H28司法試験 合格体験記

問題解決に向けて考えた軌跡が本試験で武器になる!

斉藤 雄祐さん

斉藤 雄祐 さん
中央大学法科大学院卒業

 

<受講講座>

4A基礎講座/
司法試験

4A論文過去問分析講義

中村先生を選んだ理由を教えてください

 4Aで問題を解く構造は、裁判所での弁護士対弁護士、弁護士対検察官等が繰り広げる主張反論と同様の構造で最終的な判断を下すのは裁判官と同様の立ち位置にいるあなたとなります。つまり、4Aで問題を解くということは司法試験合格後の司法修習、その先の実務での思考プロセスを鍛えているのと何ら変わりがありません。4Aの本質は試験対策に有効と銘打っておきながらも受験生のその先を見据えた能力まで鍛え上げる点にあると考えています。この点において中村先生が作り出したカリキュラムは他の受験指導者が作ったものとは圧倒的な差があります。そして、4Aという紛争構造対立型の思考プロセスで問題を解くことで、常日頃から相手の立場になって考える素養も身につけることができ人として大切なことも学べたと思います。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 一見、予備校の講義は、講師が一方的にこれはこうだからこうと教えた方が良いように思えます。しかし、中村先生の講義は、先生が受験生の立場になって一緒に問題文の使い方等を悩み考え、先生なりの解決策を提示することで、先生と一緒に問題解決に向けて考えた軌跡が身体の中に叩き込まれます。そして、それこそが本試験で無意識的に使える武器となるのです。最初、中村先生はなぜ講師なのに講義の途中で一緒に受講生と考えている素振りを見せるのだろうかと疑問に思っていましたが、今では一緒になって考えることこそが法解釈論と問題文の使い方の能力を鍛える一番の近道なのだと実感しています。本番までに4A という手法で全科目を共通の思考プロセスで解くというコンセプトの下、中村先生と一緒になって鍛えた能力はあなたを合格へ導くでしょう。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 各出版社が各法律のコンメンタールを出しています。確かに各条文の解説は一流の学者等が執筆しており勉強になります。しかし、司法試験対策という観点からは解説が長くかつ答案にどのように表現をすべきかが不明確であるといえます。自分で解説をまとめ答案に表現できる能力を身に着けるという方法もありますが、中村先生の「4A条解テキスト」の答案用に練られた表現を参考にすれば他の受験生より圧倒的に時間を短縮できると考えます。また、試験直前の見直しについては条文がそのまま掲載されているにも関わらずコンパクトな分量でまとめてあるため非常に楽といえます。これらの点において中村先生が作り出した「4A条解テキスト」は司法試験のコンメンタールといえるでしょう。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 受験期間中、私は法律関係の本のほかに食事に関する本も数十冊読み、本試験で最も自分にとってベストな食事とは何かを追求してきました。そして、最終的に行き着いた食事は、朝食はコーヒーにココナッツオイルを入れて一杯飲み、昼食は水筒にコーヒーとココナッツオイルを混ぜた飲み物を飲み、夕食はごはんと野菜とさらに一品好きなものを食べるという食事です。なぜなら、私は固形物をとると消化にエネルギーが割かれるため脳の回転が鈍くなるからです。そして夜は安眠のためカモミールティなどのハーブティーを飲みました。このように本試験でベストなコンディションをつくりだすために様々なことを試して当日の戦略をつくりあげていってください。そして何よりも司法試験受験生の目的である司法試験合格のための必要最小限の手段とは何かについて考え続け実践、反省、再考、実践を繰り返して本番までに自分にとっての最強の戦略をつくりあげて全力でぶつかっていってください。

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談