H28司法試験 合格体験記

4Aは最も合理的な方法論

塩見典大さん

塩見 典大 さん
神戸大学法科大学院卒業

 

<受講講座>
4A基礎講座/司法試験 4A論文過去問分析講義

中村先生を選んだ理由を教えてください

 中村先生は、複数回受験生の合格率が悪い点に着目し、司法試験合格に本質的に重要なのは知識ではない、ということをパンフレットや講座説明会動画(TAC動画チャンネル)等で説いています、それを聞いて、膨大な量のインプットを要求する他の予備校の講座が候補から外れ、中村先生の4A基礎講座に興味を持つようになりました。さらに、中村先生は合格ラインぎりぎりの再現答案が問題文から自然に導かれる筋を大きく外していることなどから、一貫した処理手順を確立して筋を外さないような思考過程・問題文の読み方を身に付けることで落ちない答案になる、という分析を行っていました。自分で合格ラインのぎりぎりの再現答案を見ると、確かに中村先生が言っていることは間違っていないと実感できたので、中村先生の講義を受講することに決めました。

中村先生の講義について、良かった点を教えてください

 中村先生は、どんな問題に対しても、問題文のどこから・どのように考えることで解答の筋道を発見できるのかということを、4Aという処理手順を用いて説明してくれます。その内容も、全て条文ベースでの説明であるため、無理やり覚えるという勉強方法ではなく、繰り返し解いて使っているうちに身体に染み込む、という形で条文知識・条文の使い方を習得していくことが可能となっています。問題文・条文ベースで考えるというスタイルを身につけることで、論理的な答案を、しっかりと問題文の特殊性を踏まえながら作成することができるようになるので、法科大学院入試に向けた勉強の初期段階から中村先生を選んで正解でした。他の予備校で勉強をスタートした方であっても4Aの説明は納得のいくものだと思うので、過去問分析講座のみの受講もオススメできます。

中村先生の教材について、良かった点を教えてください

 教材を中村先生が全て自分で作成している、という点が一番優れている点だと思います。どんな問題でも矛盾しない一貫した説明を受けることができるので混乱が少ないからです。そもそも、論点の網羅は必要ないと考えている中村先生が作っているだけあって、4A基礎講座のテキストの論点の網羅性はとても低く、特に直前期の受講生に不安を生じさせるような薄いテキストになっています。しかし、自ら過去問を解き、再現答案を読み、実際に受験してきた今だから分かることは、論点を網羅しているか否かは合否と関係がなく、論点は知っていてもそれを使えるレベルに到達していない受験生が大半であることです。4A基礎講座のテキストと過去問を組み合わせれば、どんな問題が出題されても合格ラインは必ず確保できる、という能力がしっかりと身に付くと思います。

中村先生の学習フォローについて、良かった点を教えてください

 TACでは、2ヶ月に1回程度、中村先生とのカウンセリングを無料で受けることができます。この講師カウンセリングの醍醐味は、やはり自分の答案を“目の前で”又は“電話越しで”添削してもらえることだと思います。「ここは問題文から自然に導くことができるし、周りのみんなもできているところだから、ここができていないのは致命傷になり得る」「ここは問題文の事情をたくさん使えているし、使い方も自然なので割と加点が入っている」「全体としては2000番くらいじゃないですかね。どこどこを落としたのが一番反省ですね。そこを落とさないためにはこうしたらよかったんじゃないかな」といった具合に、自分の答案を読んで中村先生がどう感じたのかというのを知ることができるので、今後意識すべき点が明確になりやすいです。また、「問題文にたくさんマーキングしているけど、それ本当に必要ですか?」といった思わぬ指摘をもらうことで、自分では盲点になっていた欠点に気付くきっかけをもらうこともできます。その後の自分の勉強スタイルを決める上で、考えるきっかけをたくさんもらうことができる、とてもいい機会でした。

最後に、これから勉強を始める方へメッセージをお願いします

 「落ちるのは自分である」ということを忘れないでください。中村先生が、どれだけ過去問が大切ですよ、と言っても、それを信じて不合格になった場合、不合格になるのは自分です。誰がなんと言っていようとも、最後は自分の決断で、どちらの道の方が合格に近いのか、ということを常に自分の頭で考え続けることが大切だと思います。私の場合は、実際に自分で合格ラインぎりぎりの再現答案を多数読む中で初めて、過去問で決まる、ということを実感したからこそ、過去問に真剣に取り組むことができました。上位を狙わず、全ての科目で確実に合格ラインを上回る、という意識を徹底することで、合格は必ずついてくるものと思います。最後に、個人的には、法科大学院の飲み会に参加している暇があったら勉強した方がいいと思います。頑張ってください!

司法試験合格への第一歩はココからスタート!

資料請求

この講座のパンフレットを無料でお届けいたします。

無料でお送りします!

資料請求

無料講座説明会

まずは「知る」ことから始めましょう! 無料セミナーを毎月実施しています。

お気軽にご参加ください!

無料講座説明会

司法試験講座のお申込み

申込み方法は4種類

申込み方法は4つ

TAC受付窓口/インターネット/郵送/大学生協等代理店よりお選びください。

申し込み方法をご紹介します!

詳細を見る

インターネットから申込む

インターネットで
すぐに申込む

インターネットで、スムーズ・簡単に申し込みいただけます。通信講座は、お申し込み後すぐにご受講可能!

スムーズ・簡単!

申し込む

電話やメールで、受講相談を受け付けています。

TACの受講相談で疑問や不安を解消して、資格取得の一歩を踏み出してみませんか?

TAC受講相談

>TAC受講相談