4A基礎講座

  • 2018年合格目標

    「論文」が書ける奇跡の方法論「4A」を習得!

    司法試験は、知識の量ではなく「使い方」、勉強の量ではなく「方法」で合否が決まります。そこで、「4A基礎講座」は、先にOUTPUT講義(4A論文解法パターン講義)で知識の使い方を体得した上で、問題意識を持ってINPUT講義(4A条解講義)を行います。徹底的に研究し尽くされた方法論「4A」に基づき、わずか300時間程度の講義で合格レベルに導きます!

      • 教室講座

      • 個別DVD講座

      • Web通信講座

      • DVD通信講座

      • 教室+DVD通信講座

      このコースの対象者

      こんな方にオススメのコースです!

      • 仕事や学校と両立して学習される方など、可処分時間が少ない受験生
      • リーズナブルな受講料で最短合格を目指す方
      • まずは4Aの習得を、とお考えの方

      学習内容・カリキュラム

      4A基礎講座はこう受けよう!

      (1)4A入門講義
      (2)4A論文解法パターン講義
      (3)4A条解講義
      自己学習 短答過去問潰し

      中村講師からのワンポイントアドバイス!

      (1)4A入門講義で全体像をつかんだ上で、メインの(2)4A論文解法パターン講義を受けるのは、特に初学者の方には外せないところです。
      ただ、短答過去問をいきなり自力で”解こうとすること”(正解できなくてもOK)ができるなら、短答過去問潰しを(3)4A条解講義より優先したり、(2)4A論文解法パターン講義と並行したりするのもあり!
      試験対策は、試験本番と同じこと≒その試験の過去問を解くことが最も効果的だからです。

      サポート制度

      個別指導(個別答案指導・カウンセリング)

      「4A基礎講座」をお申込みの方は、定期的に、中村講師と1対1でカウンセリングや答案の指導を受けられる個別指導サービスを無料で受講できます。

      単科講座(Ex:論文解法パターン講義のみ等)をお申込みの方は、個別指導は受講できません。

      ★個別答案指導・カウンセリングの詳細はコチラ

      開講日

      開講日程一覧(下記開講日程で講義を無料体験できます!)

      2017年 7月7日(金) / 8月8日(火) / 9月15日(金) / 10月10日(火) / 11月3日(金) / 12月12日(火) / 2018年1月19日(金)

      ※上記開講日は、TAC渋谷校/横浜校/梅田校にて講義を無料体験できます。

      4A基礎講座に含まれる講義一覧

      4A論文解法パターン講義
      4A条解講義
      お得!パック申込み

      4A入門講義(全3回)

      4A入門講義は、「4A予備総合パック」「4A基礎講座パック」「4A基礎講座」をお申込みの方は無料で受講できます。

      学習メディア

      • 個別DVD

        各校個別DVD

      • Web通信

        Web通信

      • DVD通信講座

        DVD通信

      4A論文解法パターン講義(全67回)

      出題可能性がある全パターンの論文式問題を4Aを使って”解く”過程を講師が実演します!

      論文本試験に出題される全パターンの論文式”問題を解く”過程(問題文の分析→答案構成=下書き→答案作成)を担当講師である中村充講師が実演します。適宜考える時間をとるので、皆さんは”次の一手”を考えながら思考訓練をする中で、知識の使い方を体得することができます。

      この講義の目的

      • どんな法的問題も解ける「4A」の使い方を体得する。
      • ”本試験問題を解く”という目的を常に意識することで、真に「INPUT」すべき知識を明確にする。
      • 問題解決型の思考を身につける。

      講義回数

      • 憲法

        8回

      • 商法

        9回

      • 民法

        16回

      • 民事訴訟法

        9回

      • 刑法

        12回

      • 刑事訴訟法

        7回

      • 行政法

        6回

      講義時間は、1回約3時間です。

      使用教材

      4A論文解法パターンテキスト/4A条解テキスト/4A実践答練(問題冊子/解説冊子)の詳細は、コチラ(2種類の革新的テキスト)にてご確認ください(サンプルテキストもご覧いただけます)。

      講義の進め方(1回の「4A論文解法パターン講義」で3問前後の本試験過去問を解きます)

      (1)講義前

      前回の講義で指定した宿題をこなし、次回の講義で扱う問題文を読んでくるだけで十分です。さあ、講義に臨みましょう!

      (2)問題文の分析

      4Aの観点から、問題文のどこに着目すべきか?この問題で問われていることは何か?といったことを一緒に分析していきましょう。

      (3)答案構成=下書き

      分析した問題文を、「4A」を使って、皆さんと一緒に考えながら解いていきます。そのプロセスを板書したものが「4A図」。これが、答案構成(論文答案を書く前の下書き)となります。

      (4)答案作成

      板書した「4A」図=答案構成を、具体的な論文答案として表現していくプロセスを説明します。「完全解」だけでなく、論文本試験現場で制限時間内に書ける「現実的な合格答案」も示します。

      学習メディア

      • 教室講座

        渋谷・横浜・梅田校(教室)

      • 個別DVD講座

        各校個別DVD

      • Web通信

        Web通信

      • DVD通信講座

        DVD通信

      横浜/梅田校の教室講座は、渋谷校の生講義をライブ中継する「ライブ中継クラス」となります。詳細はお問い合わせください。

      教室講座は上記「教室講座」の日程で開講します(フォロー用の講義DVDは、DVD通信講座の教材発送日程と共通です)。

      「教室講座」「個別DVD講座」はWeb+音声DLフォロー、「Web通信講座」「DVD通信講座」は音声DLフォローが標準装備となります。各フォローの詳細はコチラにてご確認ください。

      「4A論文解法パターン講義」の講義日程は、コチラ(日程表)にてご確認ください。 

      4A条解講義(全35回)

      合格のために必要な知識だけを、条文単位のテキストで網羅的にINPUTします。

      「4A論文解法パターン講義」で本試験問題を解く練習と併行して、本試験の徹底的な分析により厳選した、合格のために必要十分かつ即戦力で使える知識を、論文式試験はもちろん、短答式試験対策にもなるよう、短期間で集中的に「INPUT」していきます。

      この講義の目的

      「4A論文解法パターン講義」で体得した、知識の使い方のイメージを持ったまま、本試験合格に必要な知識を、本試験で使える形で「INPUT」する。

      講義回数

      • 憲法

        4回

      • 商法

        7回

      • 民法

        9回

      • 民事訴訟法

        4回

      • 刑法

        4回

      • 刑事訴訟法

        4回

      • 行政法

        3回

      講義時間は、1回約3時間です。

      使用教材

      4A論文解法パターンテキスト/4A条解テキスト/4A実践答練(問題冊子/解説冊子)の詳細は、コチラ(2種類の革新的テキスト)にてご確認ください(サンプルテキストもご覧いただけます)。

      4A条解講義の使い方

      4A条解講義の目的・効用は、(1)短答・論文過去問を自力で解くハードルを下げること、(2)短答・論文過去問をくり返し解いて「完璧」にした上で、短答・論文・口述式試験の直前期(1週間前~1か月前くらい)に、知識の総まとめをすることにあります。(1)法的知識ゼロだと、過去問を解こうとしても、問題文に意味不明な言葉が多すぎて、ハードルの高さに心が折れてしまうおそれがあります。そこで、過去問全ての言葉を“見た・聞いたことある”状態にしてハードルを下げるため、全過去問+将来出題可能性ある知識を網羅した4A条解講義を聞き流してください。ただ、4A条解講義を受けなくても過去問を自力で解こうとすることができる(正解できなくてもOK)なら、過去問潰しを優先して、勉強時間を短縮することも可能です。その場合でも、(2)の効用は非常に大きいという声を受講生から毎年いただいているので、4A条解講義の真価は(2)にあるといえます。

      学習メディア

      • 個別DVD講座

        各校個別DVD

      • Web通信講座

        Web通信

      • DVD通信講座

        DVD通信

      「個別DVD講座」はWeb+音声DLフォロー、「Web通信講座」「DVD通信講座」は音声DLフォローが標準装備となります。各フォローの詳細はコチラにてご確認ください。

      「4A条解講義」の講義日程は、コチラ(日程表)にてご確認ください。 

      お得!パック申込み

      受講料・お申込み

      (教材費・消費税8%込み)

      • 通信講座

      • 通学講座

      • 通信+通学講座

      インターネット、郵送、TAC受付窓口にてお申し込みいただけます。

      申込方法の説明を見る

      4A基礎講座<4A論文解法パターン講義(一括)+4A条解講義(一括)>

      Web通信講座

      ¥313,000

      • 入会金

        ¥10,000

      DVD通信講座

      ¥361,000

      • 入会金

        ¥10,000

      4A論文解法パターン講義(一括)

      Web通信講座

      ¥265,000

      • 入会金

        ¥10,000

      DVD通信講座

      ¥299,000

      • 入会金

        ¥10,000

      4A条解講義(一括)

      Web通信講座

      ¥127,000

      • 入会金

        ¥10,000

      DVD通信講座

      ¥149,000

      • 入会金

        ¥10,000

      4A基礎講座<4A論文解法パターン講義(一括)+4A条解講義(一括)>

      教室講座(渋谷校/横浜校/梅田校)

      ¥313,000

      • 入会金

        ¥10,000

      個別DVD講座(各校個別DVD)

      ¥313,000

      • 入会金

        ¥10,000

      4A論文解法パターン講義(一括)

      教室講座(渋谷校/横浜校/梅田校)

      ¥265,000

      • 入会金

        ¥10,000

      個別DVD講座(各校個別DVD)

      ¥265,000

      • 入会金

        ¥10,000

      4A条解講義(一括)

      個別DVD講座

      ¥127,000

      • 入会金

        ¥10,000

      4A基礎講座<4A論文解法パターン講義(一括)+4A条解講義(一括)>

      0から始まる会員番号をお持ちでない方は、受講料のほかに別途入会金(¥10,000・8%税込)が必要です。会員番号につきましては、TAC各校またはカスタマーセンター(0120-509-117)までお問い合わせください。

      上記受講料は、教材費・消費税8%が含まれます。

      Web通信講座の場合、お申込み前に必ずTAC WEB SCHOOLの動作環境ページをご確認ください。実際にご受講される端末からTAC WEB SCHOOLにアクセスしていただき、[TAC WEB SCHOOL動作環境のご案内]ボタンから、動作環境チェッカーページへお進みください。

      DVD通信講座の場合、ご視聴にはDVD-R対応プレイヤーが必要となります。パソコンやゲーム機などでの再生は動作保障対象外となりますのでご注意ください。

      自習室は、上記「パック講座」のお申込みに限りご利用いただけます。

      単科でのお申込みについて(例:4A論文解法パターン講義 刑法のみ、等)

      詳細はインターネット申し込みサイト「e受付」でご確認ください。

      4A入門講義

      4A論文解法パターン講義

      4A条解講義