H28司法試験 合格体験記

中村先生を信じて下位2%から大逆転!

守屋いずみさん

守屋 いずみ さん
中央大学法科大学院卒業

 

<受講講座>
司法試験

4A論文過去問分析講義

中村先生を選んだ理由を教えてください

 未修者コースで入学したロースクールを留年し、さらに必修単位を落としまくっていた私が受験勉強を始めたのは、卒業がほぼ確定したロースクール3年の後期でした。初めて過去問を解いた時、何をどうやって書こうか考えているうちに2時間があっという間に終わってしまい、「このままでは絶対に5月の本試験に間に合わない」という確信はあるものの一体どうしてよいか途方に暮れていました。そんな時、私の優秀な親友であり、中村先生の4A基礎講座を受講して司法試験に合格した友人の答案を見せてもらいました。彼の答案は、法律の難しい話は全く書いていないのに、出題趣旨・採点実感に沿えているのです。大変失礼ながら「これなら私もできそうだ!」と思い、どうやったら彼のような答案を作れるのか、その思考過程を教えてほしいと頼みました。そこで紹介されたのが中村先生の4A基礎講義です。最低限の知識で合格するという中村先生のメソッドは、暗闇の中の一筋の光でした。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 先生は、最終的には完全解を示してはくださいますが、講義のメイン・醍醐味は、先生が問題文を初見で読んでいる時に、どの単語を見てどう考えたのか、何を問われているのかをどのようにして気付いたのか、何を考えて答案構成をして最終的に答案の形に仕上げるのか、を実際に目の前で再現してくださるところにあります。中村先生の4Aは、全科目に共通する’思考手順’ですので、未知の問題だろうと落ち着いて手順通りに構成用紙に書けば、書く内容が自動的に決まり、答案の形にすることができます。現役時の初受験の際は、とにかく時間がないまま本試験に突入してしまい、なにもかも吹っ飛んだ状態で受験し不合格となってしまいましたが、一浪の8か月間はひたすら先生の講義(司法試験 4A論文過去問分析講義)を自分の頭で再現できる程に過去問を繰り返し、中村先生の解説講義を聴いていました。

中村先生の学習フォローについて、良かった点を教えてください

 私は、ロースクールでの成績も散々で、現役時に受験した司法試験の順位も下位2%でしたので、教授や合格者からは「もう一度ロースクールに入りなおせ」とか、「基本書を一から丁寧に通読しろ」と言われていました。しかし、不合格発表から次の司法試験までのたった8か月間で、今まで何年かけてもできなかった基本書通読ができるとは到底思えず、8か月で合格まで持っていくことができるか、大変不安でした。そんな時、中村先生と直接お話したり答案を見てもらえる30分間の講師カウンセリングでのお話(私は録音させてもらいました)を何度も聞き直し、先生が「方向性はそれでいい、間違ってない!」「全然悪くないよ!」とおっしゃってくださったことに非常に励まされていました。先生と直接話せる「個別相談制度」は、直接先生に自分の全力で書いた答案を見てもらったり、受験上の辛い悩みを個別に相談に乗ってもらえる絶好の機会でした。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 私は、現役時の司法試験の成績は約5000番(下位2%)で、合格には300点近くも足りませんでした。一般的には、この成績を8か月で巻き返すことは無理なのでしょう、多くの人に’長期的な視点で’合格を目指すよう、暗に今年の合格は無理だと言われ続けてきました。でも、司法試験はきちんと採点の基準(ルール)がある点取りゲームですから、その対策をきちんとできれば短期合格できると思うのです。中村先生が各科目通じて常々おっしゃっていたことですが、自分の書くことのできる答案の枚数を、配点割合に応じた設問数で割った分量は非常に少ないものです。ですので、仮にいかに難しい法律論や議論を知っていたとしても、それを長々展開する紙幅はありません。誰でも知っている最低限の知識をコンパクトにまとめ、あとは問題文の事実の評価を自分の結論に説得的に結びつけることができれば採点実感の’一応の水準’は守ることができると実感しています。手を広げず、中村先生を信じて過去問演習を続けて、今年は50点以上余裕を持って合格することができました。順位にすると約4000番上げることができたのです。もし、去年の私のように絶望している方がいらっしゃるなら、ぜひ中村先生を信じて、頑張って合格していただきたいです。

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談