通常の試験区分より約5ヶ月遅く、秋期に採用試験が実施される区分です。
政策の企画立案に係わる基礎的な能力を有する人物を採用するために新設された試験です。通常の大卒程度試験と異なり専門試験は出題されません。また大学3年生での受験が可能です。※試験日程は7/8実施のものです。
第1次試験
基礎能力試験 <多肢選択式>
公務員として必要な基礎的能力についての筆記試験
出題区分 I 部:知能分野 II 部:知識分野
試験時間 2時間 1時間30分
解答数 24題 30題
科 目 数的処理(16)
文章理解(8)
自然科学(10)
人文科学(10)
社会科学(10)
※時事を含む
※基礎能力試験は解答題数のみ発表されています。各科目の出題数及び必須解答・選択解答の区分は不明です(2011年5月現在)
総合論文試験
<試験時間:4時間>
幅広い教養や専門的知識を土台とした総合的な判断力、思考力についての筆記試験。
I.政策の企画立案の基礎となる教養・哲学的な考え方に関するもの1題。
II.具体的な政策課題に関するもの1題。
※教養区分の1次試験の合格者は、基礎能力試験の結果によって決定されます。総合論文試験の結果は、第1次試験合格者を対象として評定した上で、最終合格者の決定に反映されます。
第2次試験
政策課題討議試験
<試験時間:概ね2時間程度>
課題に対するグループ討議によるプレゼンテーション能力やコミュニケーション能力などについての試験
企画提案試験
I部:小論文 試験時間:2時間(1題)課題と資料が与えられ、解決策を提案する
II部:プレゼン・質疑応答 試験時間:1時間小論文の内容について試験官に説明、その後質疑応答を受ける。

2次試験ではこの他に人物試験(面接)が実施されます。
最終合格発表
※教養区分と法務区分の官庁訪問は、最終合格発表の3~4日後から、各省庁が採用面接を実施します。
配点比率 大卒程度試験(教養)
試験科目 配点比率 100分率換算
1次 基礎能力試験 5/28 18%
総合論文試験 8/28 ※ 29%
2次 政策課題討議試験 4/28 14%
企画提案試験 5/28 18%
人物試験 6/28 21%
合 計 28/28 100%
  • ※教養区分については、1次試験の合格者は基礎能力試験の結果によって決定されます。
     総合論文試験は、第1次試験合格者を対象として評定した上で、最終合格者の決定に反映されます。
大卒程度試験の詳細院卒者試験の詳細
 法律/経済/政治国際 行政
 
  資料請求
パンフレットを無料送付いたします
  講座申込方法
入学手続は簡単です!
 
Wセミナー開講講座一覧 Wセミナーは、法律系の各種資格試験、公務員・マスコミなどの就職試験対策セミナーを実施しています。
TAC開講講座一覧 資格に関する様々な種類の情報が満載!「資格の学校TAC」は資格・検定試験合格のためのスクールです。
会計・経営・労務関係
公認会計士税理士簿記検定建設業経理士検定社会保険労務士中小企業診断士IPO実務検定財務報告実務検定
金融関係
証券アナリスト証券外務員証券外務員プライベートバンカー(PB)DCプランナーCFA®貸金業務取扱主任者年金アドバイザー
不動産関係
不動産鑑定士宅地建物取引主任者マンション管理士/管理業務主任者賃貸不動産経営管理士
法律・公務員関係
公務員(地方上級・国家一般職(現:国家II種))公務員(警察官・消防官)教員行政書士通関士/貿易実務検定®弁理士知的財産管理技能検定ビジネス実務法務検定個人情報保護士
 
マイナンバー実務検定
国際関係
米国公認会計士米国税理士(EA)BATIC®公認内部監査人(CIA)/内部統制評価指導士(CCSA)TOEIC® L&R TEST対策講座
情報処理・パソコン関係
情報処理(ITパスポート・基本情報技術者・応用情報技術者・その他高度試験)パソコンスクール(パソコンスキル・CompTIA・Java・会計関連)情報システム取引者