたから外せないなという点が分かるようになってきます。そのなかで、自然と答案例や「4A条解テキスト」の言い回しが身についてきて、使えるようになります。こういったことが無理なく身につくように作られている教材だと思います。

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談